宦官

  1. 曹騰

    曹騰とはどんな人?曹操の祖父にして皇帝となった宦官

    宦官(かんがん)でありながら養子を取ることを許され、追号によって皇帝となった曹操(そ…

  2. 張譲 宦官

    実は三国志時代を生んだ存在?宦官の正体

    宦官(かんがん)、三国志、特に三国志演義ではいきなり十常侍(じゅうじょうじ)という存在として出てくる…

  3. 宦官たち 

    穆順とはどんな人?呂布に単騎で迎え撃ち戦死するもタマが消えた理由

    三国志演義にはたくさんの架空武将たちが出てきます。今回はその中から実は二人出てくる、つまり同名の別人がい…

  4. 病気になった兵士

    宮刑とは?罪人か成功者か?二つの顔を持つ刑罰

    宮刑(きゅうけい)とは男性のシンボルを切除してしまう刑罰の事です。&…

  5. 黄皓

    黄皓の最期を振り返る!本当に蜀を滅亡に追い込んだのか?

    三国志、三国志演義両方でとてつもない悪漢(あっかん)とされる存在、黄皓(こう こう)。彼は卑(い…

  6. 荀彧

    闇に葬られた?後漢書の執筆者 范曄が隠した荀彧と董卓、宦官の関係

    人の生涯には隠し事が多くあります。読者の皆様も家族に言えないことは、山のようにあるはずです。それは歴史上…

  7. 宦官を一掃することを決意する何進

    霊帝の外戚である何進と騫碩の対立について解説

    中平6年(189年)後漢(25年~220年)第12第皇帝霊帝(れいてい)はこの世を去りました。その後、外…

  8. 蔣琬(しょうえん)

    136話:蔣琬、姜維を引き立て北伐を託す

    五丈原で諸葛亮(しょかつりょう)が死去した時、司馬懿(しばい)は宿敵の死に一抹(いちまつ)の寂(さび)し…

  9. 張譲(宦官)

    宦官にヨメがいたって本当?かなり当たり前だった結婚

    宦官(かんがん)とは三国志に出てくる去勢されて皇帝に仕えている使用人です。そんな使用人の宦官です…

  10. 宦官

    宦官はどんな生活をしていたの?

    三国志の時代、皇帝の近くには必ず宦官と呼ばれる人々が侍っていました。…

  11. 宦官VS外威 三国志

    宦官の始まりは古代中国史ではどの時代からはじまったの?

    どの三国志小説にも必ず出てくる「宦官(かんがん)」と呼ばれる名称…

  12. 蹇碩(けんせき)

    蹇碩とはどんな人?袁紹や何進をも統率した宦官

    後漢(ごかん)という乱世に移りつつある時代。朝廷内では宦官(かんがん…

  13. 孔融と禰衡

    党錮の禁とは何?刑罰なの?それとも皇帝の命令なの?分かりやすく解説

    「禁」の字があるくらいだから、刑罰か何らかの行為を禁止しているこ…

PAGE TOP