三国志後期が熱い!三国志最後の煌めき、文鴦を刮目せよ!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

正史三国志_書類

 

三国志の終わりは、皆さんはどこで感じ始めますか?

父・関羽とともに亡くなる関平

 

個人的に三国志演義で話すとするなら、筆者は関羽(かんう)の死から、じわじわと感じ始めます。

 

文鴦(ぶんごう)

 

英雄たちの時代が終わる……三国志が終わる……終わってしまう……そんな喪失感を感じる中で、突如現れ輝くは流星の如し。それこそが文鴦(ぶんおう)です。今回はこの文鴦についてちょっとお話しましょう。

 




司馬師との戦い

文欽

 

文鴦の父、文欽(ぶんきん)は魏の名将、諸葛亮(しょかつりょう)の北伐を何度も防いだ名将、名将(くどい)の曹真(そうしん)将軍の息子、曹爽の部下でした。

 

毌丘倹と共に反乱を起こす文欽

 

曹爽(そうそう)司馬懿(しばい)によって殺されたことで、カン丘倹(きゅうけん)と文欽は反乱を起こします。

 

逃亡する兵士 三国志ver

 

この戦に参加した文鴦は当時18歳でしたが、夜討ちの挟撃を司馬師(しばし)の軍にかけることを提案。しかしこれが失敗して退却する際に、司馬師の追撃を僅か10騎余りで蹴散らしました。

 

関連記事:毌丘倹とはどんな人?異民族討伐ジュニア司馬師の術数の前に倒れる

関連記事:ダメ親父文欽が司馬師に勝てるチャンスを逃していた?

 




呉への亡命を決意する文鴦親子

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

文鴦は善戦したものの、父である文欽は敗北。弟も含む親子三人はそのまま呉に亡命します。

 

目玉が飛び出て亡くなる司馬師

 

因みにこの文鴦の活躍にびっくりした司馬師が目の下のこぶから眼球が飛び出して死んだ、とかこっちがびっくりエピソードがあります。

 

諸葛誕

 

ともあれ呉に亡命した後、諸葛誕(しょかつたん)が反乱を起こします。この救援として親子たちは寿春に向かいました。

 

関連記事:蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?

関連記事:魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

 

 

父の殺害、魏への投降

諸葛誕と仲違いを起こし殺害される文欽

 

しかしここで文欽と諸葛誕が不仲、幾人もの魏への投降者が出てしまい、追い込まれます。兵糧不足の対策に文欽は兵士を一部場外に出そうと提案しましたが、これを文欽の寝返りと思った諸葛誕によって文欽は殺されてしまいました。

 

鄧禹と兵士

 

このため、文鴦と弟、文虎(ぶんこ)は今度は魏に投降。一部からは処刑しろと声が上がるも司馬昭(しばしょう)は彼らを迎え入れ、兵を与えます。

 

「文欽の子である私が殺されないのだ」

 

文鴦の呼びかけによって動揺した諸葛誕は決戦を決意するも、討ち死。ここに諸葛誕の反乱は終わりました。

 

関連記事:司馬昭と劉禅の宴会のシーン、賈充の言葉を噛みしめてみる

関連記事:司馬昭が晋王になれたのは賈充の2つの活躍のおかげ

 

 

群雄割拠時代の終わり

天下に名を轟かせる文鴦(ぶんごう)

 

こうして父の亡骸を受け取り、埋葬まで済ませた文鴦。魏の将軍として爵位まで与えられ、その勇名を轟かせるようになりました。しかし時代は晋へと動きます。

 

悩む司馬炎

 

司馬炎(しばえん)に疎まれた文鴦、時代は流れて彼は八王(はちおう)の乱の前に諸葛誕の外孫に三族皆殺しにされます。こうして文鴦はその生涯を終えるとことなりました。

 

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

関連記事:司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

 

【中国史上最も醜い争い】
八王の乱

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP