ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

人材マニア 曹操




人材マニア 曹操

 

秦の始皇帝、そして魏の曹操(そうそう)はともに、人材登用に関して、実に柔軟な考えを持った人でした。

曹操は210年に、人材登用の方針として、以下の命令を下します。

 

「ただ才のみこれを挙げよ」

 

かみ砕いて言ってみれば、

「役に立つなら、人間性に問題があったっていい」ということです。

 

そこで、曹操のそういったエピソードで有名なものをいくつか挙げてみたいと思います。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




陳琳へ「俺たちをおとしめても許す!」(文章うまいから)

89fe0c60d7e6396fa97efa7d98375d9e_m

 

官渡の戦いの際、袁紹の命令で、曹操とその祖父らを激しくこきおろした

檄文を書いた陳琳を、曹操は戦のあと部下にしました。

 

当時の中国人の道徳観として、自らの祖父や父といった祖先というのは、

祖先神といって祀るべきもので、神にも価する大切な存在です。

私たちの時代の「おまえの母ちゃんデベソ」という感覚とはまったく違います。

 

それを、文章がたいへん上手という理由で味方にしようと思う曹操の器の大きさは、

計り知れません。

 

関連記事:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)




張繍へ「息子と重臣殺されたけど許す!」(人が足りないから)

三国志 ろうそく 写真

 

劉表と同盟を組んで曹操と戦っていた張繍は、曹操に降伏したあと、奇襲をかけて、

曹操の息子曹昂や、典韋などの重臣を殺し、曹操をも殺そうとしました。

 

その後も曹操と抗争を続けましたが、

袁紹との戦いを控えた曹操のもとへ帰順したいと言うと、あっさり受諾されました。

 

関連記事:曹昂の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

 

呂布へ「人格にそうとう問題があるけど許す!」(めちゃくちゃ強いから)

呂布 最強 曹操

 

最初の主君丁原を裏切り、父子の契りを結んだ董卓(とうたく)を裏切り、

匿ってくれた劉備をも裏切り……、という、たいへん不義理な呂布

 

散々煮え湯を飲まされた曹操は、ようやく呂布をとらえました。すると呂布は、

「あなたが歩兵、私が騎兵を率いれば、無敵なのに」と言いました。

 

すると曹操は、「ほしい!」と思ってしまったわけです。

残念ながらこれは、劉備(りゅうび)に止められて、部下にすることはかないませんでした。

 

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

 

沮授へ「敵だったけど許す!」(旧知の仲だしね)

三国志 人材 劉邦

 

袁紹の部下だった沮授に対しても、官渡の戦いの際、生け捕りにして

配下に迎えようとしました。

 

しかしながら、沮授は曹操の申し出を拒否し、さらに脱走を試みたため、

やむなく処刑されました。

 

 

関羽へ「劉備の義弟だけど許す!」(魅力ありすぎだから)

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

200年、劉備が曹操に敗れて敗走したとき、関羽は曹操の捕虜になってしまいました。

関羽といえば、劉備の右腕です。

劉備をつぶしたいのなら、ここで関羽をさっさと殺してしまうべきです。

 

ですが、曹操はこれまた魅力的すぎる関羽が「ほしい!」と思ったようで、

大歓迎して、たいへん手厚くもてなします。

 

さすがに恩義を感じた関羽は、曹操のために活躍しなければならないと、

命を受けて、袁紹の部下顔良を打ち取ります。

そして、義理を果たすと、劉備のもとへと帰るのです。

 

関連記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

関連記事:関羽が生涯に斬った主な敵将を紹介

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

 

耳で聞いてを覚える三國志





こちらの記事もよく読まれています

シリア 関羽

 

よく読まれてる記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

近藤勇と関羽

 

よく読まれてる記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

 

劉備 人望

 

よく読まれてる記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 土安(南蛮族) 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭
  2. 京劇コスチューム趙雲 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?
  3. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  4. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  5. 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  6. 負けた魏延 魏延の派閥を考察!蜀では魏延に対してイジメがあった!?
  7. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  8. 曹操から逃げ回る劉備 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. Spotify 引用
  2. 張飛にお酒はだめだよ
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 紀霊
  5. 龐統と的盧
  6. 平野国臣
  7. 餓えた農民(水滸伝)
  8. 劉備にアドバイスをする法正
  9. ロバ顔の諸葛瑾

おすすめ記事

  1. みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは? 諦める公孫サン(公孫瓚)
  2. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!? 曹操と張繍
  3. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  4. 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  5. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 法正と劉備
  6. 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?

三國志雑学

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  2. 蜀の兵士
  3. 強くなる関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳平
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 徐庶
  4. 孔明と司馬懿
  5. ブチ切れる曹操

おすすめ記事

司馬懿 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 キングダム 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 オオクニヌシ(日本神話) 【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由人 キングダム53巻 キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー 韓当(かんとう) 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 曹操は関羽をGET どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP