元祖・犬公方孫皓?彼はどうして「そう」したのか?




孫晧(孫皓)

 

孫皓(そんこう)と言えば呉の皇帝、そして三国時代きっての暴君として有名でもあります。彼は皇帝となったからかその暴君と言われても仕方がないような数々の行動を記録されてしまっているのですが、その中で正に犬公方(いぬくぼう)の先駆けのような行動をしているのが興味深いところ。

 

しかし孫晧はどうしてそんな行動を取ってしまったのか?今回はそこを考察してみようと思います。




孫皓の生まれと成長

孫和

 

孫皓は孫権(そんけん)の孫に当たり、父は孫和(そんか
)
という人物です。しかしこの孫和、孫権の後継者として皇太子となるも、二宮の変(にきゅうのへん)の争いで皇太子から廃されることになります。

二宮の変に巻き込まれて皇太子から格下げされる孫和

 

その後、孫晧の父である孫和は諸葛瑾(しょかつきん)の息子、諸葛恪(しょかつかく)の失脚に巻き込まれ自殺に追い込まれました。この際に正室であった張氏も共に自害、孫和の子供たちは孫晧の母である何姫の元で育てられることになるのです。

 

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

皇太子となり、いずれ皇帝となるはずだった父親は祖の地位だけでなく命すら奪われ、孫家は肉親でさえ争い合う場となり、そして孫晧はそんな場所で成長していったのでした。




復権、後

嫉妬する孫魯班

 

孫和が廃嫡されたのが250年、そして時が流れ258年のこと、孫和を追い込んだ孫魯班(そんろはん
)
が失脚。これにより孫和の子供たち、孫晧たちの復権がなされ、新しく皇帝となった孫休によって孫晧たちは侯に封じられることになりました。

 

孫休

 

この時に孫晧は烏程侯(うていこう)になり、烏程県令であった万彧(ばんいく)と親しい交わりを結びます。孫休は二十代前半、まだまだ若く、子供は男子が四人おり、おそらく孫晧に皇帝の鉢が回ってくるなど誰も考えはしなかったでしょう。

 

皇帝の急死……

呉を立て直す孫休

 

264年、孫休は急死しました。この時、孫休の子供はまだ幼く、昨年蜀が滅亡したばかりの混乱極まりかねない時代。孫休の重臣である濮陽興(ぼくようこう
)
張布(ちょうふ
)
、皇后朱夫人に「烏程侯には長沙桓王の才知あり」と説得したのが、左典軍となっていた万彧だったのは何かの運命でしょうか。

 

建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

 

そして23歳にして、孫晧は皇帝となったのでした。因みに長沙桓王とは孫策のこと。如何に孫晧に期待が寄せられていたか分かりますね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 于禁と兵士
  2. 後悔する孫権
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 顔良と関羽
  5. 呉の勢力を率いる孫策
  6. 李豊を蹴る司馬師

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 9月 23日

    とりあえず書いときますね。

    【孫皓と孫晧の字について語る(良く見ると字が違う)】

    孫皓は演義やゲームで拡がった名前ですね。だから一般的には孫皓の名で知られてます。
    一方、孫晧は三國志、晋書、資治通鑑などの歴史書に出て来る名なのでこちらが正式な氏名となります。ですが、皓の旧字体が白+牛+口なのでこちらが正しいとも言われている。

    皓とは白いの意。皓月とは明月を指す言葉。なので皓は月の明るさを指してます。

    晧とは白いの意。こちらは陽の明かりを指す言葉である。

    孫皓と孫晧で月と陽の意味になるのは偶然なのだろうか?これが意図的になら絶妙な使い分けかなと思った次第。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP