呉武将・甘寧の赤壁の戦い以前の経歴を見ていこう


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

甘寧 ゆるキャラ 三国志

 

今回見ていきたいのは呉の武将の一人、甘寧(かんねい)です。甘寧は呉の猛将の一人でもありますが、同時に頭も中々に切れる人物でもあるのが特徴ですね。正史では有名な赤壁の戦い(せきへきのたたかい)よりも前に「天下二分の計(てんかさんぶんのけい)」を進言したことで孫権(そんけん)に気に入られました。

 

凡人すぎた楊雍(はてな)

 

しかしそんな甘寧はどんな経歴から孫呉に迎え入れられたのか?

そこで今回は赤壁の戦い以前の甘寧の経歴から、その生涯を見ていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「甘寧 赤壁」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


甘寧・一念発起する

同年小録(書物・書類)

 

甘寧の生年について正史には記載はありませんが、生まれについては益州(えきしゅう
)
巴郡(はぐん)臨江(りんこう)の人物だったとされています。そして甘寧は長いこと江賊(こうぞく)山賊(さんぞく)の川バージョンで生計を立てていました。

 

劉璋(りゅうしょう)

 

しかし遂には劉璋(りゅうしょう
)
により討伐(とうばつ
)
されてしまいます。そこで甘寧はなんと、そこから勉学に励むようになるのです。これが後に天下二分を発案できる甘寧の頭脳の磨き始めになったのですね。


甘寧・主を変える

後継者をまだ決めれない劉表

 

甘寧がまず主として仕えたのは劉表(りゅうひょう)でしたが、ここでは甘寧は重用(じゅうよう)されませんでした。その後、甘寧は黄祖(こうそ)に仕えます。

 

凌操(りょうそう)

 

ここで甘寧は呉軍と戦い、その際に凌操(りょうそう
)
を討ち取るなどの功を挙げますが、それでも黄祖には用いられず、見かねた蘇飛(そひ)によって色々と面倒を見てもらいます。しかし、結局黄祖からは冷遇され、蘇飛の勧めによって黄祖から離れることになります。

呉の孫権は皇帝

 

そして更にその後、甘寧は出奔(しゅっぽん
)
して孫権に降ることとなります。呉の武将、甘寧の誕生です。


甘寧・天下二分の計を進言する

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

甘寧に孫権が期待をかけたきっかけは、天下二分の計を進言したことと言われています。が、その前に周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょもう)に連名で推挙(すいきょ
)
されたことで孫権は既に今までの部下と同じように甘寧を大事にしていました。

 

孫権に攻められ戦死する黄祖

 

それに応えるかのように甘寧が進言したのが天下二分の計です。この戦略眼から孫権は甘寧を認めるようになりました。後にかつての主であった黄祖を打ち破るのに活躍する甘寧、しかし嘗ての恩も忘れてはおらず、蘇飛の除名嘆願を涙ながらにやっている義侠心も見せています。


呉に甘寧あり

甘寧と凌統

 

後に甘寧の名を有名にするのが濡須での戦い。この際に甘寧は曹操陣営に見事な夜襲をかけて、引き下がらせることに成功しました。夜襲隊の一人として死なせなかった手際と戦術を評価され、孫権は「曹操には張遼がいるが、私には甘寧がいる」と称賛の言葉を送りました。合肥で張遼に辛酸を味わわせられた孫権からこのような言葉が出たと思うと、感動も一入(ひとしお)。孫権の甘寧への評価の高さが窺い知れますね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. ミニチュアで遊ぶ董卓
  2. 不合格になる張角
  3. 洛陽城
  4. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. お風呂に入る曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック

PAGE TOP