天下分け目の「赤壁の戦い」で「夏侯惇」は活躍したのか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と夏侯惇

 

夏侯惇(かこうとん)」は曹操(そうそう)の親戚で、彼に付き従い数多くの戦で功績を上げたことで知られています。

 

曹操に立ち向かう劉備と孫権

 

その曹操と劉備(りゅうび)孫権(そんけん)連合軍が戦った「赤壁(せきへき)の戦い」は、まさに「天下分け目」の戦いといった所だったのですが、「夏侯惇」はその戦いで活躍したのでしょうか?

 

赤壁の戦い

 

今回の記事では夏侯惇の生涯と「赤壁」での動きについて探ってみましょう。

 




「夏侯惇」とはどんな人?

夏侯惇

 

夏侯惇は曹操の「いとこ」と言われ、彼の挙兵から付き従った武将です。若いころは師匠を侮辱した男を殺すなど、気性の荒さで知られますが、その武勇は曹操に信頼され、多くの戦いに従軍しました。

 

目玉を食べる夏侯惇

 

呂布(りょふ)との戦いの際に、流れ矢に目を射抜かれ、それ以後は独眼となります。これにより、同族の「夏侯淵(かこえん)」と区別するため、夏侯惇は「盲夏候(もうかこう)」と言われますが、夏候惇はこれを嫌がり、鏡を見るたびに叩き割っていたそうです。

 

武勇だけでなく、内政にも力を発揮し、灌漑(かんがい)事業などを行っています。曹操亡きあとは大将軍に任命されますが、曹操が亡くなった数か月後に後を追うように亡くなっています。

 

関連記事:【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?

関連記事:夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 




 

「赤壁の戦い」とは?

劉備と同盟を組む孫権

 

「赤壁の戦い」は西暦208年に劉備、孫権連合軍と曹操軍の間で行われた戦いです。袁紹(えんしょう)を破り、河北地方を制圧し、後漢王朝もコントロールできる地位に就いた曹操は天下統一をめざし、南下を開始します。曹操の大軍に孫権陣営は恐れをなしますが、周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)らは、徹底抗戦を主張します。

 

魯粛

 

魯粛は劉備と同盟して曹操と戦う事を主張し、劉備陣営の諸葛亮(しょかつりょう)も孫権に「曹操軍は疲弊し、荊州(けいしゅう)の兵も心から従ってはおらず、また、水軍も弱い」と説得をします。

 

これらの意見に対し、孫権は曹操と戦う事を決意します。そして「赤壁の戦い」では曹操軍に疫病が流行し、また、船を焼かれるなどし、曹操軍は大敗したのでした。

 

関連記事:実は有能だった!?魯粛の天下二分の計と墓の場所を考察

関連記事:魯粛は本当にお人好しか?実は豪胆な魯粛の魅力を語りたい

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 

夏候惇は「赤壁の戦い」ではどのような動きをしたのか?

魏志(魏書)_書類

 

赤壁の戦い当時の夏侯惇はバリバリ将軍として活躍していたころで、前年には功績が評価され、加増されたりもしています。しかし、正史「三国志」の「夏侯惇伝」では「赤壁の戦い」についての記述は無く、207年の加増の記事の後は216年の孫権討伐の記事になり、その間の業績がわかりません。

 

これは推測ですが、夏侯惇は赤壁には従軍したものの、水軍は苦手で活躍が出来なかったか、そもそも従軍しておらず、後方の守りについていた可能性もありますね。

 

関連記事:郭嘉が生きていれば赤壁の敗北は無かった?曹操に信頼された乱世の穎才とは?

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

それでは小説「三国志演義」では?

三国志演義_書類

 

小説の「三国志演義(さんごくしえんぎ)」での夏侯惇は、関羽(かんう)と一騎打ちをしたり、矢を射ぬかれたときは目を食べてしまうなど、豪快な武将として描かれています。「三国志演義」では「赤壁の戦い」は前半のクライマックスと言っていい場面ですが、そこでも夏候惇は目立った記述はなく、印象には残りません。

 

関連記事:曹操が赤壁で敗北したのは必然だった?現代アメリカの理論で見た曹操軍の弱点とは

関連記事:七星壇も出てこない?かなり創作色が強い赤壁の戦い

 

【北方謙三 三国志を刮目せよ】
北方謙三三国志

 

 

ちょっとだけ出てくる「横山光輝三国志」

同年小録(書物・書類)

 

横山光輝(よこやまみつてる)先生の漫画「三国志」は多くの人を三国志ファンにした傑作ですが、「赤壁の戦い」は見せ場の一つとなっています。ここでも「夏侯惇」(この作品ではかこう“じゅん”)は赤壁の戦では登場しません。しかし、赤壁で曹操が敗れたのち、体制を立て直すために軍議を開きます。

 

そこで曹操は夏侯惇に「夏侯惇、おぬしには襄陽城(じょうようじょう)を任せた」というセリフがあります。

 

関連記事:夏侯惇将軍の正しい名前の読み方は、かこうとん?かこうじゅん?どっち?

関連記事:夏侯惇の空白の10年を深読み

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ】
ながら三国志

 

 

映画「レッドクリフ」では似た感じの人が出てる!

 

 

2009年の映画「レッドクリフ」はジョンウー監督の「赤壁の戦い」を描いた超大作です。この映画には「夏侯惇」は出てきませんが「夏侯雋(かこうしゅん)」という人物が登場します。公式によると彼は「夏侯惇」と「夏侯淵」を合わせたようなオリジナルキャラクターだとか。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

夏侯雋は趙雲(ちょううん)の名前を曹操に伝えたり、赤壁の場面では風が吹くまでの時間稼ぎをした「小喬(しょうきょう)」の命を付け狙うなど、そこそこの登場場面があります。ただ、赤壁の戦いにおいて船から趙雲に突き落とされるという悲しい最期を迎えてしまいます。

 

関連記事:夏侯惇の外見ってどんなイメージ?理想の夏侯惇像をちょっと描いてみる

関連記事:スキャンダルにまみれた夏侯惇の息子・夏侯楙の嘘と真実

 

【仁に惹かれた蜀のスター・趙雲】
趙雲

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

「赤壁の戦い」ではどうやら夏侯惇の活躍は見られないようですね。戦に参加していないとしても、夏侯惇は曹操の古参武将ですから、ここまでの大敗は初めてだったのではないでしょうか?

 

戦いの後の夏侯惇の業績の少なさを見ても、もしかしたら何らかのショックを受けていたのかもしれませんね。

 

関連記事:夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは?

関連記事:夏侯惇の功績は戦よりも内政の方が大きい!?

 

【武勇に優れた曹操の腹心・夏侯惇】
夏侯惇

 

 




 

関連記事

  1. 夏侯惇
  2. 鏡を見ると怒って割っていた夏侯惇
  3. 夏侯惇
  4. 実は文官タイプだった夏侯惇
  5. 夏侯惇に見出され曹操に仕えた韓浩
  6. 猛将のイメージが強い夏侯惇

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2022年 1月 15日

    夏侯惇は荀彧と同様に漢臣だから記録が途切れ途切れになるのは仕方がないと割り切るしかない。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP