ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「面倒臭い龐煖の落とし所4選」

君主論18 kawausoさん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ホウ煖(龐煖)

 

漫画という媒体(ばいたい)で哲学とか思想を扱われると非常に面倒くさいものです。どうして面倒くさいかというと、何とでも小難しい理屈をひねり出していく事が出来るからです。元々はシンプルに一つの宗派だったキリスト教やイスラム教、仏教が解釈の違いから沢山の宗派に別れたのを見ても、その面倒くささが分かります。それを文字ではなく絵でみせると、もうどうとでも解釈(かいしゃく)が可能です。

そうそう!最近、面倒くさいと言えばキングダムの求道者ワレブさんの行動をどんな風に予想すればいいかという事です。今回は信と龐煖(ほうけん)の決着というか落とし所を探ります。てか、ドンパチしてどっちが強いかでいいじゃん!それがキングダムじゃんねェ?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム624話ネタバレ予想「不安しかない!龐煖がキングダムをブチ壊す?」

関連記事:キングダム最新623話ネタバレ「模を示す」レビュー考察


キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「龐煖の落とし所予想4」

君主論18 kawausoさん

 

では、龐煖と信の対決の結末として、何が考えられるかを列記してみます。

 

①信と龐煖が激突し最終的に龐煖がsatugaiされ自らの誤りを悟る

②なんらかのアクシデントが発生、またもや決着お預け

③信との命懸けの対話の中で龐煖が悟りを得て戦場を去る

④龐煖は信との戦いで己の思想の無益を悟り自殺する

 

以下では、それぞれの落とし所の詳細について解説します。


キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「予想1龐煖が信にSATUGAIされ誤りを悟る」

矛を持った信

 

最近はやたらに吠えまくっているので、龐煖は本能だけで生きているバカかと思っていましたが、キングダム公式ガイドブック覇道列紀では、知力バカではない、指揮力皆無とあるので、少なくとも公式でもバカではないようです。

そればかりか、龐煖を解しないものを「道の何たるかを知らん連中」と(さげす)む様子を見ると、こいつを理詰めで何とかするのは絶対に無理で、むしろ、そんな事をすれば怒りにガソリンを注ぐだけのヤバイ雰囲気さえ持っています。

 

そうでなくても、アホである信に龐煖をぐうの音も出ない程に論破する力量など期待できるはずもなく、ここは力任せに斬り合い、負けた方が間違いでしたという単純明快にしてさっぱりしたアメリカンな方法がベストでしょう。

龐煖にしても人は死んだら土に還るだけと、負け犬に一切の憐憫(れんびん)も正当性も認めないので、信にブッタ斬られれば、「あ、俺、無価値な土くれ」と嫌でも納得せざるを得ません。まさか俺の命だけは尊い、見逃せと命乞いする人ではありませんしね。

李牧

 

ただ、この決着方法だと、この数週間の道だの救済だのという李牧さんの哲学的な説明は、全部無意味になってしまうので、まあ、可能性は低いでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「予想2アクシデントが発生決着お預け」

樊城の戦い

 

朱海平原の戦いが龐煖と求道者設定のお陰でクレスチョンマークで一杯になり、収拾が着かないので、信と龐煖の戦いが外部のアクシデントで強制的にブレイクします。アクシデントには、事欠きません、この紀元前236年には、オフ王が急死していますし、王翦(おうせん)の秘策が炸裂して(ぎょう)に食糧が届き、鄴開城で李牧万事休すでの和睦もあり得ます。

王翦

 

キングダムとしても、引っ張るだけ引っ張り、龐煖を三大天として存命させた上で、李牧司馬尚(しばしょう)と組ませて最強カードに出来ます。

しかし、おいおいおーい、またワレブ生き残るのかよ。どんだけ羌瘣(きょうかい)の肉体をボロボロにすれば気が済む?どんな自虐マニアなんだ。もう龐煖はスパッと切れよ!次はどんなポンコツエピソードブッコんでも、騙されねえからなナス!とひど過ぎる悪態をつく読者がkawauso以外にも何名か出るでしょうね。


キングダム最新624話ネタバレ予想vol2「予想3龐煖が悟りを得て戦場を去る」

異民族に好かれる董卓

 

いくら追い詰められても、戦う事を諦めない信の闘争心の中に利己主義ではない、自分が倒してきた人間の為にも戦う利他心を見出した龐煖が、人間は進歩しないと絶望した己の認識を改めて、超人を目指す事を放棄(ほうき)して、恒久平和の使命を信に(たく)します。

このパターンの場合、龐煖は信の戦いを邪魔しなくなるので、仮に趙三大天に留まろうとも二度と戦場には姿を現さない話になります。

ネズミで人生を変えた李斯

 

この場合、ここ数週の李牧の長い求道者説明が活きる事にはなりますが、どうやって、龐煖を効果的に説得できるのかが鍵になってきます。何故なら信に李斯(りし)が説くような法による統治モデルなど説明できるわけがないからです。あまり、あっさりと意思疎通(いしそつう)が図れても、今までの龐煖のワカランチーノぶりを散々(さんざん)見ているだけに、急に物分かりがよくなると白けます。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. キングダム52巻 キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー
  2. キングダム54巻amazon キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー
  3. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュ…
  4. ホウ煖(龐煖) キングダム最新620話ネタバレ予想vol3「秦王政と龐煖に意外な…
  5. 弓矢を構える李広 キングダム最新619話ネタバレ予想「蒼仁は死ぬ?それとも・・」徹…
  6. キングダム55巻 キングダム最新621話ネタバレ「堕落する者」レビュー考察
  7. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  8. 君主論18 kawausoさん キングダム618話最新ネタバレ予想vol2「馬南慈は死ぬのか?」…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 匿名

    現在人の感覚では、武神の考えなんて全く理解できいし、その論理の運びも意味が分からないものです
    当然、共感などできるものではなく、はじさんも多くの読者も武神へのヘイトが高まっています
    私たち、読者もある意味あっけにとられる趙兵と同じ立場です

    だけど、読者も含めて誰もが理解が出来ずに拒絶する存在に対して、それでも理解しようと試みる信はちゃんと主人公してると言えなくないでしょうか?

    個人的には、武神の考えを現在人の感覚で理解しようと試みることが意味がないことと思います
    この時代なんて、三国志より数百年以上前の世界
    三国志の時代にでさえ、いまだに左慈や于吉などの仙人が大手を振るって史書に登場する神話の世界なんですから
    中国思想史的に、春秋戦国時代は、中華思想が初めて大きく発展した時代です
    戦闘に思想を絡めるとめんどくさいという指摘はもっともだと思いますが、当時の思想を無視することはこの時代を描くことに不可欠なものだと思います
    40巻以上も青年誌で少年誌的な展開を単調に繰り返すのも単調ですし、ここがキングダムという物語の大きな転換にしたいと原先生が考えらえているかもしれません

    • 邯鄲の夢

    ブログ主が今後のストーリー展開を色々予測してますが、キングダム的にはギョウ攻略より熊対信の仇討ち戦がメインのはずなのでポンコツ熊が武神に戻り、手負いの信をいじめまくり年内はこのままの信を死地へ追い込むだけ追い込むのでは?問答は単調な防戦一方の信が何かを感じ取るきっかけを
    与えるヒントか?信が死地に達してミラクル信へ変身するまではキングダム読者はガマンの連続かも?李牧の合いの手解説も単調な信の防戦をより深みを与えたいための原作者のアイデア?当方はエンターテイメント重視であれば李牧には高みの見物よりファルファル伝説剣とチャンバラを並行でやってほしいと思います!

    • 秦の名無し

    サイの戦いの折に、李牧は龐煖に「道の終着点にいる」と告げています。
    今まではこの終着点がなんなのかが不明でしたが、最新話により終着点がなんなのかが具体的になりました。
    しかし
    終着点にいるのに、人類全体がレベルアップした様子もないですし、争いは続いています。
    李牧は龐煖も含めた求道者たちの結論が愚かなものであるとわかりつつも、助けてもらった恩から論破することではなく、実例によって示そうとしているのではないでしょうか。
    ただ、そのついでに趙の戦が有利に進むように利用している李牧は好きになれませんが。

      • 五百人将

      @秦の名無しさん、面白い考察ですね。
      李牧はもちろんのこと、龐煖も誤りに薄々気付いているのではないかとも思います。
      王騎やヒョウ公との戦いを経る中で。
      ヒョウ公といえば龐煖を「己の矛盾に悶える阿保」と評しましたが
      ここまで感づいての発言だとしたら、ヒョウ公はエスパーか何かかって話になりますが(^^;

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. 龐統
  3. 藏覇(臧覇)
  4. 明治天皇
  5. 歳をとっても元気な孔明
  6. 楊儀
  7. 楽進
  8. 曹操と機密保持
  9. 徳川家康

おすすめ記事

  1. 公孫瓚の逸話は三国志演義と正史で異なる!公孫サンのおもしろ逸話 公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった公孫瓚、劉虞
  2. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何? 竹中半兵衛(軍師
  3. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい! ピストルを乱射する坂本龍馬
  4. 夷陵の戦いの最大の敗因はどこにあった?もう一度夷陵の戦いを振り返る キレる劉備になだめる黄権
  5. 【三国志長者番付】知られざる大金持ちは誰? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  6. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 曹操

三國志雑学

  1. 孔子と儒教
  2. 周瑜と陸遜
  3. 馬岱
  4. 蜀の姜維
  5. 賈詡


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  2. 曹操から逃げ回る劉備
  3. 赤兎馬を可愛がる董卓
  4. 劉曄
  5. 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 関羽
  7. 始皇帝
  8. 関羽

おすすめ記事

曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け! 董荼那(南蛮族) 董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 夏侯惇 夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは? 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム? お茶を楽しむ明智光秀 明智光秀が保護した延暦寺とは?明智光秀が延暦寺を保護した理由 牛に乗って登場する光武帝(劉秀) 後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝 曹昂(曹昴) 曹昴の死因は曹操を助けたことだった?曹昴の死を考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP