編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

この記事の所要時間: 58

黄忠VS夏侯淵

 

黄忠(こうちゅう)は、敵将夏候淵(かこうえん)を討った勢いを駆って、

そのまま漢中の郡都である南鄭(なんてい)を占領してしまいます。

 

操(そうそう)は、激怒し20万の大軍を率いて、険しい山地を超えて、

三度目の漢中へと陣を進めていきました。

 

前回記事:104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

 

曹操軍が疲れていた、その理由とは?

曹操 船酔い

しかし、平地とはわけが違う山地の進軍、曹操軍は戦争の前の段階で

疲れ果ててしまいます。

 

そうでなくても、ここ数年、合肥(がっぴ)攻防戦や漢中攻略で

戦争続き、曹操軍には、明らかに嫌戦気分が蔓延していました。

 

それでも何とか、曹操軍は斜谷道から漢中に入り陽平関に陣を敷きます。

 

関連記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

劉備軍はベストメンバーが揃っていたが無理をせず持久戦

劉備 ゆるキャラ

 

劉備軍は、既に曹操に備えて完全な防備を備えていて、

趙雲(ちょううん)、黄忠(こうちゅう)、魏延(ぎえん)、

張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)法正(ほうせい)孔明(こうめい)

錚々たる人員が揃っていましたが、劉備(りゅうび)は、ここで

一切無理をせず持久戦を選びました。

 

劉備:「大丈夫じゃ、何か今回はワシ、曹操に負ける気がせんのよ♪」

 

劉備は嬉々として、城壁によじのぼると、体を動かしたり

曹操軍を眺めたりして余裕のりゅうちゃんです。

 

曹操軍は、劉備が予想した通りに士気が低く、おまけに、

兵糧を運ぶ事に苦労したので常に食糧不足に悩まされていました。

 

こんな事なら20万の大軍を持ってこなければ良かったのですが、

いまさら、そんな事を言っても始まりません。

 

曹操は劉備を挑発するが…

劉備が眩しい 素晴らしい

 

曹操は、何度も劉備を挑発しますが、本拠地を得て、余裕綽々の

劉備は、城壁の上で小躍りしながら、まるで応じないままでした。

 

憎たらしい劉備を眺めながら、曹操は日々の食糧の調達に追われる事になります。

 

魏軍の士気が落ち始め孔明がある提案を出す

孔明VS曹操

 

こうして、魏軍の士気はみるみる落ちていきました。

そして戦闘が始まって、半年も経った頃、孔明は、魏軍の食糧倉庫を

焼き払う計略を提案します。

 

ここで、食糧倉庫を焼かれれば、魏軍は飢餓に陥り、戦争は

蜀軍の大勝利に終わるからです。

 

これに応じたのは、黄忠と趙雲でした、二人は互いに先陣を譲らないので

くじ引きになり、引き当てたのは黄忠でした。

 

趙雲は無念でしたが、黄忠がしくじった時に、

そのリカバリに入るという役割を与えられました。

 

黄忠:「わしゃ、失敗など考えた事は無い、しくじったら、死ぬ時ぞ

そう思って、今まで生きてきたわい」

 

たった500の手勢で食糧庫に斬り込む黄忠を趙雲は心配しますが、

黄忠は、こう言い返して、夜陰に乗じて城を出ます。

黄忠、御年七十過ぎの心意気!カッコイイじゃありませんか。

 

黄忠は500騎を率いて魏の食糧庫を襲う

黄忠イラスト0005 kiki

黄忠の手勢500騎は、首尾よく北山の麓に山と積まれた食糧庫に、

到着しました、長い膠着で警戒が弱っていたのか守備兵は、殆どいません。

 

黄忠:「よし、景気良く焼き払ってやれい!!!」

 

守備兵を蹴散らした黄忠は、配下に命令して食糧に火をつけます。

 

しかし、その黒煙は魏軍を呼び寄せるには充分でした。

異変に気がついた魏軍の徐晃(じょこう)は現場に急行し黄忠を発見します。

 

徐晃:「おのれ、黄忠!夏候淵殿の仇! 逃がしはせぬ!」

 

徐晃は、黄忠に追いすがりますが、ここは漢中、周辺は岩山で曲がりくねり、

中々、黄忠に追いつけません。

 

その頃、趙雲は、麓から煙が上がっているのを確認して黄忠が首尾よく、

作戦を成功させたのを知りますが、そのまま約束の刻限になっても、

黄忠の部隊が帰還して来ません。

 

趙雲は黄忠を心配し捜索

趙雲 子龍

 

趙雲:「もしや、老将軍、敵兵に討たれたのか、、、

なんという事だ、こんな事なら無理にでも私が出れば良かった」

 

そう思うと、出陣前の黄忠の言葉が尚更引っ掛かります。

 

趙雲は、いてもたってもいられず、手勢千騎を率いて、周辺を捜索し始めます。

 

その時、運悪く、趙雲の騎兵千騎は、黄忠を追いまわしていた

徐晃の大軍勢と遭遇してしまいます。

 

徐晃:「趙雲、こんな所で会おうとは、手柄首が、もう一つ増えそうだ」

 

趙雲:「徐晃、、貴様が老将軍を討ったのか、、許せん!!」

 

趙雲vs徐晃

雷 s

 

趙雲は、馬に鞭を入れて徐晃に突進しました、その貫通力は非常なもので

魏の大軍は、紙のように突破されていきます。

 

徐晃:「くっ!小癪なあっ!!!」

徐晃は、兵を立てなおして、再び趙雲に追いすがります。

 

すると趙雲は、一気に軍を引き返し、砦に向かって逃げ戻ります。

 

徐晃:「口ほどにもない、追えっ!趙雲を殺せっ!!」

 

大軍を擁する徐晃は、逃げる趙雲を追いかけます。

 

ところが、趙雲の砦に辿りついた徐晃は、異様な光景を目にします。

 

砦は城門が開かれ、人っ子一人いないのです、、

 

徐晃:「馬鹿な、、確かに今、趙雲はここに入ったハズ、、

いや、しかし、これは孔明の策かも知れぬ、、

迂闊に突入しては、まずい」

 

徐晃は、進むのを躊躇して、全軍に退却を命令します。

 

その時でした、、、、

 

ジャーン!ジャーン!ジャーン!!

 

退却を開始した魏軍の背後に伏兵が現れ、銅鑼を鳴らし矢を射かけてきたのです。

驚いた徐晃が、前に進むと、砦の門は閉まり、城壁からも矢が飛んできます。

 

徐晃:「おのれ、、趙雲に謀られた!!」

 

徐晃は、何とか軍を立てなおそうとしますが、伏兵に前後を挟まれた魏兵は

何が起きたか分からず混乱して同士討ちを始めます。

 

その混乱に乗じて、趙雲の兵も飛び出し、魏兵を滅茶苦茶に斬り殺します。

 

徐晃:「退けィ!退却、退却―っ!!!」

 

徐晃は、味方を斬り捨てながら、僅かな手勢を率いて脱出します。

たった、千騎の趙雲の軍勢が、1万の徐晃の軍勢を撃破したのです。

 

関連記事:趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

黄忠は蜀軍に自力で戻ってきていたが….

梅雨 s

 

その頃、敵の戦死者数を確認していた趙雲の元に、黄忠が、

僅かな手勢を率いて戻ってきました。

 

趙雲:「老将軍、生きておられたのですか!」

 

黄忠:「今度ばかりは駄目かと思うたが、、まだ生きておるわ」

 

黄忠は疲労の濃い表情で笑いましたが、これといった傷はありません。

恐るべき老人パワーに趙雲は安堵しました。

 

趙雲が魏軍に与えた損害

三国志 月

 

戦勝の報告を受けた劉備は、急いで趙雲の陣地にやってきて、

そのおびただしい魏兵の戦死者を見て驚きました。

 

劉備:「たった、千騎で曹操の大軍を破るとは、趙雲は全身が肝じゃのう!」

 

劉備は、驚嘆して趙雲の勇気を称えました。

一方の魏軍は、食糧倉庫を焼かれた事で、さらに食糧調達が苦しくなります。

 

曹操は馬超と魏延にフルボッコ

馬超021

それでも、曹操は、それから二カ月頑張り続け、窮地を打開しようとして

劉備と決戦に挑みますが、混戦の中で馬超に蹴散らされ、

さらに魏延の放った矢が、曹操の前歯に命中して歯が欠けるという

九死に一生の体験をします。

 

関連記事:裏切り者? それとも忠義の士? 魏延について

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

 

曹操、鶏肋(けいろく)と呟く

曹操 鶏肋

 

曹操は、陣地に戻ると、悩みに悩んだ末に、「鶏肋(けいろく)、鶏肋」と呟きます。

 

鶏肋とは、鶏のガラであり、スープのダシとして捨てるには惜しい食材、

しかし、肉がついているわけでもないので強いてまで必要ではない、、

 

曹操は漢中を鶏肋と例えて、自軍に犠牲を強いてまで奪う必要が無い土地

そう考えて、撤退する事を決意したのです。

 

劉備は曹操に圧勝

金色 泡

 

足掛け3年に及んだ、漢中争奪戦は、こうして劉備の圧勝で幕を下ろします。

 

劉備は、曹操が魏王を称したのに対抗して、漢中王を称して即位します。

 

これまで、逆立ちしても曹操に勝てなかった劉備は、こうして、

自力で曹操を追い払い、漢中王の地位に就いたのです。

 

辛い事ばかりの連続だった劉備の人生の絶頂期がここでした。

 

ですが、劉備の輝かしい時は、長くは続きませんでした。

この後、劉備は体を引き裂かれるような悲しい知らせを受けるのです。

 

次回記事:106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷…
  2. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  3. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  4. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  5. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  6. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版…
  7. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  8. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  2. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  3. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル
  4. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚
  5. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  6. 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

おすすめ記事

  1. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  2. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  3. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  4. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!
  5. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  6. 三国志の時代に象兵はいたの?
  7. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  8. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP