官渡の戦いはなぜ起きた?曹操 vs 袁紹の大決戦を考察

2022年7月23日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹に追い詰められる曹操

 

官渡(かんと)の戦い」と言えば「三国志(さんごくし)」前半のハイライトで、曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)の一大決戦ということで知られていますね。この戦いの結果、曹操は天下取りレースの先頭に立ったわけですが、そもそもなぜ「官渡の戦い」は起きたのでしょうか。

 

袁紹と曹操

 

今回の記事ではそんな「官渡の戦い」がなぜ起きたか、そしてその結果についても調べてみましょう。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



曹操、献帝を擁し勢力を拡大する

献帝を保護する曹操

 

曹操は長年対立していた呂布(りょふ)を倒し、後漢(こうかん)の「献帝(けんてい)」を自分の元に迎え入れることに成功しました。このことで曹操は群雄の中で一歩抜きんでることになるのですが、そんな曹操にも懸念がありました。

 

袁紹

 

河北(かほく)では名門出身の「袁紹」がいまだ大きな力を持っていたのです。都中心は曹操が抑えているとはいえ、北方に巨大な敵を抱えていることは曹操にとって懸念材料でした。

 

こちらもCHECK

袁紹
もし袁紹が曹操よりも先に献帝を保護していたらどうなっていたか?袁紹の亡霊と一緒に考えてみましょう!

続きを見る

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

曹操暗殺計画と劉備

暗殺計画自慢の董承

 

思うがままに政治を操る曹操に対し、密かに献帝は曹操暗殺計画を練りました。

 

董承、曹操

 

しかし計画は漏れ、参加者は粛清されたのですが、この計画に参加していた劉備(りゅうび)は曹操の命で袁術討伐に出陣していたため難を逃れました。

 

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

曹操は劉備に怒り、討伐軍を出そうとします。しかし、多くの家臣は「袁紹は軍を南下させている、背後を突かれるのが心配だ」と主張し、出陣を止めました。

 

袁紹を説得しようとする沮授

 

曹操はこの意見に対し、「劉備は優秀だ。放っておくと将来我々を脅かすかもしれない。しかし、袁紹は優柔不断で決断力がない、心配ないだろう。」と予想しました。

 

こちらもCHECK

曹操を暗殺しようとする董承
やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

続きを見る

 

一騎打ち

 

 

袁紹、好機をのがす

袁紹を説得しようとする田豊

 

曹操は劉備討伐に出陣し、曹操の本拠地「許都(きょと)」は手薄になりました。これを察知した袁紹の参謀「田豊(でんほう)」は「今すぐ許都を奇襲すべし。」と進言しました。

 

しかし袁紹は子供の病気を理由にこれを拒否、田豊は唖然とし、怒りのあまり杖を地面に叩きつけたと言います。

 

こちらもCHECK

袁紹を説得しようとする田豊
白馬の戦い前から分かれていた曹操と袁紹の明暗!その原因とも思える田豊と逢紀の人柄

続きを見る

 

官渡の戦い特集

 

 

関羽捕まり、決戦せまる

曹操から逃げ続ける劉備

 

曹操は劉備討伐に乗り出し、劉備は城を捨てて逃走しました。袁紹が背後をつくことを期待していたのかもしれません。

 

関羽が大好きすぎる曹操

 

この時城には関羽(かんう)と劉備の妻子が残され、彼らは曹操軍に捕まってしまいました。憂いを絶った曹操は「官渡」に進出し、袁紹を狙います。

 

袁紹に告げ口をする逢紀

 

袁紹はこの地で曹操に一気に決着をつけようとしますが、田豊は「曹操は戦術に優れ、侮るのは危険です。一気に決戦するのは避け、持久戦に持ち込みましょう。」と進言しますが、袁紹は苦言を呈されたのが気に入らなかったのか、逆に田豊を牢にぶち込んでしまいました。

 

こちらもCHECK

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽
関羽が魏に仕えてたら曹操は死んでいた?関羽は魏で飼い殺される?

続きを見る

 

関羽

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-袁紹
-, ,