呂興の乱で蜀と呉が軍事衝突、その結末はどちらが勝利したのか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

司馬昭の質問に回答する劉禅

 

西暦263年蜀は、鄧艾(とうがい)によって滅亡し劉禅(りゅうぜん)と重臣たちは洛陽に召喚されました。しかし、蜀の旧臣はそのまま同地に残され、今度は晋の武将として未だに独立を継続している呉と干戈を交える事になります。

 

三国志のモブ 反乱

 

そして、元は同盟関係だった蜀と呉が本格的に衝突したのが呂興(りょこう)の乱でした。はたして最終的に勝利したのは呉?それとも蜀の旧臣だったのでしょうか?

 




呂興の乱

洛陽城

 

呂興(りょこう)の乱を起こした呂興は交阯(こうし)太守孫諝(そんしょ)のもとで郡吏(ぐんり)を務めていました。呉の永安5年(西暦262年)呉帝孫休(そんきゅう)鄧荀(とうじゅん)を交阯に派遣し、孔雀と大猪を調達するように命じ、鄧荀は太守に孔雀3千羽を秣陵に送るように命じます。

 

しかし、この孫諝は貪欲で暴虐な性格で、これまでも現地民に無理難題を押し付けていて、現地では不満が暴発寸前になっていました。

 

最後まで戦い抜く張悌(ちょうてい)兵士モブ

 

翌年5月、呂興は、このチャンスに乗じて兵士や民衆を扇動し、異民族も誘い込んで反乱を起こし孫諝・鄧荀を殺害します。この呂興の乱は、隣の九真郡(きゅうしんぐん)日南郡(にちなんぐん)にまで拡大しました。孫休の政治は、言うほど辺境の民衆には優しくなかった模様です。

 

関連記事:激動の時代を生きた三代目皇帝・孫休は名君か?それとも暗君?

関連記事:孫休は死後どうして孫皓を呉の皇帝に選んだの?

 




呂興は霍弋に降るが部下に殺害される

 

その頃、呉は魏の蜀漢侵攻の対応に追われ、呂興の反乱に兵を差し向ける事が出来ず、呂興はその隙を突いて都尉の唐譜(とうふ)を魏の南中郡に派遣。南中都督の霍弋(かくよく)に魏への服属を申し出ます。霍弋は元々、蜀の将軍であり今は魏に降っていたのです。

 

霍弋は応じて洛陽にその旨を上表し、魏の咸熙(かんき)元年(264年)9月辛、魏は呂興を南中大将軍・定安県侯に封じます。しかし、詔勅(しょうちょく)が到着しないうちに呂興は功曹の李統(りとう)に殺されました。

 

関連記事:司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

関連記事:司馬炎の息子は一体何人いたの??

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

 

交州を平定する旧蜀臣

進軍する兵士b(モブ用)

 

霍弋は反乱を支援するために、牙門将楊稷(ようしょく)馬融(ばゆう)毛炅(もうけい)董元(とうげん)を交州に出撃させます。

 

牙門将軍楊稷は、霍弋の計略に従い、毛炅、董元、孟幹、王素等と共に水陸二路から進軍して交州を平定。呉の派遣した大都督修則(しゅうそく)・交州刺史劉俊(りゅうしゅん)を三度破り古城において斬首しました。

 

逃亡する兵士 三国志ver

 

その後も、楊稷等は数度にわたり交州諸郡に攻め込み完全平定に成功します。指揮官になった楊稷は毛炅を鬱林太守、董元を九真太守、董元の死後は王素を九真太守にするよう魏に上奏しました。

 

敗北した呉は、リベンジとして虞汜(ぐし)を監軍、薛珝(せつく)を威南将軍大都督、陶璜(とうこう)蒼梧(そうご)太守に任じて、楊稷に立ち向かわせ、分水で戦闘となりますが、楊稷は陶璜を破り配下の将軍二人を討ちました。

 

やがて副官の馬融(ばゆう)が亡くなると楊稷は、交阯太守となり綏遠将軍を加えられています。半ば、晋と呉の代理戦争ですが蜀滅亡後の遺臣は高い戦闘力を示し新しい主司馬炎に報いたのです。

 

関連記事:【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?

関連記事:司馬炎は滅呉するまでに時間がかかった理由は?呉は手強かった?

 

陶璜の遠征軍10万に勝てず籠城

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

271年春、南中督の霍弋が亡くなります。すると孫晧(そんこう)は大都督薛珝・交州刺史陶璜率いる10万の大軍を交阯に派遣しました。呉はすでに混乱から抜け出していて大軍を出す事が可能だったのでしょう。楊稷は毛炅と孟岳らに防衛させますが、封渓において戦闘になり多勢に無勢で敗北します。

 

楊稷らはわずかな兵とともに交阯に戻り城を固めました。かつて霍弋は楊稷等に

「賊軍に包囲されて百日未満で降伏した者は家族を処刑する。

百日以上して援軍が到着しなかったならば私が罪を引き受けよう」と語っていました。

 

これは魏の降伏ルールであり、霍弋もそれを受け入れていたのでしょう。

三国志 剣閣のお城

 

しかし、交州城内は百日経たずして兵糧が底をつき楊稷は降伏を申し出ます。ところが陶璜は降伏を許さず兵糧を与えてまで城を守らせました。

 

関連記事:謀反人の鄧艾はなぜ名誉回復できたの?晋の皇帝・司馬炎と段灼による裏話

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

 

百日ルールを尊重した陶璜

 

諸将がこれを不審に思うと陶璜は

「霍弋はすでに死んでいて楊稷らを救援できない。だからまず期日を満たし、それから降伏を受け入れれば彼らは罪にならず義を立てられる。こうすれば内向きには百姓への教育になり、外向きには隣国を懐柔することになる」と語りました。

 

こうして百日が経過して食糧が底を突き、援軍も到着しなかったので楊稷等は陶璜に改めて降伏しました。万が一の場合に備えて百日ルールを守らせておくとは、陶璜もなかなかの名将です。

 

関連記事:孫晧は北伐に失敗していた?【隠された真実】

関連記事:孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

 

楊稷の最期

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

建業に護送される途中、楊稷は合浦(ごうほ)で発病して血を吐いて死去しました。その為、首だけが建業に送られ体は海へ捨てられたそうです。司馬炎は楊稷を交州刺史に任命していたが籠城中のため印綬を届けられず楊稷の死を知ると交州刺史を追贈しました。

 

関連記事:孫晧の死体損壊癖は本当だった?

関連記事:毌丘倹とはどんな人?異民族討伐ジュニア司馬師の術数の前に倒れる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

蜀の滅亡というと劉禅の呆気(あっけ)ない降伏や、姜維の到らなさが頭に浮かびますが、蜀には、霍弋や楊稷のような名将が残っていて、蜀の滅亡後は曹魏、晋の武将として対呉戦線で活躍していました。

 

蜀の人材は小粒な印象ですが、上の命令をよく守り、最大限努力するので司馬炎も高く評価し、蜀の遺臣も積極的に登用するようになったのではないか?と個人的に思いました。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

関連記事:関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集

 

北伐の真実に迫る

北伐

 




関連記事

  1. 張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 孫策に攻撃される黄祖
  5. 三国志大学で勉強する劉備
  6. 苛ついている曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP