李粛とはどんな人?董卓からお友だちの呂布に乗り換えた五原郡の人




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李粛

 

三国志にはたくさんの武将たちが出てきますが、その中でもちょっとややこしいのが同名の別人がいること。今回ご紹介する李粛(りしゅく
)
は、なんと中国史に同じ名前が四人も出てくる人物です。

 

李粛

 

特に三国志で李粛と言えば「呉の人かな?」と一番に想像されるかもしれませんが、今回の李粛は董卓(とうたく)に仕えて、呂布(りょふ)に仕えた方の李粛。こちらの李粛をご紹介したいと思います。




李粛は呂布とはおさななじみ(過大解釈)だよ!

正史三国志_書類

 

さてまずは正史の方の李粛からご紹介していきましょう。

 

方天画戟を持つ呂布

 

李粛は董卓に仕えていた人物で五原郡(ごげんぐん)出身であり、呂布とは同郷になる人物です。この「誰誰と同郷」は三国志にとってとても重要なフラグの一つですが、李粛はこの呂布と同郷ということで董卓からあることを頼まれます。

 

勉強が嫌いで武を極める丁原(ていげん)

 

当時、董卓は丁原(ていげん
)
と不仲でした。しかしその配下である呂布は中々剛の者、できれば引き抜きたい……ということでその任務に抜擢されたのが李粛です。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

同郷のよしみかもしかして結構仲が良かったのか、李粛は呂布の引き抜き、そして丁原の殺害を呂布にやらせることに成功しました。言わば最初の呂布の裏切りのキーマンと言えるでしょう。




そうして二度目

君主論 董卓

 

しかし呂布と董卓もその内に不仲に。この際に李粛もまた、董卓に不満を抱いていたようです。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

そうして秘密裏に動き始めたのが王允らによる董卓暗殺計画。この計画に呂布と李粛は乗っかり、馬車に乗っていた董卓を急襲。李粛が刺し、二太刀目は呂布によって行われ、董卓の最期を迎えました。

 

呂布に暗殺される董卓

 

何と呂布の二回目の裏切りにもこの李粛が絡んでいたんですね!

 

李粛、その最期

成廉、魏越、呂布

 

その後は呂布に仕えた李粛。ここまで運命を共にして来たのだから、その最期まできっと傍にいるのだろう……二人の友情は永遠……ということはなく、李粛はあっさりと192年に退場します。

 

牛輔

 

それには董卓の娘婿である牛輔(ぎゅうほ
)
との戦いが原因。董卓の娘婿、つまり縁者を活かしては置けないと派遣された李粛。ここまで呂布の裏切りにしか関わってこなかった彼がどの程度の能力を持っていたかは分かりませんが、何とここで敗北してしまいます。

 

呂布と袁術

 

そしてその負け戦の責任として呂布に処刑されてしまうのでした。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 戦う劉岱
  2. 蔡琰
  3. 孫権 劉備 対立
  4. 徐庶と出会う劉備
  5. 王異
  6. 成廉、魏越、呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP