陣借りって何?合戦に勝手に参加し活躍する陣借りとは?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

陣借りって何?(1P目)


陣借りで加賀百万石の基礎を築いた前田利家

ちょっとしたことでブチ切れる織田信長

 

前田利家は、若い頃から織田信長に仕え、武功でエリート騎兵の赤母衣衆(あかぼろしゅう)の筆頭になるなど、出世街道を順調に進んでいましたが、自分に対して横柄な振る舞いをする信長寵愛の茶坊主の拾阿弥(じゅうあみ)という男に我慢できず、斬り捨てて出奔します。

 

柴田勝家などが信長を諫めたせいで、切腹は免れたものの利家の処分は出仕停止でした。今でいえばステイホームですが、当然俸給は貰えません。その頃、結婚したばかりで、幼い娘がいた利家は生活に困り、信長に許してもらおうと一念発起、桶狭間の戦いに独自参戦して、敵の首を獲る手柄を立てます。はい、陣借りです。

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

ところが、まだ怒りが解けていない信長は利家の手柄を黙殺しました。

 

心が折れそうになる利家ですが、まだ諦めずに翌年の美濃攻めにも従軍し、斎藤家の重臣、日比野下野守(ひびのしもつけのかみ)の家来で「頸取足立(くびとりあだち)」の異名を持つ、足立六兵衛(あだちろくべえ)なる怪力の豪傑を討ち取り、さらにもう一つ首を獲って、信長の前に立ちます。

宋銭 お金と紙幣

 

さしもの信長も利家の熱意に打たれ、出仕を許した上に俸給も150貫から300貫加増し、450貫にしてやったのです。この努力があり、利家はその後も順調に出世していき、加賀100万石の礎を築く事になりました。


戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

究極のフリーランス陣借りと、その派生形の感状について解説してみました。

 

実力主義の戦国時代ですが、意外な程に身分秩序は強固に残っている部分もあり、騎兵に付き従う小者などは合戦に参加しようとすると、差し出がましい真似をするなと叱られる事さえありました。もちろん、こんな状況では出世なんか望むべくもありませんので、目端が利く武士は陣借りで手柄を立てたり、感状を受けて積極的に仕官するなど行動あるのみだったのです。

 

参考文献:雑兵物語 Wikipedia他

 

関連記事:【麒麟がくる】戦国時代の旅行にはいくら掛かったの?

関連記事:これはヒドイ!戦国時代のサバイバル雑兵物語

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 細川藤孝
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 明智光秀(麒麟がくる)
  5. 切腹する織田彦五郎(織田信友)
  6. 上杉謙信

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP