李粛とはどんな人?董卓からお友だちの呂布に乗り換えた五原郡の人

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

李粛とはどんな人?(1P目)




三国志演義での李粛

三国志演義_書類

 

そんな呂布とおさななじみ(語弊)というプロフィール持ちで登場した割に、あっさりと歴史から退場してしまった李粛。三国志演義ではどうだったのかもご紹介させて頂きます。

 

赤兎馬を可愛がる董卓

 

三国志演義でも李粛は董卓配下に武将として登場、やはり呂布を取り込む役回りです。因みに呂布に赤兎馬(せきとば)を与えるように董卓に進言したのもこの李粛で、こう見ると呂布を取り込むのに何を渡すべきか理解しているような人物とも言えますね。




三国志演義ではちょっと活躍してる!

亡くなる孫堅

 

そして三国志演義での李粛のポイントは、武将としての活躍があること!その活躍の場は反董卓連合軍での戦い、ここで李粛は孫堅(そんけん)軍を打ち破ります!

 

袁術、孫堅(犬)

 

まぁ、これは孫堅に兵糧攻め(味方)をやった袁術(えんじゅつ)のサポートのおかげとも言えますが……こういった理由をちゃんと用意しているのは流石三国志演義、と言えますね。

 

孫堅

 

ともあれ正史では呂布の裏切りにしか関わっていない李粛、しっかりと活躍の場があるのはやはり正史がプロフィールに比べてあっさり退場するからの配慮でしょうか?が、その活躍は後の破滅フラグでしかなかったのです……。




董卓への不満から、呂布へ

王允

 

敵の(はずの)袁術のサポートがあったとは言え、孫堅を破った李粛。しかしその功績は董卓に評価されず、李粛は董卓に怨みを持っていました。それに目を付けたのが王允(おういん
)
、言葉巧みに呂布と共に董卓から二人を離反させ、李粛は董卓を宮中に連れ出す役目を担当、実行犯・呂布というタッグで董卓を暗殺します。

 

王允と呂布

 

三国志演義では貂蝉と言う存在もあり、王允の謀略の方が光ってしまっているのは少しばかり残念。そしてここからやはり李粛は転落していきます。

 

「末路」と呼ぶのにふさわしく

李カク(李傕)

 

その後、董卓残党との戦いが始まりますが、ここで李粛の相手をするのは李カク……牛輔どこいった?ご安心下さい、李カクと戦う李粛に牛輔は夜襲をかけ、これにより李粛は大負け。

 

呂布

 

そして正史と同じように呂布に処刑されることになりますが、正史では負け戦の責任という処刑ですが、こちら演義では負けたことに怒った呂布がそのまま切り殺す流れ……正に、「末路」というべき最期です。

 

成廉、魏越、呂布

 

思えば呂布と同じように主を裏切った、そして裏切りをさせた李粛。呂布を操縦しているようでまるで操れていなかった最期、そんな終わり方を感じさせますね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

李粛は目立たない武将ですが、それでも呂布と同郷、出会ってからは共に裏切りを経験する、などの関係があるのかと思いきや、最期は敗戦責任からあっさりと退場していきます。

 

そうした面から三国志演義ではかなり小人物として描かれています。しかしそんな李粛とのやり取りから、これからの呂布の転落に繋がっていくと思うと……やはり三国志演義は武将の「膨らませ方」が上手いなぁ、と思った次第でした。

 

参考文献:後漢書董卓伝

 

関連記事:李粛とはどんな人?優秀な人物を次々と推挙した人物評論家

関連記事:呂布って本当に強いの?正史を見ると意外な呂布の戦績

関連記事:呂布の死因は2つの説が存在した!?豪傑呂布の死因を考察

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




< 1

2

関連記事

  1. 袁紹と曹操
  2. 霊帝に本当の事をズバリと言う蓋勲
  3. 腐れ儒者気質な孔融
  4. 張魯
  5. 袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象
  6. 朝まで三国志の公孫瓚

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP