諸葛恪と周囲から見た彼の評価、なぜ天才は敬いの気持ちを持てなかったの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛恪の栄光と破滅

 

今回ご紹介するのは呉の諸葛瑾(しょかつきん)……の息子の諸葛恪(しょかつかく)です。諸葛の名に恥じない優秀さを持ち、呉王であった孫権(そんけん)からも可愛がられた諸葛恪。

 

呉の身内から反感を買う_諸葛恪

 

しかしその諸葛恪は周囲からどんな風に見られていたのか、彼の問題点はどこにあったのかをご紹介しましょう。そして彼の性格を良く表した一つのエピソードも、同時に見ていきましょうね。




「お父さんを馬鹿にしないで!」

呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権

 

さて諸葛恪を語る上で欠かせないエピソード、それは呉王孫権のお酒の席でのやらかしです。この逸話は良く知られているので詳細は省きますが、酒宴で酔った孫権は一匹のロバを連れてきてその顔に「諸葛子喩(しょかつしゆ)」と書きます。

 

諸葛恪の栄光と破滅02 諸葛恪、孫権

 

諸葛瑾が面長でロバに似ていたことをからかったというアルハラエピソードですが、そこで諸葛恪は孫権に願い出て文字を足し、諸葛瑾のロバとすることで父の面目を立たせました。この話を聞いた人々は流石諸葛家の子だと称えたと言います。確かにここだけ見ると父親思いで頭の良く回る人物とも言えるでしょう。




アルハラの片棒を担ぐ(意訳)

諸葛恪

 

しかし、諸葛恪の逸話はこれだけではありません。彼の優秀さ……というか、相手をやり込める逸話をいくつかご紹介しましょう。

 

酒癖が悪い孫権

 

ある日孫権が(また)酒宴を開きました。この際に諸葛恪はお酒を勧める役をしていたのですが、張昭(ちょうしょう
)
にお酒を勧めた際に「年寄りに無理をさせるな、礼儀を知らないのか」とお酒を拒否。

 

張昭

 

そこでアルコールハラスメントに定評のある孫権は諸葛恪に反論させて曰く、

 

太公望(たいこうぼう
)
は老いても軍の役目を辞退しませんでした。張昭殿はもう戦にも出てないのに宴会でくらい先頭に立っても無理じゃないでしょう?」

 

こうしてすでに酔っていたにも関わらず、張昭は無言でお酒を飲んだと言います。

 

段々と見えてくる一面

諸葛恪

 

その他にも張昭を言い負かしたり、()イに反論したりととにかくエピソードに事欠かない諸葛恪ですが、彼の特徴として「頭がいい」というよりも「相手を言い負かしたい」というプライドの高さというか、もっと悪く言うとちょっと人格に問題ありな一面を覗かせる諸葛恪。

 

軍もしっかりと把握できていない諸葛恪

 

彼は孫権に大いに気にいられましたが、一方で周囲からは散々な評価をされていたのは注目するべきポイントです。

 

ロバ顔の諸葛瑾

 

父親、諸葛瑾曰く「家を大きくするけど潰すのもこの子だろう」

 

スマホをいじる孔明

 

叔父、諸葛亮曰く「あんな大雑把でいい加減な性格の諸葛恪に兵糧監督なんて無理だろ」

 

朝まで三国志2017表情 陸遜03 怒

 

陸遜(りくそん)曰く「お前の相手を人と思わない性格をどうにかしろ」

 

陸遜

 

ここまで注意された人物が三国志にいたでしょうか。身内だけでなく陸遜からまで言われると、ああ、問題があったんだな……と遠い目になってしまいそうですが、諸葛恪は周囲の心配も他所に成功を重ね、順当に出世、権力を握っていきます……そう、合肥で大敗するまでは。

 

合肥での大失敗

諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪

 

252年、東興の戦い(とうこうのたたかい
)
で勝利した諸葛恪は、再び出撃しようと試みるも反対意見が続出。

 

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

それでもそれらを押し切って出撃した諸葛恪、結果は見事なまでに敵に欺かれての大敗北でした。

 

諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

 

これにより諸葛恪は周囲からの信頼を失うも、それでも反省などは一切せず、自分がいない場所で行われた人事のやり直し、再び軍を動かそうとします。

 

諸葛恪と孫峻

 

しかし既に彼に付いていく人はいなかったのです。孫峻(そんしゅん
)
によって諸葛恪は殺され、弟の諸葛融を始めとする一族も皆殺しにあっただけでなく、皇太子孫和の正妻の張氏が諸葛恪の姪であったために彼女と孫和まで巻き込むこととなりました。孫権に寵愛された諸葛瑾の息子の末路としては、何とも言えない最期となったのは言葉にできない顛末ですね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 夏侯覇
  2. 趙雲
  3. 荀彧と袁紹
  4. 呉の孫堅
  5. 官渡の戦い 曹操 勝利

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP