甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

劉備 婿

209年、孫権の妹と劉備の婚礼が行われました。

これは、もともとは周瑜による、劉備暗殺計画であり、

呉としては、二人を結婚などさせるつもりなどありませんでした。

 

しかし、事前にそれを見抜いた孔明は、孫権の義母、呉国太を抱き込むように

趙雲に指示します。

 

呉国太は甘露寺で宴を開き、劉備と面会します。

そこで劉備のことを大変気に入り、娘と劉備の婚姻を決定します。

 

宴もたけなわになったころ、

劉備が面白い行動に出ました。

 

 

[adsense]
 

劉備、石占いをする!?

甘露寺 十字紋石

劉備は大きな石を見つけると、天に向かってこう叫びました。

 

「俺が無事に荊州に戻り、天下が取れるのなら石よ砕けろ!

 この地で命運が尽きるのなら剣よ砕けよ!」

 

そして、石を剣で斬りつけるのです。

するとなんと、石は真っ二つに砕けました。

 

「い、いきなりウチの備品に何すんだよっ」

と怒鳴りたいところですが(嘘)

孫権も、むくむくと対抗心が湧きました。

 

「曹操に打ち勝ち、荊州を取れるのなら、石よ割れろ!」

 

まねっこしてそう叫ぶと、孫権も石を垂直に斬りつけます。

今度は縦に砕けました。

 

劉備のつけた横の線と、孫権の刻んだ縦の線で、石には十字のあとがつき、

甘露寺の十字紋石と呼ばれました。

 

砕けたのでは……?

その辺は気にしないでください。

 

 

実際の甘露寺の十字紋石

三国志 川

上海から新幹線で1時間半ほど、

鎮江市の北固山公園内に、甘露寺は存在します。

 

劉備と孫権が剣を天に突き上げている石像が飾られていて、

十字紋石も、その近くの池の中あります。

 

しかし……石には「試剣石」と刻まれています。

そして、十字ではなく、一文字に斬れています。

 

……その辺は、気にしないでください。(二度目)

 

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

劉備 結婚

 

よく読まれてる記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計

 

西郷隆盛 ゆるキャラ

よく読まれてる記事:劉備と西郷隆盛の共通点って何?

 

雷怖くない 能ある劉備

 

よく読まれてる記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

 

劉虞

 

よく読まれてる記事:劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 曹叡から寵愛を受ける秦朗
  2. 袁術の最後
  3. 結婚を喜ぶ孫策
  4. 陸遜
  5. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  6. 董卓を倒す呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP