ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

後世に残った陸遜の汚名と裴松之の非難を考察

周瑜と陸遜


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北伐する孔明

 

呉(222年~280年)の嘉禾3年(234年)に蜀(221年~263年)の丞相諸葛亮(しょかつりょう)が魏(220年~265年)に対して5度目の北伐を開始します。

 

孔明と劉備、関羽、張飛

 

この時、呉の陸遜(りくそん)も一緒に魏を攻めました。しかし諸葛亮(しょかつりょう)は遠征中に亡くなり呉も大した戦果を挙げることが出来なかったので、最後は撤退となります。だが、この撤退の時に陸遜は「ある事」を行って裴松之(はいしょうし)から非難を受けます。いったい彼は何をしたのでしょうか?

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜

関連記事:結婚は墓場!?陸遜の姪の陸鬱生を没落させた曁豔事件とは?


蜀と呉の共同出陣と撤退

陸遜

 

前述したように呉は嘉禾3年(234年)に蜀と共同で魏に対して出兵を行います。孫権(そんけん)は合肥へ、陸遜諸葛瑾(しょかつきん)は襄陽を攻めました。合肥を攻めるのはこれで4回目です。

 

合肥の戦いの満寵

 

ところが合肥では魏の満寵(まんちょう)張潁(ちょうえい
)
の奮戦により呉は苦戦強いられて、呉は孫権の甥の孫泰(そんたい)を失います。

 

合肥の戦いの満寵と孫権

 

結局、曹叡(そうえい)が親征する報告がきたので孫権は撤退を決意しました。一方、陸遜は信頼している韓扁を派遣して戦況を報告しようとしますが、韓扁は帰る途中で魏に捕まります。敵に情報が漏れたので諸葛瑾は陸遜に急いで撤退することを伝えました。

 

陸遜

 

しかし陸遜は何を考えているのか、畑作業・囲碁・弓をしてのんびりしています。まるで撤退する気無し。ビビッてしまい、陸遜も諦めムード全開になってしまったのでしょうか?

 

諸葛瑾

 

その報告を聞いても諸葛瑾は、「陸遜殿は知略が多いから、何か考えがあるのだろう」と心配しませんでした。

 

ロバ顔の諸葛瑾

 

とは言っても、やっぱり理由は聞きたいのか諸葛瑾は直接、陸遜に面会に行っています。すると陸遜は、

 

陸遜

 

「魏は孫権様が帰り着いたことを知れば、我々に攻撃を集中してくる。それに今は要害の地は固められて退却は困難であり、兵士の心は動揺するだろう。ここは私は落ち着いた様子を見せて兵士を安心させて、巧妙な策を立てて脱出させるのが良いだろう」とコメント。

 

陸遜

 

リーダーとして落ち着いた態度でした。納得した諸葛瑾はその後、陸遜と作戦を練ります。まず襄陽城を攻めることにしました。襄陽城の敵は陸遜を恐れていたので、あっという間に蹴散らされます。そのスキに乗じて、呉軍は諸葛瑾が用意した船に乗って逃げました。


呉の略奪と殺戮 そして裴松之の批判

陸遜

 

さて、陸遜は帰る途中に白囲に軍をとめると表面上は、「狩猟」と言って将軍の周峻・張梁(黄巾軍の張梁とは別人)を派遣しました。モンハンみたいに軽めに言ってますけど、これは明らかに人間狩りです。案の徐、周峻・張梁は近くの江夏の民を殺したり、捕まえたりします。まるで『北斗の拳』の世界です。呉軍は『北斗の拳』のザコキャラでした。

 

歴史書をつくる裴松之

 

陸遜は何を考えているのか、生き残った人々には手厚い保護を加えるという矛盾をしています。正史『三国志』に注を付けた裴松之は陸遜の矛盾した行動に激怒!

 

「1000人捕虜にした程度で魏に何の損害が出るんだ?何の罪もない民を殺害しただけだろう。諸葛亮の無意味な軍事行動と何の違いがあるんだ?これでは陸遜の家が3代も続かない理由が分かった気がする」裴松之は少し感情的になっている気もします。たまに、彼の注にはこんなものがあるのですけど・・・・・・

 

裴松之(歴史作家)

 

裴松之は結構キツメに言ってますけど、これは当時の目線で考えたら「普通」です。言葉は悪いですけど、当時の人間は消耗品でした。例えるのなら100円均一の商品と思って頂いても構いません。

 

戦車隊を率いて活躍する夏侯嬰(かこうえい)

 

戦争・農業・子孫繁栄・・・・・・そういったものに人間は必要でした。人道的には誤った行動ですけど、当時の目線で考えたら当たり前なのです。


三国志ライター 晃の独り言 歴史家って面倒くさい・・・・・・

三国志ライター 晃

 

以上が陸遜が残した唯一の汚名に関する話でした。しかしながら筆者は1つの疑問があります。実は裴松之が生きていた劉宋(420~479年)は三国時代(220年~280年)以上に残酷な時代でした。部下・肉親同士の殺し合いは当たり前、略奪・殺戮日常茶飯事、民はそれで苦しんでいました。裴松之は従軍経験もありますので、リアル・タイムでそういう光景を見ています。

 

陸遜

 

そんな人が陸遜を批判出来るのでしょうか?おそらく、裴松之は陸遜のネタを使って自分の仕えている政権を批判しているのでしょう。中国の歴史家は昔の王朝のネタに、現政権をオブラートに批判するクセがあります。

 

裴松之もおそらく、そのような人物だったのではないでしょうか?歴史家って面倒くさいですね・・・・・・

 

※参考文献

・袴田郁一「裴松之『三国志』の史料批判と劉宋貴族社会」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要』64 2019)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ陸遜は人気があるの?三国志演義でも天寿を全うしている数少ない武将

関連記事:夷陵の戦いの功績があったにも関わらず、どうして晩年の陸遜は憤死に至ったの?

 

【孫権を支えた呉の大軍師 陸遜】
陸遜特集

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. キレる孫策 孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?
  2. 曹昂(曹昴) 曹昴の死因は曹操を助けたことだった?曹昴の死を考察
  3. 公孫康 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  沢山の人材を発掘した呉の孫権
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜はどんな最期を迎えたの?悲劇の英雄、その全貌を解説!
  6. 王平は四龍将 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜…
  7. 二刀流の劉備 異名がカッコイイ三国志!劉備の異名にはどんなものがあるのか調べて…
  8. 劉備を徹底サポートする趙雲 趙雲の武力が発揮されるのは現代でいう特殊部隊ミッションの場合?ホ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 韓信
  4. 曹操から逃げ回る劉備
  5. 曹仁
  6. 馬超の兜にフォーカス
  7. 環夫人
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3 劉備の黒歴史 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 騙し合う呂布と袁術 その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話 キングダム 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた! 【キングダム好きにもオススメ】歴史大河・マンガ「ビン~孫子異伝~」が面白すぎる! 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP