今日のkawauso23「高尚ディスには手を出すな!」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし苛ついている曹操

 

曹操(そうそう)が西暦212年頃に国淵(こくえん)を魏郡太守にする前後に、曹操の政治を批判する投書があった。

しかし、この投書、単純に曹操の悪口を書いたものではなく後漢の科学者張衡(ちょうこう)二京賦(にきょうふ)という長い叙事詩を使い風雅に曹操をディスった。

 

二京賦というのは、ちょっと見ると洛陽と長安の風情を謳っただけに見えるが、見る人が見ると政治批判の内容に見えるという高尚なヤツだった。

 

曹操は自分も詩を読むから、それが政治批判だと分ったんだろう。

とても悔しく思い、どうあっても投書したヤツを知りたいと願った。

 

そこで国淵は、投書の事実を完全に伏せさせたうえで、功曹という許の人事係に命じて

向学心がありそうな3人の若者を推挙させ呼び寄せ、領内で二京賦が読めそうな高名な師匠を探して教わりなさいと命じた。

3人は領内を探し回り、二京賦が分かる学者を探し出した。

曹操に任せられ結果を出す国淵

 

国淵は役人に命じて、学者に文字を書かせて持ってくると投書の文字と一致したので捕えて尋問すると事実関係が判明したそうだ。

その後国淵は九卿(きゅうけい)太僕(たいぼく)に昇進するが、面白いのは、この学者が誰か不明である事。どんな罪に処されたか不明な点だ。

曹操は本当に処罰したのだろうか?

 

前回記事:今日のkawauso22「勝手に姓を変える」

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 憤死する王朗
  2. kawauso
  3. 指揮を取る呂蒙

    今日のkawauso

    今日のkawauso65「益州からの投降者」

    益州からの投降者と言うと、呉では甘…

  4. 張昭

    今日のkawauso

    今日のkawauso52「呉のリスク」

    権力が不安定な三国時代…

  5. 袁術と孫堅
  6. 魯粛

    今日のkawauso

    今日のkawauso66「三国志演義被害者の会」

    「はじめての三国志」をよく読んでい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“忘年会"

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP