夏侯惇ってどんな人?正史と演義では人柄が違う?

2022年3月25日


 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



小説では粗暴なイメージ

猛将のイメージが強い夏侯惇

 

これまで記してきたように、正史「三国志」では人に好かれ、穏やかなイメージな夏侯惇ですが、小説「三国志演義」になるとちょっと違ってきます。夏侯惇は劉備(りゅうび)が正義な「三国志演義」にとっては悪役になりますので「粗暴」なイメージが強調されています。

 

代表的なのは左目を失う場面です。夏侯惇は射貫かれた目を「これは父の精、母の血、捨ててなるものか!」と豪快にも食べてしまい、正史のように隻眼を嫌がる感じもありません。

 

五関六将破りを行う関羽

 

また、「関羽千里行(かんうせんりこう)」において関羽を執拗に追いかけたり、諸葛亮(しょかつりょう)の罠にハマってしまうなどあまり周辺のことを考えないようなキャラがつけられています。その死に際も、曹操を見舞った際に曹操が殺した者たちの霊を見てしまい、驚いて死んでしまうという、無能そうな最後になっています。

 

関連記事:天下分け目の「赤壁の戦い」で「夏侯惇」は活躍したのか?

関連記事:夏侯惇の逸話は豪快だけじゃない?隻眼将軍の逸話を探る!

 

関羽

 

 

 

人柄がよろしくない夏侯惇の息子たち

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

夏侯惇は優れた人柄で知られていますが、その息子たちはお世辞にも褒められた者ではありませんでした。長男の「夏侯充(かこうじゅう)」は業績が伝わっていませんが、先述した「夏侯楙」は金儲けが好きで女遊びも好きという困った人でした。

 

権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙

 

その弟たちも「令に欠く」行動が多かったらしく、夏侯楙に叱責されるほどでした。弟たちはこれを恨み、女遊びで仲が悪かった夏侯楙の妻と共謀し、偽の罪をでっち上げて夏侯楙を陥れようとしています。

 

関連記事:夏侯惇と夏侯淵ってどんな逸話があるの?

関連記事:夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは?

 

三国志ライフ

 

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

夏侯惇の人柄は優れたもので、曹操に愛されるのもわかりますね。ただ、自身の学問には熱心な夏侯惇でしたが、息子たちの教育には手が回らなかったようなのが残念ですね。

 

関連記事:夏侯惇の功績は戦よりも内政の方が大きい!?

関連記事:樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

 

夏侯惇

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-夏侯惇
-