三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

13人の妻達(曹操)

魏の曹操(そうそう)には、13人の妻と、32人の子供がいました。それと比べると、ものすごく少なく感じますが、

 

劉備と4人の妻

 

蜀の劉備(りゅうび)には、4人の妻と、3人の息子(養子の劉封は除く)がいました。




糜夫人(びふじん)

西夏の服飾(女性)

 

糜夫人は、劉備の最初の正妻で糜竺(びじく)の妹です。

 

糜竺(びじく)

 

糜竺は徐州(じょしゅう)の陶謙(とうけん)の配下で、陶謙の死後、劉備を徐州牧に推薦した人です。おそらく劉備が徐州に滞在している間に婚姻関係を結んだのでしょう。

 

呂布と劉備

 

徐州牧の妻としての平和な暮らしは長く続かず、拠点が呂布(りょふ)に乗っ取られて人質に取られたり(しかも二回)、さらには関羽と一緒に曹操に捕らわれたりします。このとき一緒に捕らえられた子供は、殺されたか、娘だったのかわかりませんが、記録がありません。

 

曹操

 

『正史』での糜夫人は曹操に捕らえられたあと消息を絶ちます。……殺された可能性があります。




三国志演義では糜夫人どうなるの?

趙雲 長坂の戦い

 

ですが、『三国志演義』では、208年の長坂の戦いの最中、またしても曹操軍の中に置き去りにされ、重傷を負いますが、甘夫人の生んだ阿斗(あと)を胸に抱いて逃げます。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

趙雲(ちょううん)が助けに来たので阿斗を託し、自分は足手まといになるからと言って、井戸に身を投げてしまいます。とても、とても、とても……薄幸な女性です。


関連記事:趙雲が評価されたのは劉禅の代になってから?趙雲の評価を解説します

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

 

甘夫人(かんふじん)

 

王元姫

 

甘夫人は、劉備の側室です。ドラマなどでは、芙蓉姫(ふようひめ)と呼ばれることもあります。劉備が豫州(よしゅう)刺史で、小沛(しょうはい)に住んでいた頃に妻となりました。一番長く劉備と連れ添っている妻ですが、身分が低かったために、糜夫人が正妻で、甘夫人が側室という位置づけになっていました。糜夫人と甘夫人はとても仲良く、お互いを尊重し合っていたといいます。糜夫人と同様、甘夫人も何度も敵対勢力に捕らわれました。

 

曹操から逃げ回る劉備

 

207年に、のちに劉備の跡継ぎとなる阿斗(劉禅)を生みますが、その直後に起きた長坂の戦いでも、敵陣に置き去りにされてしまいます。趙雲が助けに来て、そのときは無事に助け出されますが、そののち、まもなく病を得て亡くなってしまいます。

 

関連記事:長坂の戦いの全容はあっさりめ?劉備と趙雲の逸話などはどこまで本当なの?

関連記事:趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆を紹介

 

孫夫人(そんふじん)

孫尚香

 

劉備の三人目の妻、孫夫人は呉の孫堅(そんけん)の娘で、孫権(そんけん)の妹です。孫尚香(そんしょうこう)の名でも知られています。甘夫人が亡くなったあとに婚姻関係を結び、正妻となりました。

赤壁の戦い

 

30歳近くも離れた二人の縁談は、蜀・呉で協力して戦った赤壁(せきへき)の戦いのあと、荊州(けいしゅう)の領土問題で二国がもめたときに持ち上がりました。

 

劉備とイチャイチャする孫尚香

 

当初は劉備を殺すための罠としてセッティングされた縁談だったのですが、裏をかく孔明の作戦により、孫夫人と劉備は無事に結婚します。孫夫人は武器マニアで、侍女たちを武装させ、自室にもあらゆる武器を飾っていたため、劉備は彼女の部屋を訪れるたびにビビっていたといいます。しかし、夫婦仲は良好だったそうです。

 

劉備と孫権

 

のちに、蜀・呉の関係が悪化したためか、孫夫人は「ハハキトク、スグカエレ」と言われて呉へ帰国します。

 

関連記事:劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは?

関連記事:正史の孫夫人こと孫尚香は三国志演義では性格がまるで違う?

 

呉夫人(ごふじん)

敬哀皇后

 

呉から嫁いで来た孫夫人と紛らわしいですが、別人です。呉夫人は劉備の四人目の妻で、正妻で、最後まで連れ添った人です。221年に劉備が皇帝になると、皇后位につきました。

 

劉焉

 

益州(えきしゅう)の劉焉(りゅうえん)・劉璋(りゅうしょう)親子に仕えた呉懿(ごい)という武将の妹で、最初に劉焉の三男、劉瑁(りゅうぼう)と結婚します。しかし夫に先立たれて未亡人となります。

 

劉備に降伏する劉璋

 

214年に、劉備が劉璋を制して成都にやってきたとき、群臣から劉備との結婚をすすめられます。劉備の方は、劉瑁の妻であった女性を娶るのは同姓婚ということになり、タブーを犯すといって断りますが、結局、説得されて二人は結婚することになります。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

劉備の死後も長生きをし、245年に亡くなり、劉備と合葬されました。

 

関連記事:白帝城はどこにあるの?劉備が星になった場所を紹介

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 




関連記事

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  2. 陸遜 剣と刀
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  4. 蜀の劉備
  5. 郭嘉
  6. 蜀の劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP