飛頭蛮とは?あの朱桓も怖かった?呉の武将たちに良く雇われた飛頭蛮




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

朱桓(しゅかん)

 

呉の国の数多い武将たちの中に、朱桓(しゅかん)と言う人物がいます。

 

短気が欠点の朱桓(しゅかん)

 

朱桓と言えば民や兵士たちに良く施して慕われた一方で、同僚と揉め事を起こして相手を殺そうとして逃げられた腹いせに副官をサツガイしてしまうなど、中々に苛烈な性格をした武将。

 

今回はそんな朱桓が出会った飛頭蛮(ひとうばん)の驚きとホラーな出来事をちょっとご紹介しましょう。

 




家政婦さんは飛んだ?

 

さてある日のこと。ある日、朱桓はとある碑女を雇いました。これはまあ家政婦のようなお仕事をする人とお思い下さい。しかしこの女性、とんでもない女性でした。というのも夜中になるとこの女性、頭と胴体が離れたのです!

 

それだけならちょっとした殺人事件で終わるかもしれませんが、なんとこの離れた頭はどこかに飛び去ってしまうというのです……コワイ!

 




おろおろ おろおろ

 

それを不思議に思ったある人物、夜に頭が飛び去った彼女の身体に寝間着をかけて上げました。なんで寝間着をかけたかと言うとどうやら体が冷たかったからのようです。

 

しかし戻ってきた(こわい)が、まるでおろおろしたように体の上を飛び回ります。その様はまるでもがき苦しむようで、どうやら寝間着をかけたせいで体に戻れずに死んでしまいそうになっていたのでした。慌てて寝間着を取り除くと頭はやっと体に戻れたそうです。

 

朱桓「正直コワイ」

 

さて、このような報告を何度も受けた朱桓。流石に彼女を不気味に思ったのでしょうか?

 

家族にこの事は口外しないように言いつけてから、彼女に暇を出したと言います。この家政婦の女性は、落頭民(らくとうみん)、もしくは飛頭蛮と呼ばれる妖怪の一種であるとされています。この飛頭蛮の伝説は中国のみならず各地にあり、多くは女性の形をしているのが特徴です。

 

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

関連記事:朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官

 

捜神記

封神伝(書類)

 

この飛頭蛮と朱桓の話が載っているのが、捜神記(そうじんき)になります。飛頭蛮と朱桓がどこをどう繋がって話になったのかは分かりませんが、もう一つ、この呉において「捜神記」に出てくる人物を思い出さないでしょうか。

 

ヒント1:仙人

ヒント2:民衆に慕われている

ヒント3:孫策(そんさく)

 

于吉

 

そろそろお分かりでしょう。そう、三国志演義では孫策の死のある種、原因ともなった仙人、于吉(うきつ)仙人もこの捜神記に乗っているのです。

 

関連記事:于吉仙人は実在したの?謎と諸説がたっぷりな仙人・于吉

関連記事:太平道の創始者・于吉の死の謎に迫る!謎は全て解けた?

関連記事:【于吉と左慈】孫策と曹操を困らせた仙人様をご紹介

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. パワハラをする張飛
  2. 于禁、曹操、青州兵
  3. 七星剣
  4. 劉邦
  5. 劉備の黒歴史
  6. 出世した韓遂

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP