孟達の不人気は蜀・魏で短期しか働いてないせい?せめて魏蜀に10年ずついれば評価は変わった?

2022年9月7日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

孟達が不人気な理由

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



有能だが魏と蜀で嫌われ列伝されず

蜀志(蜀書)_書類

 

さてこの孟達蜀書(しょくしょ)には当然のように伝はありません。蜀の立て役者とも言って良い存在ですが、まあ劉備の怨みを買っていた、というところ。更に言うと劉備から離反して魏に行ってしまった人物、と言う点で蜀書には伝は立てられないでしょう。

 

魏志(魏書)_書類

 

しかし魏書にも伝はありません。最終的に魏で謀反しようとした、そういう人物であるとするならば、魏書にも書くべきではない、と判断されたのかもしれませんね。では主君を裏切り続けたからアウトなのか?というとそうではないでしょう。

 

こちらもCHECK

孟達
孟達の裏切りからココまで分かる!蜀の土地事情

続きを見る

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

 

主君を替えたのは全然OKだが終わりが悪かった

法正

 

主君をころころ変える、そういう人物は当時として良くあることでした。そもそもとして友人の法正だってそうです。もうちょっと言うなら魏には()ク先生という人物がいるので、当時から珍しいものではなかったと思われます。

 

ただ孟達は蜀も、魏も、結局裏切って、誅殺されます。遡ると面倒なことに蜀の立て役者の一人です。しかし関羽を見捨てた……とも言えない、人物。そう、評価がし辛い。もっと言うと最期がグダグダ!

 

ここで綺麗に魏を裏切って蜀に戻るか、もしくはあくまで魏に仕える道を選べればいいのに、そのどっちも取らない!

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

そういう面が嫌われた……といよりも「こいつ面倒だな……」と陳寿(ちんじゅ)先生に思われたのではないか、と思ってしまいますね。

 

こちらもCHECK

孟達を討伐する司馬懿
孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察

続きを見る

 

転職活動に役立つ特集記事三国志と転職

 

 

数年でコロコロ職場を替えるのが問題かも

正史三国志_書類

 

前述したように、孟達は伝が立てられていません。彼の記録は正史において、散文しています。このため追いかけるのが難しいだけでなく、その行動についても深くは触れられてはいません。これは歴史書であるため当然とは言えるのですが、どうにも「ふらふらしている」ような印象を受けてしまいます。

 

孟達と劉備

 

蜀の立て役者とは言え、劉備に深く信頼された感じもなく。曹丕に寵愛されていたとはいえ、やたら「いずれ裏切る」とばかり言われ。更にはまた裏切ると思わせて司馬懿に速攻対処で斬られてしまう。

 

蜀にも魏にも、深く根付いていない。それ故に伝が立てられていない……裏切りよりも、そちらの印象を強く受ける、そんな印象が孟達には在りますね。

 

こちらもCHECK

考える諸葛亮孔明
諸葛亮は天下三分の計を諦めた?荊州の関羽を見殺しにしたのはなぜ?

続きを見る

 

ながら三国志

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

これが三国志演義(さんごくしえんぎ)になると関羽を裏切ったというか、見殺しにした部分のイメージが強く、その印象が強くてこっちはこっちで印象が良くないんですよね孟達さん。

 

孟達に恋文を送る曹丕

 

どうにも印象が良くない、深くない上に良くない、そんなイメージが付いてしまっています。記録されている手紙を見ると弁が立つ、いや何か鼻に付くみたいな印象でこれはこれで面白いのですが。

 

下手をすると「曹丕と肉料理について喋った人」……みたいな印象ばかり残るのではないかな、なんて少し心配になった筆者でした。

 

センさんのとぷんver2

 

ちゃぷり。

 

参考文献:蜀書劉封伝 費詩伝 魏書明帝紀

 

こちらもCHECK

大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
蜀漢滅亡後の益州で水軍を建造した王濬と計画時点で頓挫した蜀漢の蔣琬、二人の明と暗を分けたものとは?

続きを見る

 

【社運をかけた挑戦 三国志マンガ始動】
はじめての三国志Youtube漫画

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-