編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

78話:龐統初登場、連環の計発動!

この記事の所要時間: 319

黄蓋 奮闘

 

苦肉の計で周瑜(しゅうゆ)が黄蓋(こうがい)を痛めつけて後、

黄蓋が曹操(そうそう)に、周瑜への恨みつらみを書いた手紙を送り、

曹操に投降する旨を告げると曹操から返事が来ます。

 

 

「我が軍は、黄蓋殿を歓迎する、いつでも投降されたし」

 

 

周瑜と黄蓋は、これを見て、苦肉の計が成功した事を確信します。

 

前回記事:77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

周瑜の思惑通りになったが、まだ足りない

周瑜 美男子

 

周瑜の考えている曹操軍撃退の計略とは、黄蓋に牧草を満載させた

小舟を20隻程率いさせて曹操の下へ投降させ、

その途中で、船に火を放って曹操軍の船団に突入させるというものです。

 

 

しかし、これだけでは、幾らかの船は焼けても、多くの船は、

その場から離れるので船団を焼き尽くすまでは至りません。

 

もし、失敗すれば、折角老体に鞭を打ち、苦痛に耐えた黄蓋の

献身が無になります。

 

 

「チャンスは一度だけ、もう一つ決め手があればのぅ、、」

 

 

その時でした、思案している周瑜の前に来客がやってきます。

 

予想外の人物が登場、その名も龐統

龐統

 

ガリガリに痩せて、顔もあばた顔、身なりも振るわない、

この中年の男は、自分を龐統(ほうとう)だと名乗りました。

 

周瑜は、龐統と聞いて驚きます。

 

彼こそ、臥龍(ふくりゅう)諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)と

双璧と言われた鳳雛(ほうすう)、龐統士元(ほうとう・しげん)だったのです。

 

 

「周瑜殿が、曹操を攻めあぐんでおると聞いてな、、

一つ計略を持ってまいったのです、、」

 

 

「それは、有り難い、どのような計略でしょう?」

 

周瑜は、龐統を上座に勧めて聞きました。

 

龐統は、周瑜にこのように言います。

 

 

「曹操の船団を撃ち破るには火攻めをおいて方法はないが、

現在、曹操の船団はバラバラなので、火を掛けても効果は限定的である

それが、周瑜殿の悩みではないか?」

 

 

「いかにも、龐統殿の言われる通りです、、それで決め手に

欠いて頭を抱えておるのです」

 

 

周瑜は自分の考えをすっかり読まれて驚き言いました。

 

龐統の策とは?

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

「はっはっは、それならば簡単、曹操に船と船を繋げさせれば

いいのですよ、、」

 

 

「はあ、、そうは仰っしゃいますが、簡単には行きません、、」

 

周瑜は、首を振りました。

 

 

「よろしい、曹操は、故郷、襄陽を奪った憎い敵です。

私が、曹操軍の船団を鎖で繋いでみせましょう」

 

 

龐統はカラカラと笑うと周瑜の元を去り、

その足で曹操の陣営へと向かいました。

 

流石の曹操も鳳雛の名は知っているので歓迎する

抜き出た曹操

 

曹操の陣営でも鳳雛の名は轟いていたので曹操は、

丁重に、龐統を迎えました。

 

 

(なんだ、この汚いみなりの痩せ男は、、これが鳳雛なのか?)

 

 

曹操は内心では、そう思っていましたが、

龐統が話を始めると直ぐに考えを改めます。

 

 

「私が見るに、曹操様の軍勢は、船酔いに悩んでいるようですな、、

呉のような小国を攻めあぐねているのは、それが理由でしょう、、」

 

 

「ど、、どうしてそれが分かったのです!!

まさに先生の仰っしゃる通りで御座います!!」

 

 

「それならば、簡単で御座います、すぐに、鍛冶屋に鎖を造らせて

全ての船を連結させてしまう事です。

こうすれば、船は安定し、揺れは少なくなり船酔いは減少します」

 

 

曹操は、龐統のアイデアを聞いて、手を叩いて喜びます。

 

 

「成程、それは気づきませんでした!御教授下さり有難う御座います」

 

 

「なぁに、、大した事ではありません、では、私はこれで、、」

 

 

しばらくして、曹操は鍛冶屋を総動員して数千隻の船を

全て、鎖で繋いでしまいました。

 

 

これが三国志に名高い、龐統の連環の計です。

 

連環の計は他にもある

董卓&呂布

 

同じ連環の計には、王允(おういん)が美女、貂蝉(ちょうせん)を使って、

呂布(りょふ)と菫卓(とうたく)を憎しみ合わせるのに使った

連環の計もありますが、、、、

 

 

あの連環は、いくつかの計略を複合して仕掛けるという

連環(コンボ)という意味ですが、龐統の連環は、

鎖の輪を連ねるという意味での連環です。

 

 

周瑜は、事もなく曹操軍の船団を鎖で繋げた龐統を恐れますが、

孔明と違って殺そうとはしなかったようですね。

何でしょう、龐統とはウマがあったのでしょうか(笑)

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与…
  2. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  3. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!…
  4. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  5. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  6. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  7. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲し…
  8. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  2. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  3. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  4. キングダム ネタバレ予想536話「右翼で大戦争勃発」
  5. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  6. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!! 「英傑ランキング」上位100名の中に選ばれた8人で争われる「公式頂上リーグ選抜決定戦 ~小暑の陣~」開催 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる! 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴? 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く

おすすめ記事

  1. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  2. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  3. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  4. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官
  5. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生
  6. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  7. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  8. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP