編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操が遺言で見せた女性への愛情

この記事の所要時間: 114

曹操死んでもヨメを・・・

 

西暦220年、三国志の風雲児、曹操(そうそう)は65年の生涯を閉じます。

 

そこに至って曹操は遺言書を残しているのですが、それは、天下の3分の2を

支配した絶対権力者とも思えないような、簡単で現実的なものでした。

 

 

曹操の遺言書の内容

三国志 裏事情 闇

 

 

「天下は、まだ定まったとは言えないから、葬儀に長い時間を掛けるな

葬儀が済んだら、直ちに、文官は、持ち場に戻り、武官は鎧を着て矛を持ち、

敵に備える事を怠ってはならぬ。

副葬品として金銀を入れるような事はするな、死に装束も普段着でよい」

 

いかにも合理主義者らしい曹操の遺言ですが、

一方で、曹操は、自分の死後に残される13名の夫人達にも、

実に事細かく、指示を出しています。

 

曹操の夫人達にも指示を出す

13人の妻達(曹操)

「葬儀が済んで残った香は、夫人たちに分け与えておきなさい。
それから余の側室のなかには職がないもの達がいるだろうから

職人を手配してやって、組み紐の飾りをつけた下駄の作り方を習わせ、

それを売って生計を立てるように指導しなさい」

 

曹操の夫人は13名もいましたが、曹操の子供を産んでいない夫人は

最悪、宮殿を追い出される可能性もありました。

 

もちろん、夫人達の面倒を見るように曹操は、後継者の曹丕(そうひ)にも

厳しく言っている筈ですが、それを履行するかしないかは、

後を継いだ、曹丕次第という所もあります。

 

曹操は予め曹丕対策をしていた

三国志 人材 劉邦

 

そうでなくても曹丕は曹操とはソリが合わない所があり、

曹操は内心では、曹植(そうしょく)を後継者にしようと思っていた位でした。

 

そこで最悪、曹丕が曹操の夫人達を外へ放り出した時に、

夫人達が路頭に迷う事がないように飾り紐がついた下駄の造り方を

職人に習わせて手に職をつけさせようと曹操は思いついたのです。

 

 

曹操は愛妻家だった

曹操は女性の敵なの?もじのみ

 

自分がいよいよ、最期を迎えようと言う時に、残される夫人の事を

細かく考えていた曹操は、当時としてはかなりの愛妻家だと

言えるのではないでしょうか?

 

三国志演義では、兎角、冷酷非情な側面が強調されがちな曹操ですが、

それは、自分のライバルになりそうな者達に対してであって、

自分が愛情を注いだ夫人達に対しては、最期まで優しい夫だったのです。
ただの未亡人好きのスケベ親父ではなかったんですね。

いえーい、惚れちゃうぜ曹操!!

 

 

こちらの記事もよく読まれています

土 s

 

よく読まれてる記事:そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?

環夫人

 

よく読まれてる記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

 

曹操 詩

 

よく読まれてる記事:曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  2. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  3. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  4. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  5. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  6. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの…
  7. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  8. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  2. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  3. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄
  4. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  5. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  6. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

おすすめ記事

  1. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  2. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  3. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  4. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!
  5. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  6. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  7. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  8. もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP