元祖・犬公方孫皓?彼はどうして「そう」したのか?

2020年9月23日


 

孫晧(孫皓)

 

孫皓(そんこう)と言えば呉の皇帝、そして三国時代きっての暴君として有名でもあります。彼は皇帝となったからかその暴君と言われても仕方がないような数々の行動を記録されてしまっているのですが、その中で正に犬公方(いぬくぼう)の先駆けのような行動をしているのが興味深いところ。

 

しかし孫晧はどうしてそんな行動を取ってしまったのか?今回はそこを考察してみようと思います。

 

孫皓の生まれと成長

孫和

 

孫皓は孫権(そんけん)の孫に当たり、父は孫和(そんか
)
という人物です。しかしこの孫和、孫権の後継者として皇太子となるも、二宮の変(にきゅうのへん)の争いで皇太子から廃されることになります。

二宮の変に巻き込まれて皇太子から格下げされる孫和

 

その後、孫晧の父である孫和は諸葛瑾(しょかつきん)の息子、諸葛恪(しょかつかく)の失脚に巻き込まれ自殺に追い込まれました。この際に正室であった張氏も共に自害、孫和の子供たちは孫晧の母である何姫の元で育てられることになるのです。

 

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

皇太子となり、いずれ皇帝となるはずだった父親は祖の地位だけでなく命すら奪われ、孫家は肉親でさえ争い合う場となり、そして孫晧はそんな場所で成長していったのでした。

 

復権、後

嫉妬する孫魯班

 

孫和が廃嫡されたのが250年、そして時が流れ258年のこと、孫和を追い込んだ孫魯班(そんろはん
)
が失脚。これにより孫和の子供たち、孫晧たちの復権がなされ、新しく皇帝となった孫休によって孫晧たちは侯に封じられることになりました。

 

孫休

 

この時に孫晧は烏程侯(うていこう)になり、烏程県令であった万彧(ばんいく)と親しい交わりを結びます。孫休は二十代前半、まだまだ若く、子供は男子が四人おり、おそらく孫晧に皇帝の鉢が回ってくるなど誰も考えはしなかったでしょう。

 

皇帝の急死……

呉を立て直す孫休

 

264年、孫休は急死しました。この時、孫休の子供はまだ幼く、昨年蜀が滅亡したばかりの混乱極まりかねない時代。孫休の重臣である濮陽興(ぼくようこう
)
張布(ちょうふ
)
、皇后朱夫人に「烏程侯には長沙桓王の才知あり」と説得したのが、左典軍となっていた万彧だったのは何かの運命でしょうか。

 

建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

 

そして23歳にして、孫晧は皇帝となったのでした。因みに長沙桓王とは孫策のこと。如何に孫晧に期待が寄せられていたか分かりますね。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-