キングダム634話ネタバレ予想vol3「紀彗が鄴でまた敵前逃亡?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桓騎

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。李牧(りぼく)の60000の軍勢が(ぎょう)へ向けて南下している中、大慌ての摩論(まろん)に対し桓騎(かんき)余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)でした。王翦(おうせん)に全幅の信頼を置いているにせよ、この落ち着き方は少々以上です。どうして桓騎はこんなに余裕なのか?その理由は黒羊の悪夢を再現できる自信があるからではないでしょうか。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム634話ネタバレ予想vol2 田里弥の食糧調達法を考える

関連記事:キングダム634話ネタバレ予想「鄴での李牧の戦略を大胆予想」


キングダム634話ネタバレ予想「趙軍左翼は動けなくなる」

炎上する城b(モブ)

 

李牧の南下により、桓騎は李牧の60000と鄴の守備兵に挟撃される恐れが出て来ました。

その後に王翦が追撃してくるとはいえ、どうしてこんなピンチに余裕なのか?これは恐らく、趙の左翼を率いる紀彗(きすい)軍が途中で撤退するか、少なくとも動かなくなるからではないかと予想します。

 

紀彗の率いる軍はほぼ離眼勢(りがんしゅう)だと考えられ、彼らの故郷も太行山脈の途中にあるあの離眼城でしょう。キングダムの読者ならご存知のように黒羊の戦いでは紀彗は、桓騎に故郷の城を残虐な方法で蹂躙(じゅうりん)すると脅され、結局戦線を離脱しました。

現在、黒羊方面は李牧により要塞化しているそうですが、李牧が移動し、閼与(あつよ)にいた公孫龍(こうそんりゅう)舜水樹(しゅんすいじゅ)もいないわけですから兵力は手薄でしょう。そこに王翦の頼みを受けた昌平君(しょうへいくん)が総力を挙げて攻撃していれば、もちろん離眼も落ちるでしょう。いや、すでに離眼については、落ちていると仮定しましょう。


キングダム634話ネタバレ予想「王翦が桓騎と同じエグイ手を使う」

王翦

 

李牧軍でもっとも数が多いのは、蒙恬(もうてん)膠着状態(こうちゃくじょうたい)だった紀彗軍です。つまり、王翦は鄴に到着したと同時に、趙軍左翼に伝令を出せばいいのです。

 

「ただちに戦線を離脱せよ、応じなければ離眼の民は皆殺しになる」

 

そうです。王翦は黒羊で桓騎がやった事をそのまま紀彗に繰り返すわけです。一方、黒羊では領民を思う余りに勝機を捨てた紀彗ですから、住民の命と鄴から離脱するのを天秤に掛ければ撤退を選ぶでしょう。ここで見捨てれば、前回、黒羊を放棄した意味も消えてしまいますしね。

 

ただ、これが「秦に寝返れ」だと李牧への恩義から領民の命の方を思い切る可能性があります。王翦はその辺まで考えて、鄴から手を引けと命じるわけです。王翦は、この戦略を桓騎には伝えているのでしょう。だからこそ、桓騎は薄ら笑いを浮かべていられるわけです。

かつて、俺がやった策に二回引っ掛かる紀彗と、また敗戦する事になる李牧の馬鹿さ加減を見れば、そりゃあ笑うでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム634話ネタバレ予想「半減する兵力に李牧大苦戦」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

一番無傷な紀彗軍が離脱すると李牧の軍勢は半減します。

kawausoは李牧は、自軍の右翼と左翼の機動力を活かし桓騎軍の左右側面を衝くと予想するので、例えば紀彗軍が桓騎の右脇腹をついていれば、そこは空白になります。その分の兵力を左の脇腹を攻める馬南慈の兵に振り分ける兵力が増えますし、馬南慈軍は、どう考えても一万に満たないので破壊力は半減します。

 

去っていく紀彗に李牧はどう反応するか?説得は不可能ですし、紀彗だけを排除して軍団を乗っ取るのも、彼らが離眼の出身者で構成されているなら無理です。となれば、同士討ちを避ける為に黙って見送るしかないでしょう。

敵軍でさえ軍略で操る凄味、これこそ王翦の絶対に勝てる戦にしか興味はないの真骨頂です。


キングダム634話ネタバレ予想「紀彗軍に楽華隊をぶつけた理由」

蒙恬

 

後付けですが、そう考えると朱海平原の布陣で、紀彗の30000に対し楽華隊5000しか配置しなかった理由が見えてきます。紀彗軍はいずれ排除されるので、別に数を減らす必要はないのです。むしろ兵力を温存してもらい、李牧の主力になってもらえれば、鄴で離脱させる時に李牧に大ダメージを与える事が出来ます。

 

もちろん、二度も裏切った紀彗軍はもう趙にはいられませんが、鄴は歴史上でも落ちる事が確定しているので、そのまま秦の軍門に降り王翦の配下になるかも知れません。王翦にしても、麻紘(まこう)が戦死し、亜光(あこう)が意識不明なので、部下を補充できてちょうどいいでしょう。まあ、紀彗が断る可能性もありますが・・

 

少なくとも、秦が離眼城を抑えていれば紀彗は秦に反旗を翻す事は出来ません。それで紀彗が秦につくか、そのまま隠居するかは分かりません。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. kawausoさんのキングダムがキター!
  3. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無し
    • 2020年 3月 04日

    離眼を離れて移住するにしても太行山脈の西側つまり閼与の西側に移住するくらいでしょう
    閼与が落とされれば離眼も終わりで秦の人質になるのは必定で紀彗の裏切り説は有力かも
    李牧自身も王翦の謀略で趙王に殺されますしね

    • 匿名
    • 2020年 3月 04日

    離眼から移住してるのでは?
    ギョウ攻め序盤のチョウ陣営会議でキスイ呼び出しの一コマに移ったセリフがあった記憶があり。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 3月 04日

    ブログ主の休載SPで鄴包囲戦から李牧軍を王翦桓騎で挟撃戦に向けて色々策を披露いただいてますが、史記の王翦がアツ与を落とすまでは武力でしょう。鄴攻略に向けて当時列国同士でよく行われていた水面下での王同士(趙王と秦王)での外交交渉をブログ主得意の想像力で語るのはいかがでしょうか?(過去には縦横家張義に蘇秦、范雎、蔡沢、呂不韋と寝技が得意の人物達もおりました)キングダム的にはセイが武力統一を宣言し外交ではなく軍事一辺倒で行う風ですが王翦が大王の意をカタリ独断で趙王と密交渉による李牧軍の全面撤退なんてシナリオも面白いかと。また、趙王側近が前回邯鄲包囲戦のように他国へ援軍の特使派遣なんて想像力を掻き立てます。はじめての三国志的外交交渉での解決策はどんな風ですかね?

      • 王騎大将軍
      • 2020年 3月 04日

      黒洋戦が終わったとき、紀彗が「離眼を離れる準備をせねばならん」と言っているので、すでに離眼には住民はいないのかなと。だから、その手でおどして来ることは無いと思います。

      • 弓矢兄弟
      • 2020年 3月 05日

      疑問点2点ほど
      既にコメントにあるように離眼民は引っ越し済み
      李牧南下の早馬にキスイがいるという報告無し

      →という訳で個人的な解釈ですが王翦の作戦通りという線も。王翦の部下が兵糧を焼く件も知っており、李牧南下も予定通りという話の気はします。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP