人助けをしただけでお尋ね者に?水滸伝、花和尚・魯智深のお話(前編)

2022年6月30日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魯智深

 

今回は水滸伝(すいこでん)の中から、花和尚こと魯智深(ろちしん)のお話をしたいと思います。花和尚という名前から分かるようにお坊さんで、性格は荒っぽいものの義に厚く、それでいてお酒が大好き!

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)に嗜んでいるとこの「お酒好き」な人はそれが原因で厄介ごとを起こす、と想像は付くかと……。ただ魯智深の紹介、かなり長くなってしまったので前後編に分けて、その数奇な生涯をゆったりと紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

108人で13番目の魯智深

梁山泊(水滸伝)

 

さて魯智深は後々梁山泊(りょうざんぱく)に加わり、席次は第十三位となります。その星は天孤星、あだなは花和尚です。

 

「「花」と付く名前なのだから容貌がいいのかしら?」

「線が細い、美男子なお坊様なのかも!」

 

と、思われるかもしれませんが(思わないかもしれません)、この「花」は魯智深の身体に花の刺青がされていたことに起因します。

 

史進(水滸伝)

 

また途中で出家したため、和尚、を組み合わせて「花和尚」と呼ばれるようになったのです。

関連記事:水滸伝のラストが納得いかなくても仕方がない?その驚きの理由とは?

関連記事:水滸伝はどうして70回で終わりではないのか?100回の果てに何が見えるのか?

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

 

役人だった魯達は九紋龍史進に出会う

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

魯智深は後々出家しますが、最初はお役人をしていました。この頃は魯智深ではなく、魯達(ろたつ)、という名前だったのですが……ある日、後の梁山泊の仲間の一人、史進(ししん)と出会います。

 

星の生まれ変わり達の運命か、はたまたただ二人の気性が合ったのか、史進のお師匠さんである李忠も誘って酒盛りパーティをやっていると、涙を流している父娘に出会いました。

 

関連記事:【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった

関連記事:水滸伝と何ぞや?水滸伝のあらすじ(かなりざっくり化編)

 

西遊記

 

 

肉屋に酷い目に遭わされた父娘に出会う

史進(水滸伝)

 

ここで出会うのが金翠蓮(きんすいれん)親子です。話を聞いてみると金翠蓮、とある肉屋の男性のお妾さんになりました。

 

しかし本妻に疎まれて追い出されてしまいます。まぁここまでならそこそこありそうですが、何と追い出される際に妾になった時に払った金を返すように、と言われるのですが、そもそもそんなお金は貰ってないのです。

宋銭 お金と紙幣

 

しかし二人にはどうしようもなく、金翠蓮が歌い手としてお金を稼ぎながら必死に払っていると言うではないですか。如何にも詐欺な内容、これには魯達らも同情してしまいます。

 

余談ですが金翠蓮、当初こそ不幸なものの最終的にはハッピーエンドになる水滸伝では数少ない、幸福になる善良な女性です。

 

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末

 

歴史ヒストリア

 

 

肉屋にクレームをつけ金父娘が逃げる時を稼ぐ

肉屋

 

ここで魯達たちは親子のために金を出し合い、二人を逃がして上げることにしました。

 

困っている人のためにお金を出して上げるなんて優しいですね!

出し渋りとかしてませんよ!信じて下さい!

 

魯智深(水滸伝)

 

しかし親子が逃亡するとなると、諸悪の根源である肉屋が黙っていないでしょう。そこで魯達は自ら肉屋に乗り込んで、注文をします。ここで細かくうるさい注文を付けて、親子が逃げる時間稼ぎをしようというのです。

 

関連記事:燕青ってどんな人?徽宗がモチーフとなった水滸伝の豪傑!?

関連記事:張飛と性格ソックリ!水滸伝の豪傑・黒旋風、李逵と宋江の出会いとは?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 

 

魯達が3発殴ると肉屋があの世に…

魯智深(水滸伝)

 

まぁですが現代でも想定以上に口うるさい注文を付けてくるお客様、しかも自分は別件で忙しいというのに……更に言うなら時代も時代、相手は悪役、と来ると当然の反応なのかは分かりませんが、お肉屋さん、お怒りMaxです。

 

武器はこっちにあるんだぞ!とばかりに包丁を振り回して魯達に襲い掛かかります。しかし相手が悪かった、魯達はこれに素手で応戦。なんと三発で相手をノックアウト……どころか、殺してしまったのでした。

 

関連記事:水滸伝に登場する四大悪人(四姦)をざっくりと分かりやすく紹介

関連記事:「水滸伝」梁山泊の頭領、宋江は主人公っぽくない?人気の理由を考察

 

三国志とりかへばや物語

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-,