よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ




遅れて来た孫権 英雄

 

三国志の一角を成した呉の孫権は、知名度こそ曹操劉備に劣りますが、

乱世が産んだ、バランス感覚の高い人物と言えるでしょう。

 

ただ、この孫権は晩年が非常に悪い、その晩年さえまともであれば、

呉は司馬一族の台頭で混乱する魏を降して呉が三国を統一した可能性も

無かったとは言い切れないでしょう。




孫権がおかしくなったのはいつ?

孫権と三国アヒル

 

孫権がおかしくなってくるのは、西暦240年頃の事です。

孫権は、69歳になっていて、劉備曹操も、孔明も

三国の時代を彩った英傑達は殆ど残ってはいません。

 

この頃、孫権は呂壱(りょいち)というおべんちゃらが得意な

奸臣をお気に入りにして暴政を開始します。




孫権の暴政が始まるが・・・

呂壱と孫権

 

呂壱が讒言した家臣を躊躇なく殺し、民衆に重税を課して、

人が変わったように暴政を敷きます。

 

あれだけ聡明だった孫権も、ライバルが消え、皇帝に即位した事で

慢心して、耳触りのよい事ばかりをいう奸臣を重用しだしたのです。

 

しかし、この時には、諸葛僅や、顧擁(こよう)のような

賢臣の必死の諫言で思い直し、呂壱を処刑して事無きを得ます。

 

ですが、問題はこの後に起きました。

孫権が、後継者として期待を掛けていた実子の孫登(そんとう)が

西暦241年に33歳の若さで死去してしまうのです。

 

後継者選びに悩む孫権

そんろは 孫魯班

 

自分の死後は、孫登と信じ込んでいた孫権は、

後継者を決めるのに迷いを生じてしまいます。

 

次の王位継承者は2名で、三男の孫和と四男の孫覇でした。

※次男の孫虞は、それ以前に病没していた。

 

孫権は、自身が溺愛していた孫和を皇太子に立てようとしますが、

ここで、娘の孫魯班(そんろはん)が四男の孫覇を皇太子に立てるように

孫権にお願いすると、娘を溺愛していた馬鹿親孫権は、

それまでの孫和を止めて、孫覇を皇太子にすると言いだしたのです。

 

孫権のブレブレの判断で呉は分裂

陸遜 孫権

 

これには、呉の家臣団は困惑し、孫和の擁立派と孫覇の擁立派で、

呉は二つに分裂します、これを二宮事件と言います。

 

孫権は当初、孫和を押した家臣達を次々に殺すか、左遷します。

ところが殺しても殺しても湧いてくる家臣に逆切れし、

 

「ぢゃあ、いいよもう! 孫和も孫覇も立てない喧嘩両成敗じゃい!」

 

と叫んで、孫和も孫覇もその取り巻きも、皆、殺すか、左遷して

終わらせてしまったのです。

 

この時に処断された家臣には、陸遜張昭の子孫、なども含まれ

有能な賢臣は尽く殺されたと言われます。

 

西暦250年、二宮の乱の混乱を収拾するべく、79歳の孫権は

孫の孫亮(そんりょう)を皇太子に立てます。

その頃、孫亮は、僅か7歳でした、、、

 

そして、それから二年後、孫権は81歳で大往生します。

まだ9歳の皇帝、孫亮を残しての最期です。

 

呉は衰退の道を歩む

孔明 司馬懿 役職

 

幼い、皇帝には諸葛恪(かく)や孫峻(そんしゅん)という人材が補佐に

つけられますが、次第に幼少の皇帝を軽んじていくようになります。

この頃から、呉では皇帝がコロコロと替わるようになり、

急速に没落していくのです。

 

呉の衰退の原因は誰の責任?

孫晧

 

そもそもの原因は、皇位継承という大問題を癇癪を起こして

こじらせ、多くの有能な家臣を斬ってしまった孫権に起因します。

 

呉を興隆させたのも孫権なら滅ぼす要因を産み出したのも孫権、、

彼が、もう少し早く死んでいれば、皇位は孫登に受け継がれ、

悪名も残らなかったかも知れません。

 

 

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

関連記事

  1. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  2. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  5. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  6. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  7. 呉の孫権 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  8. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融と曹操
  2. 太史慈

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  2. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆
  3. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  4. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  5. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  6. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 井伊直政
  2. 金栗四三 いだてん

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した 司馬懿 楊修と司馬懿の二人は優秀なアドバイザーだった理由とは?

おすすめ記事

  1. 孫堅は三国志の○○だったのか? 海賊時代の孫堅
  2. 明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  6. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  7. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  8. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP