徳川家康はカルバリン砲よりスゴイ大砲を造らせていた


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徳川家康

 

徳川家康(とくがわいえやす)は大砲に着目した戦国大名として知られていますが、その大きな目的は難攻不落(なんこうふらく)で知られた大坂城を陥落させる為でした。大きな堀と城壁に囲まれた大阪城を落とすには、大砲の威力で城壁を打ち崩し城内の人員を殺傷し、その不気味な破壊音で戦意を落とすのが最良と考えたのです。

 

幕末 大砲発射

 

しかし、当時の日本においては、鉄砲の水準は諸外国を越えていたものの、大砲は未発達で家康もイギリスからカルバリン砲を購入して大阪城の頑丈な石壁を破壊して城内の人を殺傷し、淀殿の戦争継続の意志を削いで、大坂冬の陣を和睦に持ち込んだと言われています。まさに、カルバリン砲は家康に天下を獲らせた大砲でしたが、実は家康はさらにスゴイ国産の大砲を製造させていた事をご存知ですか?


カルバリン砲とは?

大砲が爆発して黒こげになるサムライ

 

カルバリン砲とは、15世紀から17世紀にかけて、欧州で使用された大砲で戦国時代のカルバリン砲は長さ335㎝で重さが2トンもあります。18ポンド(8.16㎏)の砲弾を飛ばす事が出来、陸戦で騎兵や歩兵に被害を与えたほか、有効射程は500mあり、90m先の厚さ15㎝の板を貫通出来ました。

イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船

 

また、カルバリン砲は世界史も変えた大砲であり、カノン砲よりは威力が劣るものの射程距離が2キロと長い事から、エリザベス1世はイギリス艦隊に正式採用。西暦1588年のアルマダの海戦で、スペインの無敵艦隊を打ち破って全滅させ、イギリスが7つの海の支配者になるのに大きく貢献しました。

 

エリザベスは軍艦に搭載するカルバリン砲を製造すべく、ウィールドに大砲工場を建設させ、水車動力を使い1年間に3300門のカルバリン砲を製造させたそうで、徳川家康はこのカルバリン砲の評判を聞きつけイギリス商人から、カルバリン砲を4門とセーカー砲一門をあわせて1400両で購入しました。

 

実際に、当時の状況を再現してみた研究結果では、大坂城から500m離れた備前島(びぜんじま)から発射されたカルバリン砲の砲弾は、厚さ40㎝のコンクリートの壁を貫通する破壊力を保有し、大坂方をパニックに陥れたであろう事が分かっています。ドケチな家康が大金をはたいて買った価値があり、カルバリン砲は家康の天下統一に大きく貢献したのです。


家康の大砲 芝辻砲

複雑な大砲をいとも簡単に操縦するカフル人

 

ところで、カルバリン砲を購入する一方で、徳川家康は国産の大砲も製造させていました。その中の一つが、堺の銃工、芝辻理右衛門助延(しばつじりえもんすけのぶ)に命じて慶長16年に造らせた芝辻砲です。芝辻砲は、全長3.13m、口径9.3㎝、重量1.7トンで5㎏の鉛砲丸を発射できたとされ大坂城落城の切り札とされていました。家康が特注で造らせた紛れもない「家康の大砲」です。

 

芝辻砲は今でも靖国神社の遊就館(ゆうしゅうかん)にあり、一見すると鋳造砲に見えますが、昭和58年に日本鉄鋼協会の非破壊検査で鉄砲同様の鍛造と断定されました。その製造法は、12.5ミリの鉄板を同心円状に8枚重ねて接合部分を鍛鉄したもので、非常に強度が高く重量があり、イギリスから輸入したカルバリン砲に比較しても頑丈で、同時に非常に高価な大砲だった事が分かっています。


コスパが悪すぎる芝辻砲

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

家康の大砲芝辻砲は、一門1000両、それに比較してイギリスから輸入したカルバリン砲は一門300両と芝辻砲は、3倍以上のコストが掛かりました。

黒船(ミシシッピ号)

 

それでも芝辻砲が、カルバリン砲を上回る性能があればいいのですが、実はそうでもありませんでした。カルバリン砲は口径12.7㎝、砲身3.5mで18ポンド(8kg)の砲弾を飛ばす事が可能で、5kgの砲弾しか飛ばせない芝辻砲の性能を大きく上回ったのです。

内容に納得がいかないkawauso様

 

ここで疑問が湧いてきませんか?どうして性能が優れているイギリス製のカルバリン砲を輸入できる家康がわざわざ高価で手間のかかる芝辻砲を造らせたのでしょうか。

 

それも、ケチぶりでは戦国武将随一の経済観念に聡い家康が、国産というだけで高価で性能もカルバリン砲に劣る芝辻砲を製造させた理由はなんでしょうか?ここに、家康が芝辻砲に込めた本当の狙いが見えてくるのです。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代


芝辻砲は淀殿と秀頼爆殺を狙うスナイプ砲だった

炎上する城a(モブ)

 

芝辻砲は鉛弾でも5㎏の砲弾しか飛ばせない設計でした。しかし、口径の割に極めて頑丈で砲身が長い設計になっています。どうして、そんなあべこべな仕様なのか?理由は一つしかありません。家康は射程距離が長く、しかも命中精度の高い大砲の極限を求めたのです。

 

輸入したカルバリン砲の射程距離は2㎞ですが、狙い撃ちが可能なのは500mが限界でした。それに比較し家康の芝辻砲は鍛造砲(たんぞうほう)で多くの火薬を爆発させられるので、狙い撃ちできる距離が600mと100m長いのです。

火縄銃を撃つ侍(鉄砲)

 

芝辻砲の狙撃可能距離600mは決定的な意味を有していました。当時、家康の東軍は淀川の備前島という中洲から百門の砲で大坂城を砲撃していたのですが、この中洲から天守閣までは500mであり、カルバリン砲ではギリギリ狙って届くかどうかでした。それに対し芝辻砲は600mの狙撃可能距離があり天守閣に届きます。

 

つまり、芝辻砲は天守閣を直接狙撃できるスナイプ大砲であり、家康は芝辻砲で大坂天守閣を狙い、あわよくば淀殿(よどどの)秀頼(ひでより)の爆殺を狙っていました。

劉備と徳川家康

 

実際に東軍の砲弾が、天守閣ではありませんが、大坂城の本丸に命中し、淀殿の侍女(じじょ)8名が即死した事例があり、これに恐れを為した淀殿は家康の和睦の提案に同意しています。もっとも、本丸に命中したのが芝辻砲の砲弾であるという証拠はありませんが、家康がピンポイント爆殺を狙っていた可能性は高いと思います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 若き頃の織田信長に敗れる今川義元
  2. 麒麟がきた 特集バナーver2
  3. 竹中半兵衛(軍師
  4. 資金が豊富な織田信長
  5. 戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP