文聘は魏の水軍提督?関羽を破ったみごとな水軍指揮の手腕を紹介




どうして赤壁には出ていないのか?

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

そんな水軍提督の文聘ですが、赤壁の戦いには参加している様子がありません。これは、曹操が、降伏して日が浅い文聘を警戒して、赤壁の任務につけなかったのか?

 

 

赤壁の戦い

 

もしくは、近年の研究で言われているように、赤壁での魏軍の敗北は疫病による自主的な撤退であり、自ら船団に火をつけて退却したので、文聘の活躍の場は最初からなかったのか?具体的には分かりません。

 

関連記事:4671名に聞きました!赤壁の戦いの最大の功労者は誰?の集計発表!

関連記事:【視聴コメント】孫権が赤壁の戦い後に亡くなったら呉はどうなっていた?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は文聘が水軍提督だったという話を紹介しました。同じ水軍提督でも、周瑜のような派手な勝利には恵まれなかったので、文聘が水軍提督だった事はあまり記憶に残りません。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

三国志演義でも、黄蓋(こうがい)の降伏の真偽を確かめようとして矢で射られて水に落ちたり、徐盛(じょせい)の偽城の計で退却した曹丕を背負って逃げるなど、水軍提督のイメージは薄いですが、実は、ちゃんとした水軍の名提督だったのですね。

 

参考文献:正史三国志 文聘伝

 

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 三国志の計略07 曹操
  2. 曹操の墓
  3. 関羽に無視される孫権
  4. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  5. 甘寧に殺されかける料理人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP