なぜ王平の性格は史実と矛盾しているのか?山に登らなかった漢の謎評価




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

馬謖の副将として配属される王平

 

今回は馬謖(ばしょく)と一緒に山に「登らなかった」人物として有名な王平(おうへい)についてお話しましょう。この王平という人物、晩年の蜀を支えたと言って良い人物であり、中々に面白い逸話を持つ人物でもあります。

 

晋蜀の産まれ 陳寿

 

そんな王平について、そしてその王平に対する陳寿(ちんじゅ
)
の評価に付いて、お話したいと思います。




魏から降ってきた武将・王平

酒を飲む曹操と劉備

 

王平が出てくるのは漢中(かんちゅう)攻略戦。劉備(りゅうび)曹操(そうそう)のある意味初めての全面対決が彼の初登場です。ですが王平は元から蜀の兵ではなく、魏の校尉(こうい
)
でした。蜀との戦いで降伏し、蜀の武将の一人として重用されていくことになるのです。




街亭(山登りではない)

馬謖

 

さてそんな彼が一躍有名になった戦いが街亭(がいてい)の戦い。ここで王平は馬謖(ばしょく)の副将として付けられます。しかし突如として馬謖が山に登ろうとしたことで対立。

 

敵に囲まれる馬謖

 

馬謖と王平は別々に陣を張ることにし、結果、馬謖は大敗。王平は殿(しんがり)となって(ちょうこう)コウの追撃を阻止、敗残兵をまとめて引き上げたことで諸葛亮(しょかつりょう)に高く評価されることとなりました。

 

【諸葛亮に愛された登山家・馬謖】
馬謖

 

忠義の士・王平

過労死する諸葛孔明

 

諸葛亮が亡くなった後は呉懿(ごい)の後任となって前監軍・鎮北(ちんほく
)
大将軍に昇進。

 

蒋琬と姜維と王平

 

元々は魏の人とは言え軍を任されるだけの人物となり、244年には曹爽(そうそう)らの10万の大軍相手に地理を活かした方法で戦うことで兵力差を覆し、撃退。

 

幕末 臨終のシーン 亡くなる(死)モブ

 

その後、248年に病死しました。彼は蜀の人々からも忠義の人であると高く評価されていたと言います。

 

王平の弱点?

王平は四龍将

 

降伏将でありながら重用され、その期待に応え、多くの人々に信頼された人物。さてそんな王平ですが、実は「性格が悪い」と書かれています。それも「偏狭」「疑り深い」「軽はずみにものを言う」と結構な評価!今回はこの欠点とも言われる性格についてちょっと考えてみました。

 

王平の「欠点:性格」

正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)

 

因みに「欠点:性格」と書かれる人は、多くの場合そこで失敗をしています。

 

「優柔不断で後継者を決められなかった」……というのも、そうですね。ただし王平伝などを見る限り、王平はその性格でどんな失敗をしたとは書かれてはおらず、どちらかというと功績の方が多く書かれています。

 

陳寿(晋)

 

むしろ王平伝を読んでいくと人格者にも感じてしまう王平、どうして陳寿(ちんじゅ)はこのようなまとめ方をしたのでしょうか?

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 劉備に褒められる趙雲
  2. 宋銭 お金と紙幣
  3. 土いじりをする劉備
  4. 三国志の主人公の劉備
  5. 蒋欽
  6. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP