実は魯粛も言っていました「You、皇帝になりなYO!」

2022年8月18日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

実は魯粛も言っていました

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



魯粛の凱旋と出迎え

呉の孫権は皇帝

 

孫権は喜んで凱旋(がいせん)した魯粛を出迎えました。この時に孫権は

 

「私が鞍を手にして馬を下りて出迎えれば、貴方の功績を十分に表彰したことになるだろうか」と尋ねると、魯粛はこう返しました。

 

「いいえ、それは不十分です。貴方様が天下を統一し、皇帝となって、御車の中から私を出迎えてくれて初めて、私は十分に表彰されたことになるのです」

 

孫権はこの言葉に、手を叩いて大笑いしたと言います。

 

こちらもCHECK

魯粛
魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた

続きを見る

 

呉の武将

 

 

劉備「ええー」

土いじりをする劉備

 

さて天子、皇帝の車というものがありまして。幼い劉備にはこんな逸話があります。皇帝の車には桑の木が使われているのですが、劉備少年の家の前にもこの桑の木が生えていました。

 

これを見た劉備少年「大きくなったらこの木を使った車に乗るんだ!」と言って、なんてとんでもないこという!と叔父さんに叱られたというエピソードがあります。

 

これから考えると魯粛の言葉はより直接的で、えらい不敬なエピソードだと思うのですが……不思議なことに、魯粛の豪快さを伝えるようなエピソードで終わっているのは面白いですね。

 

こちらもCHECK

劉備玄徳が眩しい理由 三国志
【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?

続きを見る

 

新解釈・三國志

 

 

魯粛の晩年

劉備と孫権

 

さて、その後は劉備との関係が悪化したり、周瑜の後事を託されたり、呂蒙(りょもう)くん勉強頑張ったねとか言ったり、関羽(かんう)を威圧したり、中々に活躍する魯粛ですが、217年、46歳で没します。

 

孫策が亡くなり呉を継ぐ若き孫権

 

そして更にそれから12年、孫権は皇帝となりました。孫権は皇帝の椅子を前に、言いました。「魯粛はいつも皇帝になれと言っていた。彼はこうなることが分かっていたのだ」と。

 

こちらもCHECK

呉の国境を守る魯淑
実は有能だった!?魯粛の天下二分の計と墓の場所を考察

続きを見る

 

合肥の戦い

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

さて、漢王室がまだ健在な中で、皇帝を名乗るなどとんでもないこと。そんな時代にも関わらず、魯粛は良く孫権に「皇帝」という言葉を用いていました。

 

魯粛 天下二分の計

 

ちょっとすると不敬罪で同行なりそうな中で、魯粛は孫権に気に入られ、また孫呉のために尽くした人物であったと評価されています。その点においては、本人が名乗るか家臣がそういうかの違いもあるでしょうが、何とも面白い所ですね。

 

魯粛、孫権、孔明

 

個人的に、魯粛がもう少し生きていたら、晩年の呉はどうなったかなー?とたまに想像します。(かつ)ての赤壁を乗り越えた人物が、樊城(はんじょう)夷陵(いりょう)をどうこなすか、ぜひ見てみたいですね。

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

どぼぼぼーん。

 

参考文献:呉書魯粛伝

 

こちらもCHECK

袁術を励ます魯粛
魯粛は本当にお人好しか?実は豪胆な魯粛の魅力を語りたい

続きを見る

 

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-魯粛
-