趙括はどんな人?長平虐殺の原因を作った無能なバカ将軍だった?




白起の大虐殺の原因を作る

白起(春秋戦国時代)

 

総大将が戦死した事で、生き残った趙兵が戦う理由もなくなり続々と降伏しますが、生き残った趙兵は、秦兵を上回る膨大な数でした。

 

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

遠征軍で兵糧が乏しい白起は、莫大な兵数の趙兵を養う事が難しく、だからと言って解放すれば、すぐに舞い戻って攻めてくる可能性があるので考えた末に全員を穴埋めして殺してしまったのです。結局、趙括は無理な追撃で多数の兵士を秦の捕虜にする原因を生み出し、趙奢や母が危惧した通り趙に破滅をもたらしたのでした。

 

関連記事:【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは

関連記事:キングダム642話ネタバレ予想vol4「城の陥落数ランキングベスト12」

 




キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

趙括は街亭(がいてい)で大敗した蜀の馬謖(ばしょく)と共に机上の空論をもてあそび現実に疎い、典型的学歴バカとして慣用句に用いられる程になったようです。

 

しかし、そんな学歴バカでも使わなければ害はないのであり、藺相如や趙括の母からあれだけ起用を反対されても趙括を用いた趙の孝成王がキング・オブ・バカでしょうね。でもこの話、日本でも似たような事が現在進行形で起きている気がして笑えません。

 

関連記事:史実の馬謖はどんな評価されていたの?南蛮戦は全て彼の功績だった?

関連記事:キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 不老不死を求める始皇帝
  3. 病に倒れる始皇帝
  4. 廉頗
  5. 王翦
  6. 羌瘣

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ひで
    • 2021年 11月 23日

    言葉遣いが汚すぎる




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP