広告

「水滸伝」梁山泊の頭領、宋江は主人公っぽくない?人気の理由を考察

2021年12月18日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宋江(水滸伝)

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の主人公格は劉備(りゅうび)、では水滸伝(すいこでん)は、というと間違いなく宋江(そうこう)です。しかしこの宋江、どうにもちょっと主人公っぽくない?

 

宋江(水滸伝)

 

人徳はあります!カリスマあります!ファンも各地で応援してくれてます!二階席の人も見えてるよー!

「でも宋江ってそもそも何であんなに慕われてるの?主人公補正?」

 

宋江の夢(水滸伝の主人公)

 

いやいやそうでもないんですよ!ってことで、宋江兄貴についてちょっとお話よろしいでしょうか?

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



梁山泊の席次は第一位・宋江

水滸伝の宋江

 

宋江は梁山泊の席次は第一位。前世は天魁星(てんかいせい)で、呼保義(こほうぎ)と呼ばれています。容貌的にはあんまりそうよろしくない宋江なのですが、元々義に厚い人物でした。このため貧しい者たちには自らの家財を傾け援助していました。

 

義心溢れる行動から「及時雨(きゅうじう)」、恵みの雨とも呼ばれましたが、本人は謙遜して「保義と呼んで下さい」と言っていたので呼保義と呼ばれるようになったのです。因みに保義とは身分の低い役人の事です。

 

関連記事:張飛と性格ソックリ!水滸伝の豪傑・黒旋風、李逵と宋江の出会いとは?

関連記事:宋江はどんな最期を迎えたの?水滸伝の主人公・宋江の死に方

 

 

 

三国志演義で言えば劉備?

李逵と宋江(水滸伝)

 

そんな宋江、色んな人々に評判が高く、色々な所で慕われていました。なので出会う人出会う人が「貴方があの宋江殿ですか!」となるのです。そうしてどんなピンチに陥っても数々の優秀な人々が宋江のために働いて、助けてくれるのです。

 

法正と劉備

 

このカリスマ性の高さ、人徳面に優れていることから三国志演義の劉備(りゅうび)が良く引き合いに出されますね。

 

関連記事:宋江はクズでサイコパスだった?水滸伝の主人公は最強の偽善者だったの?

関連記事:史実の宋江はどんな人だった?水滸伝の主人公・宋江は2人存在していた?

 

溢れるカリスマの理由?

梁山泊(水滸伝)

 

どうしてそこまで宋江が慕われるのか、にまず前述したように人柄が良いことが理由にあります。梁山泊(りょうざんぱく)入りする前の宋江は小役人ではありましたが、当時の役人と言えば不正が当たり前、賄賂は当然という状態。それにも関わらず、宋江は自ら貧しい者たちを助けるような人物です。

 

 

慈愛と義心に溢れた人物であることは間違いなく、評判が良いのも納得でしょう。

 

関連記事:宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

 

天魁星の生まれ変わり

リーダーになった宋江は水滸伝の主人公

 

同時にもう一つ、理由としてあり得るのが「天魁星」です。この天魁星の「魁」とはさきがけ、他者よりも先に行くことであり、首魁、つまり集団のトップを意味します。正に星の生まれ変わりの中でもトップの生まれ変わりなのですね。

 

そう考えると、宋江は他人には「この人について行けばどうにかしてくれる」という安心感を与えていて、星の生まれ変わり達からすると「俺たちの頭だ!」という意識を感じさせる存在であったのかもしれません。(それを主人公補正と言われるとどうしようもないですが……)

 

関連記事:髭・顔は張飛と一緒?『水滸伝』の豪傑・林冲のモデルは張飛だった?

関連記事:『水滸伝』の誰が好き?晃が独断と偏見で選ぶキャラクターを考察

 

天魁星の行動

水滸伝の主人公・ 宋江

 

ここで思い出して欲しいのが、基本的に宋江は人の良い人です。その割にやることが、その結果がえげつないことになったりもします。こういう面もあるので宋江二面性説も一部では有名かどうかは知りませんが、例とすると朱仝の梁山泊入りの一件とかは、目を覆いたくなるような悲劇が為されていますね。

 

ただしそれは、宋江を前にすると許されます。それは何故か?星の生まれ変わり達にすれば、天魁星という星の生まれ変わりを前にすれば、それは最早「天命」となるのです。

 

関連記事:梁山泊とはどんな所?水滸伝の初代首領の王倫とは誰!?

関連記事:【水滸伝の時代背景】徽宗朝の混乱の原因となった新法党・旧法党の争いとは何?

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-,