日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

この記事の所要時間: 251




苦肉の策(笑)

 

『苦肉の策(くにくのさく)』という言葉は、

日本では一般的には「苦しまぎれ(の方策)」という意味で用いられることが多いですが、これは間違って広まったものです。

 

本来の意味は、中国の兵法書『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』に見ることができます。




 『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』はいつ出来たの?

借屍還魂 名前をかたる

 

兵法三十六計』は17世紀=清代の初めに成立したものと言われています。

 

『孫子(そんし)』を始めとする、いわゆる『武経七書』と呼ばれる兵法書と比べ、その作りには粗雑な面があり、

兵法とは呼べないような記述もあることから、その評価は決して高いとはいえません。

 

しかし、その内容は古い時代のさまざまな故事や教訓があふれており、民間を中心に広く流通したとされています。

 

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西




 兵法三十六計の戦術を紹介

三国志 戦場

『兵法三十六計』は戦に用いる戦術を

 

・勝戦計(自軍が戦いの主導権を握っている時の戦法)

・敵戦計(戦力的に余裕がある時の戦法)

・攻戦計(敵軍が強固な時に有効な戦法)

・混戦計(敵戦力が自軍を上回る時の戦法)

・併戦計(同盟国に対し自軍が優位に立つ方策)

・敗戦計(自軍が配色濃厚な場合に用いる奇策)

 

の六種類に大別し、更にそれぞれの戦術に該当する策を6つずつ、その具体例を5世紀頃までの歴史上の出来事を上げて紹介。

6計×6策で、『三十六計』というわけです。

 

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

苦肉の策は「敗戦計」の一策

三国志 歴史 老いには勝てず

 

『苦肉の策』は「敗戦計」の一策、『三十六計』中の三十四計『苦肉計』として紹介されている策です。

 

人間には、『人は自分で自分を害するようなことはしない』と考え、もし誰かが害を受けていれば、それは他人に害されたものだと思う傾向があります。

 

この心理を利用し、本来は自分の味方である人物や勢力が裏切ったように相手に見せかけ、罠にはめることを『苦肉計』と呼びます。

 

三国志演義でも苦肉計が使われていた

黄蓋 奮闘

 

この『苦肉計』の事例として同書に紹介されているのが、

三国志演義』に描かれた赤壁の戦いにおける、呉の黄蓋(こうがい)周瑜(しゅうゆ)魏の曹操(そうそう)の艦隊を焼き討ちする際に用いた作戦です。

 

呉軍を圧倒する魏の艦隊に対し、有効な策を打てないでいる周瑜を黄蓋が批判、これを咎めた周瑜は兵士たちの面前で黄蓋を鞭打ちの計に処します。

この事実はスパイによって曹操に伝えられ、その後、投降を申し出てきた黄蓋を曹操は受け入れてしまいます。

 

しかし、黄蓋の投降は偽装でした。

彼は魏軍の艦隊に内側から火を放つことに成功し、魏軍は壊滅、曹操は撤退を余儀なくされました。

 

余談になりますが、『兵法三十六計』の名は「三十六計逃げるに如かず」という故事で知られていますが、これは三国志よりも後の時代、五世紀頃の宋に仕えた将軍、檀道済(だんどうせい)の「三十六策、走るが是れ上計なり」という言葉が元になっています。

 

しかし『兵法三十六計』が成立したのは、檀道済が生きた時代よりもずっと後の事で、『兵法三十六計』そのものとは無関係であるとされています。

 

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

 

耳で聞いて覚える三國志





よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  2. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…
  3. 曹操には弱点はないの?
  4. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  5. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  6. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  7. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  8. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】
  2. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  3. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  4. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  5. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  6. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実! 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

おすすめ記事

  1. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?
  2. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  3. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  4. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  5. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  8. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP