編集長日記
李傕祭り




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

この記事の所要時間: 251




苦肉の策(笑)

 

『苦肉の策(くにくのさく)』という言葉は、

日本では一般的には「苦しまぎれ(の方策)」という意味で用いられることが多いですが、これは間違って広まったものです。

 

本来の意味は、中国の兵法書『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』に見ることができます。




 『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』はいつ出来たの?

借屍還魂 名前をかたる

 

兵法三十六計』は17世紀=清代の初めに成立したものと言われています。

 

『孫子(そんし)』を始めとする、いわゆる『武経七書』と呼ばれる兵法書と比べ、その作りには粗雑な面があり、

兵法とは呼べないような記述もあることから、その評価は決して高いとはいえません。

 

しかし、その内容は古い時代のさまざまな故事や教訓があふれており、民間を中心に広く流通したとされています。

 

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西




 兵法三十六計の戦術を紹介

三国志 戦場

『兵法三十六計』は戦に用いる戦術を

 

・勝戦計(自軍が戦いの主導権を握っている時の戦法)

・敵戦計(戦力的に余裕がある時の戦法)

・攻戦計(敵軍が強固な時に有効な戦法)

・混戦計(敵戦力が自軍を上回る時の戦法)

・併戦計(同盟国に対し自軍が優位に立つ方策)

・敗戦計(自軍が配色濃厚な場合に用いる奇策)

 

の六種類に大別し、更にそれぞれの戦術に該当する策を6つずつ、その具体例を5世紀頃までの歴史上の出来事を上げて紹介。

6計×6策で、『三十六計』というわけです。

 

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

苦肉の策は「敗戦計」の一策

三国志 歴史 老いには勝てず

 

『苦肉の策』は「敗戦計」の一策、『三十六計』中の三十四計『苦肉計』として紹介されている策です。

 

人間には、『人は自分で自分を害するようなことはしない』と考え、もし誰かが害を受けていれば、それは他人に害されたものだと思う傾向があります。

 

この心理を利用し、本来は自分の味方である人物や勢力が裏切ったように相手に見せかけ、罠にはめることを『苦肉計』と呼びます。

 

三国志演義でも苦肉計が使われていた

黄蓋 奮闘

 

この『苦肉計』の事例として同書に紹介されているのが、

三国志演義』に描かれた赤壁の戦いにおける、呉の黄蓋(こうがい)周瑜(しゅうゆ)魏の曹操(そうそう)の艦隊を焼き討ちする際に用いた作戦です。

 

呉軍を圧倒する魏の艦隊に対し、有効な策を打てないでいる周瑜を黄蓋が批判、これを咎めた周瑜は兵士たちの面前で黄蓋を鞭打ちの計に処します。

この事実はスパイによって曹操に伝えられ、その後、投降を申し出てきた黄蓋を曹操は受け入れてしまいます。

 

しかし、黄蓋の投降は偽装でした。

彼は魏軍の艦隊に内側から火を放つことに成功し、魏軍は壊滅、曹操は撤退を余儀なくされました。

 

余談になりますが、『兵法三十六計』の名は「三十六計逃げるに如かず」という故事で知られていますが、これは三国志よりも後の時代、五世紀頃の宋に仕えた将軍、檀道済(だんどうせい)の「三十六策、走るが是れ上計なり」という言葉が元になっています。

 

しかし『兵法三十六計』が成立したのは、檀道済が生きた時代よりもずっと後の事で、『兵法三十六計』そのものとは無関係であるとされています。

 

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

 

耳で聞いて覚える三國志





よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  2. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  3. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  4. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  5. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…
  7. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  8. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  2. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  3. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  5. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  6. キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている? あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

おすすめ記事

  1. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  2. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  4. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  5. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情
  6. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  7. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  8. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP