この畜生野郎!未亡人樊氏を趙雲に勧めてブン殴られた趙範が気の毒すぎない?

2022年8月20日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

未亡人樊氏を趙雲に勧めてブン殴られた

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



バイオレンス趙雲が趙範をケルナグール

男気溢れる趙雲

 

趙雲との縁を感じた趙範は、宴会の席に美人の兄嫁、樊氏を呼んで趙雲と会わせます。これに対する返答はおおむね正史と同じなのですが、ここで趙雲は激怒。

 

「兄嫁を宴会の席に呼び、別の男に進めるなど畜生めが!」

 

趙範は趙雲にボコボコにされ、そのまま帰宅。趙範からすれば善意でやったのにこの顛末。怒った趙範は趙雲を暗殺しようとするもやっぱり失敗、桂陽城は趙雲によって陥落させられることになりました。

 

こちらもCHECK

袁術君10 リーダーシップの高め方を学ぶ02 袁隗
張範はどんな人?美談が多いけど内容がスカスカで弟とセットにされた人物

続きを見る

 

三国志と異民族

 

 

趙雲は立派だね!あ、俺は真似しないよby劉備

 

そして劉備の前に引き出された趙範は、涙ながらに事の顛末を説明。よく考えたら善意でやってる分、悪行しか描かれてない韓玄よりだいぶ良い扱いですね。

 

表情 劉備

 

話を聞いた劉備が趙雲に樊氏との仲人をやろうか?と持ち掛けるものの、やはり趙雲が断るのは正史と同じです。趙雲の高潔さを引き立てるエピソードとなっています。因みにこの後、劉備は家臣たちの説得で同族の未亡人、呉夫人(ごふじん)と結婚するのですが……うーん。

 

kawa註

オンライン授業の講師を務めるkawauso編集長

 

趙雲が趙範の兄の未亡人との縁談を断ったのは同姓不婚(どうせいふこん)の原則によるものです。

同姓不婚とは、同じ姓の家から嫁は取らないという意味で、同じ姓から嫁を取ると妻が妊娠しにくくなると信じられ

一族が絶える事をなにより恐れる中国社会では20世紀に入るまで守られました。

厳密に言うと趙範の兄に嫁いだ樊氏は、樊姓なので趙姓の趙雲とは同族ではありませんが、時間差で趙範の兄と同じ妻を共有する形になるのを嫌ったという事でしょう。

劉備も後年、呉懿の妹で劉焉(りゅうえん)の子の劉瑁(りゅうぼう)に嫁いで未亡人になった呉夫人を勧められて同姓不婚から躊躇しますが

法正がやってきて、「晋の文公は秦の援軍を得るために甥に嫁いでから離別した秦の公女と再婚しました。

あちらは伯父が甥の妻を嫁にしたわけですが、それでも批難されませんでした。ましてや同族とはいえ、顔も見た事がない劉瑁など、大した問題ではありません」と説得したので呉夫人を娶ったという事です。

 

また、当時は女性が身寄りを失うと生きていくのが大変だったので社会保障の面からも再婚は何の障害にもなりませんでした。

だから演義で樊氏が「高名な趙雲将軍の妻になりたい」と言っても亡き夫を忘れたのかと批難される事はありません。

 

こちらもCHECK

じゃじゃ馬な孫尚香
孫権は孫尚香と劉備の結婚にあまり関心がなかったってホント?

続きを見る

 

蜀のマイナー武将列伝

 

 

京劇では樊氏と結婚する趙雲

京劇コスチューム趙雲

 

さてここまで樊氏の印象がただ美人なことしか残りませんが、京劇では面白い結末が存在します。なんと京劇では樊氏は、自ら武器を取り戦う美女にして武人。物語の筋は大方同じですが、趙雲と武器を合わせる内にお互いに恋に落ち、諸葛亮(しょかつりょう)と劉備の薦めもあって結婚。

 

五虎大将軍の趙雲

 

これはこれで面白いオチです。もしかしたら趙雲もしっかりと家庭を持って欲しい……という、民衆の願いだったのかもしれませんね。

 

こちらもCHECK

京劇コスチューム趙雲
京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知られる京劇

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

前述したように劉備も後の穆皇后(ぼくこうごう)とは再婚ですし、再婚であっても上手くいく、という人々の思いが込められているような気がします。一応、趙雲には子供がいたので、妻自体は娶ったようですが、誰でどんな人なのかははっきりしません。そういう意味では、脚色しやすい、とも言えるでしょうか。

 

もちろんただ一人の武人として戦場を駆け続けた趙雲もカッコいいですが、一家の大黒柱となった趙雲もそれはそれでカッコ良さそうですね!

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

どぼーん!

 

参考文献:蜀書趙雲伝 趙雲別伝

 

こちらもCHECK

五重塔(仏塔)仏教
世界最古の会社は日本にある!創業1442年の金剛組とは?

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-趙雲
-, ,