キングダム休載「李信の様子がオカシイ理由とは?」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李信(キングダム)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。1月14日はヤングジャンプが合併号でキングダムも休載なので、今回も恒例の休載SPをやります。今回は最近、李信の様子がオカシイ理由について考えてみます。




キングダム休載SP「覇気が感じられない李信」

 

鄴攻めの功績により論功行賞で将軍になった李信。しかし、最近はどんなもんでしょう?

 

例えば羌礼がスタンドプレーばかりをしてチームの和を乱しても、李信は我関せずでした。以前なら、崇原(すうげん)が直訴する前に「てめえ!仲間の和を乱すな」と大声で怒鳴りつけ、逆に飛信隊の面々に止められていた事でしょう。

 

ましてや、面白半分で投降兵まで殺すような極悪な羌礼なら例え女でも容赦なくブン殴っていたに違いありません。黒羊丘編では、尾平が盗品を持っていただけで顔面にパンチを喰らわせ飛信隊を破門にした、あの暑苦しく厳しい李信はどこに行ったのでしょうか?

 

ここからは李信に起きた変化について、あれこれ推測してみます。




キングダム休載SP「臨死を経験した心境の変化」

飛信隊の信をボッコボコにする項燕

 

人の死生観を変える出来事と言えば、やはり臨死体験でしょう。九死に一生を得た人は人生観が大きく変化し、つまらない事で怒ったりしなくなり、他人に対して優しくなったりするそうです。

 

つまり李信もあの世に行きかけた事で、元々短気気味だった性格が治り、羌礼のスタンドプレーにも寛容になったという事かも知れません。スタンドプレーはいいとしても、趙の投降兵まで面白半分で殺したのは、ちょっとは怒った方がいいとは思いますが…

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム休載SP「羌瘣とフュージョンし性格が同化した」

飛信隊の信と羌瘣はラブラブ

 

李信は臨死状態の時に、羌瘣(きょうかい)招魂(しょうこん)の術により羌瘣の寿命を分け与える事で生還しました。そのせいで、李信に羌瘣の意識が流れ込んで、性格が羌瘣に近づいたのかも知れません。羌瘣は沈着冷静な性格なので、李信にもそれが伝染し表面上、沈着冷静な雰囲気になっているのでしょう。また、意識が羌瘣と繋がったせいで羌瘣への信頼が深まり羌礼については必ず、羌瘣が何とかしてくれると確信しているのかも知れません。

 

キングダム休載SP「将軍になり燃え尽きた」

 

李信は、天下の大将軍になるという夢を持っていましたが、鄴攻めの論功行賞で将軍に昇進しました。それにより、一時的に目標を見失いボーッとしているのかも知れません。また、王騎の仇であった李牧が邯鄲の政変で政治の中枢から外されている事もあり、色々な目標が消えてしまっている可能性もあります。

 

李牧

 

しかし、すでに李牧は司馬尚と組んで復権の可能性があり将軍についても、それに慣れるに従い、充実感が満ちてきて燃え尽き症候群を脱出できるでしょう。

 

関連記事:秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?

関連記事:キングダム「飛信隊の鄴攻めの組織図を具体的に紹介」

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 赤眉軍
  2. 李牧
  3. キングダム53巻
  4. キングダム 3巻

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • Ryu☆Gensoku
    • 2021年 1月 19日

    李信に覇気が感じられない?

    主に想像力があるなら「1万人の組織の長」になった自分自身の姿を想像することができるはずなので、想像力を旺盛に働かせてみてはどうでしょう?

    小さな組織の長であった頃の様に、怒りの感情に任せて直情的に思い付きで部下を怒鳴りつけたり、暴力で押さえつけたり、幼馴染みで互いに相手をよく知っている尾平と李信の間柄であればまだしも、初対面の人物に対して、そんな拙い行動ができますか?

    きっと主の想像以上に李真は成長を遂げているんだと思うよ!

    生まれて初めて背負うことになる1万人という巨大な組織を、仕組みも手順も分からない手探り状態で運営しつつ、常に成果を求められる。

    蒙恬や王賁には父親の代からの部下や知恵や相続される慣習があって、その部下達も馴染みやすいであろうが、孤児だった李信は見よう見まねで全てを一から作り出しながら、成果を出さなければならない。

    そんな李真の置かれている立場や彼を取り巻く環境や背景を脳内補完しつつ、物語りを読み進めるのも面白いと思うよ。

    • 諸葛匿名
    • 2021年 1月 18日

    李信の様子がオカシイ理由は何故か?
    それは李信が大将軍になる男だからですよww

    大将軍の大将軍たる所以は〝人材育成能力〟ですよw
    王騎将軍もヒョウコウ将軍も蒙ごう将軍も騰将軍も偉大な将軍たちは皆、人材育成能力に長けている。

    秦国軍部に於いて新参者でありながら実力でのし上がってきた飛信隊。飛信隊が桓騎軍等と同様な方法で暴力や略奪など人の欲望を煽って成果だけを求めてきた組織ではないことは愛読者たちがご承知の通り。

    作者が羌礼を飛信隊に加入させて活躍させてあげたいのであれば、先に羌礼に人間力を高める機会を与えてあげる必要がある。

    人殺しの技と剣技だけが取り柄で、他人との関係構築に難のある羌礼をこのまま飛信隊に加入させてしまっては隊の存続すら危うくさせ兼ねないであろうことは想像に難くない。

    そこで今、思い出されるのは、王騎将軍が童信〝わらべしん〟を崖下に蹴り落としたシーンである。崖下に落とされた若き李信はここで〝衆を率いる〟ことを学んだ。

    李信は戦略も戦術も兵站も理解してはいないようだが、衆を率いることができるようになった。

    また、李信が5千人将になった時に騰将軍は「5千人将は将軍までの繋ぎではない」と5千人将の重要性を李信に伝えた。李信は5千人将として朱海平原で衆のチカラを結集させ、隊ごと覚醒させることができるようになり、将軍という地位にまで辿り着くことができた。

    羌礼が飛信隊に残ることができるか?否か?は、彼女の精神面の成長次第であろうけれども、羌礼に成長する機会を与えることができるのが恐らく大将軍になる男、李信なんですよwww

    • AK爺
    • 2021年 1月 17日

    項燕にボコされる伏線でしょうな…

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 1月 16日

    原作者に問題があるかも?
    本来ならキングダムなのでセイの物語。
    信はそのパートナーのダブルキャストとして現場で
    頑張る人のはず。。(踊る捜査線のムロイがセイなら青島が信の役)
    セイは王宮内の最大のライバル呂不韋や母親が除去されてからは精彩に欠けているようで、信の将軍昇格裏話くらいしか出てきていない。歴史的事件は現場より王宮で色々起こっていてそちらへフォーカスされるべきをあえて主人公達からも歴史的事件からも関係しない原作者オリジナルな展開へ進んでいる気がします。(やっぱ映画化以来小島氏騒動に夜の大将軍が週刊誌ネタになり原作者が迷走しているのか?読者の飽きるのを恐れて銀魂作者のようなストーリー破綻の道へ進むのか?今が潮目かもしれません)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP