架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

78話:龐統初登場、連環の計発動!

この記事の所要時間: 319

黄蓋 奮闘

 

苦肉の計で周瑜(しゅうゆ)が黄蓋(こうがい)を痛めつけて後、

黄蓋が曹操(そうそう)に、周瑜への恨みつらみを書いた手紙を送り、

曹操に投降する旨を告げると曹操から返事が来ます。

 

 

「我が軍は、黄蓋殿を歓迎する、いつでも投降されたし」

 

 

周瑜と黄蓋は、これを見て、苦肉の計が成功した事を確信します。

 

前回記事:77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

周瑜の思惑通りになったが、まだ足りない

周瑜 美男子

 

周瑜の考えている曹操軍撃退の計略とは、黄蓋に牧草を満載させた

小舟を20隻程率いさせて曹操の下へ投降させ、

その途中で、船に火を放って曹操軍の船団に突入させるというものです。

 

 

しかし、これだけでは、幾らかの船は焼けても、多くの船は、

その場から離れるので船団を焼き尽くすまでは至りません。

 

もし、失敗すれば、折角老体に鞭を打ち、苦痛に耐えた黄蓋の

献身が無になります。

 

 

「チャンスは一度だけ、もう一つ決め手があればのぅ、、」

 

 

その時でした、思案している周瑜の前に来客がやってきます。

 

予想外の人物が登場、その名も龐統

龐統

 

ガリガリに痩せて、顔もあばた顔、身なりも振るわない、

この中年の男は、自分を龐統(ほうとう)だと名乗りました。

 

周瑜は、龐統と聞いて驚きます。

 

彼こそ、臥龍(ふくりゅう)諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)と

双璧と言われた鳳雛(ほうすう)、龐統士元(ほうとう・しげん)だったのです。

 

 

「周瑜殿が、曹操を攻めあぐんでおると聞いてな、、

一つ計略を持ってまいったのです、、」

 

 

「それは、有り難い、どのような計略でしょう?」

 

周瑜は、龐統を上座に勧めて聞きました。

 

龐統は、周瑜にこのように言います。

 

 

「曹操の船団を撃ち破るには火攻めをおいて方法はないが、

現在、曹操の船団はバラバラなので、火を掛けても効果は限定的である

それが、周瑜殿の悩みではないか?」

 

 

「いかにも、龐統殿の言われる通りです、、それで決め手に

欠いて頭を抱えておるのです」

 

 

周瑜は自分の考えをすっかり読まれて驚き言いました。

 

龐統の策とは?

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

「はっはっは、それならば簡単、曹操に船と船を繋げさせれば

いいのですよ、、」

 

 

「はあ、、そうは仰っしゃいますが、簡単には行きません、、」

 

周瑜は、首を振りました。

 

 

「よろしい、曹操は、故郷、襄陽を奪った憎い敵です。

私が、曹操軍の船団を鎖で繋いでみせましょう」

 

 

龐統はカラカラと笑うと周瑜の元を去り、

その足で曹操の陣営へと向かいました。

 

流石の曹操も鳳雛の名は知っているので歓迎する

抜き出た曹操

 

曹操の陣営でも鳳雛の名は轟いていたので曹操は、

丁重に、龐統を迎えました。

 

 

(なんだ、この汚いみなりの痩せ男は、、これが鳳雛なのか?)

 

 

曹操は内心では、そう思っていましたが、

龐統が話を始めると直ぐに考えを改めます。

 

 

「私が見るに、曹操様の軍勢は、船酔いに悩んでいるようですな、、

呉のような小国を攻めあぐねているのは、それが理由でしょう、、」

 

 

「ど、、どうしてそれが分かったのです!!

まさに先生の仰っしゃる通りで御座います!!」

 

 

「それならば、簡単で御座います、すぐに、鍛冶屋に鎖を造らせて

全ての船を連結させてしまう事です。

こうすれば、船は安定し、揺れは少なくなり船酔いは減少します」

 

 

曹操は、龐統のアイデアを聞いて、手を叩いて喜びます。

 

 

「成程、それは気づきませんでした!御教授下さり有難う御座います」

 

 

「なぁに、、大した事ではありません、では、私はこれで、、」

 

 

しばらくして、曹操は鍛冶屋を総動員して数千隻の船を

全て、鎖で繋いでしまいました。

 

 

これが三国志に名高い、龐統の連環の計です。

 

連環の計は他にもある

董卓&呂布

 

同じ連環の計には、王允(おういん)が美女、貂蝉(ちょうせん)を使って、

呂布(りょふ)と菫卓(とうたく)を憎しみ合わせるのに使った

連環の計もありますが、、、、

 

 

あの連環は、いくつかの計略を複合して仕掛けるという

連環(コンボ)という意味ですが、龐統の連環は、

鎖の輪を連ねるという意味での連環です。

 

 

周瑜は、事もなく曹操軍の船団を鎖で繋げた龐統を恐れますが、

孔明と違って殺そうとはしなかったようですね。

何でしょう、龐統とはウマがあったのでしょうか(笑)

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  2. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  3. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  4. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  5. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  6. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  7. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  8. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  2. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  3. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  5. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  6. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権の妻たちは意外と知られてない? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  2. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝
  3. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  4. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将
  5. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  6. 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します
  7. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  8. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP