春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

この記事の所要時間: 345

13人の妻達(曹操)

魏の曹操(そうそう)には、

13人の妻と、32人の子供がいました。

 

それと比べると、ものすごく少なく感じますが、

 

劉備と4人の妻

 

蜀の劉備(りゅうび)には、4人の妻と、3人の息子(養子の劉封は除く)が

いました。

 

 

 

糜夫人(びふじん)

東方 三国志

 

糜夫人は、劉備の最初の正妻で

糜竺(びじく)の妹です。

糜竺は徐州(じょしゅう)の陶謙(とうけん)の配下で、

陶謙の死後、劉備を徐州牧に推薦した人です。

 

おそらく劉備が徐州に滞在している間に婚姻関係を結んだのでしょう。

 

徐州牧の妻としての平和な暮らしは長く続かず、

拠点が呂布(りょふ)に乗っ取られて人質に取られたり(しかも二回)

さらには関羽と一緒に曹操に捕らわれたりします。

 

このとき一緒に捕らえられた子供は、殺されたか、

娘だったのかわかりませんが、記録がありません。

 

『正史』での糜夫人は曹操に捕らえられたあと消息を絶ちます。

……殺された可能性があります。

 

三国志演義では糜夫人どうなるの?

趙雲 長坂の戦い

 

ですが、『三国志演義』では、

208年の長坂の戦いの最中、またしても曹操軍の中に置き去りにされ、

重傷を負いますが、甘夫人の生んだ阿斗(あと)を胸に抱いて逃げます。

趙雲(ちょううん)が助けに来たので阿斗を託し、

自分は足手まといになるからと言って、井戸に身を投げてしまいます。

 

とても、とても、とても……薄幸な女性です。

 

 

甘夫人(かんふじん)

秦 王騎

 

甘夫人は、劉備の側室です。

ドラマなどでは、芙蓉姫(ふようひめ)と呼ばれることもあります。

 

劉備が豫州(よしゅう)刺史で、小沛(しょうはい)に住んでいた頃に

妻となりました。

一番長く劉備と連れ添っている妻ですが、

身分が低かったために、

糜夫人が正妻で、甘夫人が側室という位置づけになっていました。

 

糜夫人と甘夫人はとても仲良く、お互いを尊重し合っていたといいます。

糜夫人と同様、甘夫人も何度も敵対勢力に捕らわれました。

 

207年に、のちに劉備の跡継ぎとなる阿斗(劉禅)を生みますが、

その直後に起きた長坂の戦いでも、敵陣に置き去りにされてしまいます。

 

趙雲が助けに来て、そのときは無事に助け出されますが、

そののち、まもなく病を得て亡くなってしまいます。

 

 

孫夫人(そんふじん)

かわうそ 不思議

劉備の三人目の妻、孫夫人は

呉の孫堅(そんけん)の娘で、孫権(そんけん)の妹です。

孫尚香(そんしょうこう)の名でも知られています。

甘夫人が亡くなったあとに婚姻関係を結び、正妻となりました。

 

30歳近くも離れた二人の縁談は、

蜀・呉で協力して戦った赤壁(せきへき)の戦いのあと、

荊州(けいしゅう)の領土問題で二国がもめたときに

持ち上がりました。

 

当初は劉備を殺すための罠としてセッティングされた縁談だったのですが、

裏をかく孔明の作戦により、孫夫人と劉備は無事に結婚します。

 

孫夫人は武器マニアで、侍女たちを武装させ、自室にも

あらゆる武器を飾っていたため、劉備は彼女の部屋を訪れるたびに

ビビっていたといいます。

しかし、夫婦仲は良好だったそうです。

 

のちに、蜀・呉の関係が悪化したためか、

孫夫人は「ハハキトク、スグカエレ」と言われて呉へ帰国します。

 

 

呉夫人(ごふじん)

三国志 川

 

呉から嫁いで来た孫夫人と紛らわしいですが、別人です。

呉夫人は劉備の四人目の妻で、正妻で、最後まで連れ添った人です。

221年に劉備が皇帝になると、皇后位につきました。

 

益州(えきしゅう)の劉焉(りゅうえん)・劉璋(りゅうしょう)親子に

仕えた呉懿(ごい)という武将の妹で、

最初に劉焉の三男、劉瑁(りゅうぼう)と結婚します。

 

しかし夫に先立たれて未亡人となります。

 

214年に、劉備が劉璋を制して成都にやってきたとき、

群臣から劉備との結婚をすすめられます。

 

劉備の方は、劉瑁の妻であった女性を娶るのは

同姓婚ということになり、タブーを犯すといって断りますが、

結局、説得されて二人は結婚することになります。

 

劉備の死後も長生きをし、245年に亡くなり、劉備と合葬されました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

孫堅の妻

 

よく読まれてる記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

謝夫人 孫権の妻

 

よく読まれてる記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  2. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  3. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  4. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  5. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  6. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  7. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  8. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国史における農民反乱についての考察
  2. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  3. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  4. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  5. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは? 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 石川克世って、何者? 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  4. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人
  5. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?
  6. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面
  7. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  8. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP