小喬は本当に美人だったの?江東の二喬を考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭皇后(女性)

 

三国志には多くの美女たちが出てきます。

ちょっと見ていると「どんだけ美女だらけなの?」なんて思ってしまいますよね。

 

 

今回はそんな美人たちの中から、周瑜(しゅうゆ)の妻として名高い小喬(しょうきょう)をご紹介しましょう。

「花も恥じらう」なんて言われた小喬は、本当に美人だったのか?そんなところにも注目していきますよ。


橋玄の娘

正史三国志_書類

 

さて、小喬は正史において姉の大喬(だいきょう)と同じくほとんど記述がありません。生没年は当然ながら不詳ですし、喬公(きょうこう)の娘で、大喬の妹で、周瑜の愛妾(あいしょう)の一人にされています。

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

因みにこの小喬という名前ですが、本名かどうかも不明です。あくまで喬公の家の年上の娘を「大喬」と、年下の娘を「小喬」と呼んだ、とも言われているのです。


沈魚落雁・閉月羞花

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

そんな小喬は三国志演義において、姉の大喬と同じく美人として有名です。

 

沈魚落雁 閉月羞花(ちんぎょらくがん へいげつしゅうか)」と呼ばれ、魚は泳ぐのを忘れて沈み、空を飛ぶ(がん)は魅了されて落ち、月は恥じて姿を隠し、花もしぼんでしまうほどの美しさ……という、言葉を尽くしたような美人とされています。

 

言葉を見ているだけでもその美しさが伝わってきそうですね。


有名な(悪評?)銅雀台について

赤壁の戦い

 

そんな小喬が一番目立つと言って良いのが、三国志演義における赤壁の戦い(せきへきのたたかい)

 

大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操

 

周瑜を怒らせて開戦させようと企んだ諸葛亮(しょかつりょう)は「曹操(そうそう)は二喬を手に入れて銅雀台(どうじゃくだい)に住まわせたいと言っているそうですよ」と声をかけます。この一言で周瑜は戦いを決意したとされていますが、それほど美人として伝わっていたということが分かる瞬間でもあります。

 

ただこれまでの記述はあくまで三国志演義のもの。

正史における小喬はどんな人だったのでしょう?


お嫁さんになった下り

結婚を喜ぶ孫策

 

さて正史における小喬、そして姉の大喬が周瑜と孫策(そんさく)に嫁いだ下りは一応説明されています。しかしロマンチックな恋愛シーンではなく、捕虜となっていた姉妹が二人の目に留まり、愛妾にされたというもので……事実は小説のようにはいかないようで。

 

大喬

 

また「美人」「美女」という下りもないので、美人かどうかははっきりとはしていないのです。しかし筆者は個人的には美人であったと思っています。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操と機密保持
  2. 邪馬台国と魏軍の兵士
  3. そろばんを叩く関羽
  4. 徐晃と夏侯淵
  5. 姜維と孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP