キングダム雑学「桓騎の戦術をランチェスターの法則で読み解く」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

邯鄲包囲戦は、扈輒の本軍15万と右翼に振り向けられた趙軍9万の合計24万が、

いよいよ桓騎の本軍8万人に襲い掛かる形になりました。

兵力3倍という圧倒的に不利な状態で桓騎はどう戦うのか?

今回はランチェスターの法則を使って考えてみようと思います。




キングダム雑学 ランチェスターの法則とは?

水滸伝って何? 書類や本

 

ランチェスターの法則とは戦闘による人員減少を示す数理モデルにもとづく法則で、

1914年、「フレデリック・ランチェスター」が著作で発表して有名になりました。

その後、軍事戦略がビジネスモデルに応用され、日本では「ランチェスター経営戦略」と呼ばれています。

 

関連記事:衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

関連記事:諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介




キングダム雑学 桓騎軍はランチェスター1次法則ではどうなる?

桓騎

 

ランチェスターの法則は、一次法則と二次法則に分かれますが、この中で一次法則は、

大体力量が同程度の軍隊同士が衝突した場合の消耗の数理モデルを表します。

 

ただランチェスターの1次法則には以下の条件があります。

 

①どちらにも援軍が来ない

②戦場も障害物がない平地

③兵士が一対一で接近して戦う

④武器の性能に差がない

 

この条件を全てクリアした場合、ランチェスターの1次法則によれば

桓騎軍と扈輒&右翼軍の戦闘結果はこうなります。

 

A桓騎チーム80,000×10(武器)=800,000

B扈輒チーム240,000×10(武器)=2,400,000

800,000-2,400,000=1,600,000

 

このように、ランチェスターの1次法則に照らすと、あくまで武器の性能に差がなく、

近距離武器のみの場合ですが、扈輒軍は16万の兵力を残して勝利します。

 

関連記事:【飛信隊の弱点】組織としてどうよ?改善がない飛信隊にダメ出し

関連記事:キングダム586話YJ合併号スペシャル春秋戦国時代の数学って?

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム雑学「ビジネスマンはニヤリ!摩論のランチェスター法則」

 

実は、このランチェスターの1次法則を、桓騎軍の摩論は知っていました。

それは、キングダム676話で、「この程度の兵力差、いつでも跳ね返してきた」と

強気の発言をする雷土に対して、

 

「これまでは奇襲が通じる規模だったからで、今のような大軍では兵力の差が

そのまま勝敗に直結する」と反論していましたが、

 

これはそのまま、ランチェスターの1次法則の数理モデルを説明しているのです。

ランチェスターの法則はビジネスでも活用されますので、ビジネスマンの皆さんは

摩論の台詞を見て、ニヤリとしたかも知れませんね。

 

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

 

キングダム雑学「さらに激しい壊滅もあり得る」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

ただ、ランチェスターの1次法則は、接近戦で一対一という条件ですから扈輒軍が数を頼みに押してきて包囲戦に転じてしまうと、兵力差は3対1なので、さらに圧倒的に差がついて壊滅してしまう事になります。

 

現状は平地での激突であり、扈輒は大軍を活かして桓騎軍を包囲しようと考えるでしょう。

桓騎としては正面からぶつかっても危ないし、包囲されたら致命傷という危険な状態です。

 

関連記事:【秦が滅んだ理由】吸収された六国の人民が秦に馴染めなかった

関連記事:キングダム休載「李信の様子がオカシイ理由とは?」

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. キングダム52巻
  3. 君主論18 kawausoさん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP