文聘は魏の水軍提督?関羽を破ったみごとな水軍指揮の手腕を紹介




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

文聘(騎馬兵)

 

文聘(ぶんぺい)は、元々荊州の劉表に仕えていた部将です。そのイメージと言えば三国志演義における猛将かも知れません。しかし、文聘はどうやら水軍提督であったようなのです。

 




劉表に仕えて後、曹操に降伏

後継者を決めた劉表

 

文聘は字を仲業(ちゅうぎょう)と言い、南陽宛(なんよう・えん)の出身です。劉表の大将となり、曹操に備えていましたが、劉表が死んで後継者の劉琮(りゅうそう)が侵攻してきた曹操に降伏すると、やや遅れて曹操に降伏しました。

 

 

ここで曹操がからかい半分に「随分(ずいぶん)と遅いではないか?」と尋ねると、荊州を防衛できず、劉琮と劉表に申し訳が立たず曹操に合わせる顔もないので降伏が遅れたと涙ながらに答えたので返って曹操の信任を得ています。

 

関連記事:劉備が「一国一城の主」になれた理由を考察!

関連記事:劉表や劉璋が天下を取れなかったのは無能だからではなかった!

 




関羽も孫権も破る文聘

青龍偃月刀を持つ関羽

 

文聘は、曹操が漢水を渡航した時点で降伏したと史書に出ています。曹操は文聘に江夏郡の守備を任せ、その後に起きた樊城の戦いでは関羽の補給部隊を漢津で攻め荊城(けいじょう)襄陽(じょうよう)江陵(こうりょう))で船を焼き払ったと記録されます。

 

関羽に降伏する于禁

 

樊城攻めで、関羽は降伏した于禁の兵力数万を食わせる為に補給で苦労していますから時期の前後は不明ですが、補給面で関羽に手痛いダメージを与えたのは間違いなさそうです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

また、文聘は楽進と共に尋口(じんこう)で関羽を討ったという記述も出てきますし、曹丕が即位した後、夏侯尚(かこうしょう)と組んで江陵を囲み夏口に駐屯したという記述も出てきます。

痛い目にあう孫権

 

西暦226年、曹丕の死後、それに乗じて攻め上って来た孫権の大軍5万に対しては、文聘は石陽に籠城して粘り強く耐え、二十日余りで孫権が包囲を解いて退却するとこれを追撃して撃ち破りました。主要な戦いを見ると文聘は負けなしであり、単純に武力が高いというだけではない、指揮や統率力の高さを感じます。

 

関連記事:孫権はどうして関羽の首を塩漬けにして曹操に送ったの?

関連記事:孫権は張昭の屋敷を放火した?放火に至った公孫淵事件を考察

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

文聘の戦場は漢水・江水の近く

 

さて、文聘が活躍した地域を地図で調べてみると、漢水(かんすい)漢津(かんしん)夏口(かこう)尋口(じんこう)と、全て江水、あるいは漢水の流れに面している場所ばかりである事に気が付きます。

イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船

 

そして、関羽の船を焼いたという記述を見ると文聘は魏の水軍を率いて活躍した水軍提督だったのではないかと思えるのです。その割には船の記述が出てきませんが、江水や漢水は長江に比較して川幅も狭いので、大きな戦闘にならなかったせいかも知れません。

 

三国時代の船 楼船

 

しかし、水軍を自在に操り、北上してくる孫権や関羽を破ったというのは文聘の水戦に対するスキルの高さをうかがわせます。

 

関連記事:関羽の死は徐晃の暴走が招いた?曹操が考えた本来の計画とは

関連記事:関羽は劉備の配下ではなかった?荊州独立説を考察

 

江夏太守というポイント

黄祖

 

文聘が任命された江夏というのは、長年、孫呉と対立してきた黄祖が基盤にした土地です。江夏は漢水と江水が交わる場所であり、当然のごとく水軍が発展しました。

 

三国時代の船 蒙衝

 

西暦199年に黄祖は、孫策と事を構えた劉勲の援軍要請に応じて水軍5000と息子の黄射(こうしゃ)を派遣していて、江夏を守るのには水軍が指揮できないと仕方がない事が分かります。文聘は江夏を数十年も統治し、ある程度安定して治めたとされている事から、しっかりと水軍を使いこなせる名提督だったと考えられるのです。

 

関連記事:黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人

関連記事:孫策は仇を討てたのか?黄祖と孫家のバトルを考察

 

文聘の凄さとは?

文聘

 

三国志の時代の水軍は、当然、大砲のような火力装備もありませんし、船が鉄で出来ているわけでもありません。

 

後世のように艦砲射撃で内陸に大ダメージを与えられるわけでもないので、名前が残るとすれば、水軍同士で派手にぶつかった時だけです。赤壁の戦いは、厳密に言えば水戦ではありませんが魏と呉の船団が衝突したので、扱いが派手になっているわけです。

 

しかし、それ以外の船の役割は物資や兵員を乗せて移動するだけの地味な活動しかないので、文聘の場合には水戦に恵まれなかった分、名提督の側面が見えづらいと考えられます。

 

それでも、江夏を統治して何十年、あの関羽や孫権も退けている事を考えると、文聘が巧みに水軍を駆使して自軍が有利になるように采配を振るった事は間違いないでしょう。

 

関連記事:三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?

関連記事:三国志の水軍代表格・江東の水軍、荊州の水軍はどんな評価をされていたの?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 玉璽に興奮する袁術
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 裴松之(歴史作家)
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 剣を持って戦う徐庶
  6. キレる劉備になだめる黄権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP