大人になっても嘘つきだった曹操【ミニコラム】


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

若い頃の袁紹と曹操は仲が良い

 

曹操は子供時代から嘘つきとして有名でしたが、大人になっても堂々と嘘をついていました。

 

曹操

 

西暦217年、孫権が都尉の徐詳を派遣して降伏を願った時の事、曹操は徐詳に「私の一生の望みは長江を渡り孫将軍と姑蘇を観光し長州の苑で狩猟を楽しむ事です。それだけで私の望みは満たされます」と言いました。

 

しかし、徐詳は信じず疑いを挟むと「君は私が嘘をついていると言うのかね?」と笑ったそうです。これは、太平御覧に見られる逸話だそうです。色々あり、呉の降伏は受け入れられ、夷陵の戦いの頃まで継続されます。

 

kawausoさん

 

ま、曹操の話は嘘だと思いますけどね。

 

関連記事:4474名に聞きました!曹操が一番優れている点は?

関連記事:曹操が作ったお酒『九醞春酒』の作り方は?曹操とお酒の深い関係とレシピ公開

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

曹操孟徳

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-曹操
-