ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は趙雲や関羽・張飛と同じベットで寝ているけど狭くない?

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

正史三国志によると劉備(りゅうび)は、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)とベットを共にしていたと書かれています。

しかし、現代日本の感覚では、大の男3人が1つのベットで寝るなんて狭くないのかなと考えてしまいます。果たして当時、本当に1つのベットに大の男3人が眠る事なんて出来たのでしょうか?

 

桃園3兄弟

 

今回は、義兄弟の友情を育んだ三国志の時代のベットについて調べてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が関羽や劉備に振る舞った熱燗の道具を考える

関連記事:関羽がむしろ学問の神様?受験へのご利益まで期待される『神関羽』様は現代社会でも大忙し!


当時のベットは牀と呼ばれた

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

そもそも、当時のベットは何と呼ばれていたのでしょうか?正史三国志先主伝には、

先主與二人寢則同(せんしゅふたりとおなじベットでねむる) 恩若兄弟(きょうだいのごとし)とあり、この中の「(しょう)」と言うのがベットに当たります。この牀は(しょう)繁体字(はんたいじ)で意味は同じです。

しかし、この牀は現在でいう所のベットではなく、ソファーベットやカウチ、ラウンジチェアを相称したデイベットという種類に入っています。

ネズミで人生を変えた李斯

 

当時の中国には椅子(いす)というものがなく、人々は室内に入る時には履物を脱いで入り、土間に座る生活をしていました。ただ、土間というのは時期によっては寒いですし、ネズミや虫の類が走り回る場所でもあります。

そして素足であっても、人が土足で歩き回る場所ですから、お世辞にも綺麗とは言えません。そこで、眠る時や食事の時には土間ではなく、牀の上で胡坐をかいて済ます事が習慣化したのです。ですので、牀には背もたれや肘置きがついていて、座ったままでも寛げるように工夫がされていました。


牀に上れるのは親しい人だけ

趙雲と劉備

 

こちらの牀はソファーであり時にはテーブルであり眠くなるとそのまま寝具でした。なので親しい人や身内しか牀に上る事は出来ません。

正史三国志呂布伝に引く英雄記にも、劉備呂布(りょふ)を受け入れた時、呂布劉備を自室に招いて、婦人の牀に座らせてから婦人に挨拶させ酒食でもてなしたとあります。

呂布

 

呂布は、曹操(そうそう)に兗州を奪還(だっかん)されて寄る辺もなく、なんとかして劉備の機嫌を取って懐に入り込む必要があったので、劉備と同じく自分も辺境の田舎者なので気が合うと持ち上げ、最後には自身を兄、劉備を弟と呼ぶような事をしています。

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

劉備は調子がよい事を言う呂布の発言の一貫性の無さに不快感を抱いたとされていますが、いずれにせよ、牀に上れるのは近しい人々だけという事が分かります。関羽張飛が同じベットで寝たというのは、劉備にとり二人がただのボディーガードではなく兄弟に匹敵する存在であるという意思表示なのです。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑


牀の大きさは十分にあった?

兀突骨

 

牀の大きさは一人用から複数人が座れるものまで様々でした。現在のソファーが一人掛けから複数人が座れるモノまで多彩な種類があるのと同じです。最も古い牀の実物は河南省信陽長台関(かなんしょうしんようちょうだいかん)で出土した戦国時代のもので、牀の長さは 2メートル18センチ、幅は1メートル39センチで足は六足、足の高さは19センチもある大型のものでした。

強くなる関羽

 

これだけあれば、屈強な筋肉マンの関羽張飛セットでも十分寝られるだけのスペースはあったでしょうし、また牀の上で食事をしたりしていたわけですから、十分な広さがあっても不思議はないでしょう。ただ、男同士で顔を見合わせて寝るのは、さすがに恥ずかしいというか違和感があるようで、実際には頭と足を互い違いにして眠っていたようです。


榻についての諸葛亮のスイートペイン

孔明

 

古代中国には、牀以外にも小型の(とう)という家具があり、これはベンチの役割でした。漢の時代以降、牀と榻は区別されるようになり、牀はベットとして定着していき、代わりに榻という家具がベンチの役割を果たすようになります。

こちらの榻については、かの天才軍師諸葛孔明(しょかつこうめい)に哀しい思い出があります。それは孔明が軍議に参加した後、疲れたので少し横になろうと榻を探していると、たった一つしかない榻を先輩の簡雍(かんよう)が独占して寝そべり、客と雑談していました。

孔明

 

疲れていた孔明は、しばらくその傍に(たたずんで)んでいましたが、簡雍は少しも気にせずにおしゃべりを続けたので諦めた諸葛亮はスゴスゴとその場を立ち去ったそうです。

諸葛亮已下則 獨擅一榻 項枕臥語 無所為屈

 

後には、蜀の丞相として絶大な権力を奮った孔明にも、ベンチを独占されても何も言えないパシリの時代があったんですね。

 

日本では普及しなかった牀

遣唐船(奈良時代)

 

日本には遣唐使の時代に牀が輸入されたそうですが、寝具として根付く事はなく、天皇・皇后の寝具である高御座の土台として名残をとどめるのみになりました。先の即位礼正殿の儀でもバッチリとテレビに映った八角形の天蓋の下の土台、あれが浜床(はまゆか)と呼ばれるようになった古代の牀です。

しかし、元来が床の生活であった日本では牀は普及する事なく、床の上にそのまま布団を敷いて寝る生活が戦後まで続く事になります。一方で中国では牀は床としてベットの意味になり、どんな家庭にでもあります。

韓信と劉邦

 

ベットの習慣に慣れた中国人は、日本の和室にベットがない事が理解できずに布団で寝るんですよと教えられると、地面の上に直に寝ろと言うのか!と本気で怒る人もいるのだそうです。これも文化ギャップですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

調べてみた結果、三国志の時代には、ベットとベンチと椅子の区別はなく、人々は牀という寝具で眠ったり、ソファーのように寛いだり食事を取ったりしていました。牀には長さ2メートル、幅も139センチもある大型の牀もあり、劉備も屈強な関羽と張飛に挟まれても、そんなに窮屈(きゅうくつ)ではなく眠れた事でしょう。

 

参考文献:中国古典様式家具の日本への影響に関する研究

一坐臥具の 牀・榻 ・発を中心 と して

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志酒盛り決戦】張郃VS張飛 勝つのはどっち?

関連記事:趙雲の武力が発揮されるのは現代でいう特殊部隊ミッションの場合?ホースソルジャーとしての趙雲像を考える!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  3. 劉禅に気に入られる黄皓 黄皓は陪臣だったの?黄皓と劉禅、姜維や陳寿との関係に迫る!
  4. 丁奉(ていほう) 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は?
  5. ボロボロになった馬超 馬超のせいで劉備は漢中王に即位したって本当?
  6. 于禁を虐める曹丕 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは?
  7. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  8. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデル…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 楊貴妃
  2. 王翦
  3. 張飛が使う蛇矛
  4. 孫和
  5. 女と金
  6. キングダム54巻amazon
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  8. 曹操 油断
  9. 曹叡

おすすめ記事

  1. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  2. 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る 夏侯惇
  3. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る! フビライ・ハーン モンゴル帝国
  4. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官 魏の文官・李孚(りふ)
  5. 中世ヨーロッパ版 三国志『ヴィンランド・サガ』が10倍面白くなる豆知識 三国志に出てくる海賊達 張伯路
  6. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 周瑜と孫策

三國志雑学

  1. 郭嘉
  2. 雷怖くない 能ある劉備
  3. 蒼天航路
  4. 親バカな諸葛孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  5. 餓えた農民(水滸伝)
  6. 孫策、陸遜、顧邵、他

おすすめ記事

藤原京 日本古代史上最大規模の帝都「藤原京」の謎。なぜ十六年の寿命だったの? 赤穂浪士の吉良邸討ち入り 忠臣蔵はテロ?知っているようで知らない赤穂事件を解説 あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!? 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 神農 神農とはどんな人?それとも神?中国最古の薬物学書「神農本草経」をまとめた人物 三国志 武具 軍備 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの? 袁術 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント? 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 濡須口の戦いって何?どうして何度も戦争になるの

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP