架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

この記事の所要時間: 251




苦肉の策(笑)

 

『苦肉の策(くにくのさく)』という言葉は、

日本では一般的には「苦しまぎれ(の方策)」という意味で用いられることが多いですが、これは間違って広まったものです。

 

本来の意味は、中国の兵法書『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』に見ることができます。




 『兵法三十六計(へいほうさんじゅうろっけい)』はいつ出来たの?

借屍還魂 名前をかたる

 

兵法三十六計』は17世紀=清代の初めに成立したものと言われています。

 

『孫子(そんし)』を始めとする、いわゆる『武経七書』と呼ばれる兵法書と比べ、その作りには粗雑な面があり、

兵法とは呼べないような記述もあることから、その評価は決して高いとはいえません。

 

しかし、その内容は古い時代のさまざまな故事や教訓があふれており、民間を中心に広く流通したとされています。

 

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西




 兵法三十六計の戦術を紹介

三国志 戦場

『兵法三十六計』は戦に用いる戦術を

 

・勝戦計(自軍が戦いの主導権を握っている時の戦法)

・敵戦計(戦力的に余裕がある時の戦法)

・攻戦計(敵軍が強固な時に有効な戦法)

・混戦計(敵戦力が自軍を上回る時の戦法)

・併戦計(同盟国に対し自軍が優位に立つ方策)

・敗戦計(自軍が配色濃厚な場合に用いる奇策)

 

の六種類に大別し、更にそれぞれの戦術に該当する策を6つずつ、その具体例を5世紀頃までの歴史上の出来事を上げて紹介。

6計×6策で、『三十六計』というわけです。

 

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

苦肉の策は「敗戦計」の一策

三国志 歴史 老いには勝てず

 

『苦肉の策』は「敗戦計」の一策、『三十六計』中の三十四計『苦肉計』として紹介されている策です。

 

人間には、『人は自分で自分を害するようなことはしない』と考え、もし誰かが害を受けていれば、それは他人に害されたものだと思う傾向があります。

 

この心理を利用し、本来は自分の味方である人物や勢力が裏切ったように相手に見せかけ、罠にはめることを『苦肉計』と呼びます。

 

三国志演義でも苦肉計が使われていた

黄蓋 奮闘

 

この『苦肉計』の事例として同書に紹介されているのが、

三国志演義』に描かれた赤壁の戦いにおける、呉の黄蓋(こうがい)周瑜(しゅうゆ)魏の曹操(そうそう)の艦隊を焼き討ちする際に用いた作戦です。

 

呉軍を圧倒する魏の艦隊に対し、有効な策を打てないでいる周瑜を黄蓋が批判、これを咎めた周瑜は兵士たちの面前で黄蓋を鞭打ちの計に処します。

この事実はスパイによって曹操に伝えられ、その後、投降を申し出てきた黄蓋を曹操は受け入れてしまいます。

 

しかし、黄蓋の投降は偽装でした。

彼は魏軍の艦隊に内側から火を放つことに成功し、魏軍は壊滅、曹操は撤退を余儀なくされました。

 

余談になりますが、『兵法三十六計』の名は「三十六計逃げるに如かず」という故事で知られていますが、これは三国志よりも後の時代、五世紀頃の宋に仕えた将軍、檀道済(だんどうせい)の「三十六策、走るが是れ上計なり」という言葉が元になっています。

 

しかし『兵法三十六計』が成立したのは、檀道済が生きた時代よりもずっと後の事で、『兵法三十六計』そのものとは無関係であるとされています。

 

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

 

耳で聞いて覚える三國志





よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11…
  2. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  3. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  4. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  5. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  6. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  7. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  8. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  2. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  3. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?
  4. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  5. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  6. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた? 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  2. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  3. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?
  4. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  5. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  6. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  7. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  8. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP