架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

この記事の所要時間: 57

曹昴

 

世の中にヒーローは多くあれど、スーパーヒーローとなると、

それは、だいぶ数が限られてくると思われます。

 

 

あの有名なキン肉マンのテーマソングにもあります、

 

♪ああ~心に~愛がなっけーればー

スーパーヒーローぢゃあ、、無いのさぁ~

 

そう、本当のヒーローとは、まず愛があるものなのです。

 

単純に強いだけなら、ティラノザウルスとかが最強でしょうから、

どうせ、人間なんか足元にも及ばないのです。

 

曹昴の圧倒的な1位投票

曹昴

 

そういう意味では、組織票18票(笑)を獲得して、

見事、はじさん第1回好きな武将ランキングで、裏1位になった

曹昴子脩(そうこう・ししゅう)は、スーパーヒーローと断言していいでしょう。

 

 

どう考えても、同一人物が、何度か投票しているとしか思えませんが、

※だってさ、表1位の趙雲が8票なんですけど・・・・

 

こんなにも、特定のファンに愛されるのですから、曹昴には愛があるのです。

 

だから、取り上げてもいーんです!!でも、今回だけだぞ。

 

 

英傑、曹操の長男として産まれた曹昴

曹昴

 

さて、曹昴は、あの英傑、曹操(そうそう)の長男として

正妻、劉夫人との間に生まれました。

 

 

まだ、曹操が名をあげていない若い頃に生まれた子供ですので、

生まれた年は分かっていません。

 

 

曹操が西暦155年ですから、単純にそれに20歳を足して、

西暦175年位が生年と思われるので、周瑜(しゅうゆ)や

孫策(そんさく)と同じ年位ですか

 

 

 

曹昴は親孝行な好青年だった

曹昴

 

この曹昴、若い頃から分別があり、幼くして母と死別して、

継母として丁夫人に育てられますが、かなり親孝行でした。

 

 

何しろ、20歳という若さで孝廉を通して中央に推挙されている位です。

 

 

孝廉(こうれん)というのは、在野にいる人の中で、学識があり、

親孝行である人をその地域の偉い人がわいわい協議して役人に取り立てる制度の事。

 

 

一般農民は、その偉い人達にコネがないので、除外でしたが、

士大夫の身分の人は、この孝廉に選ばれたいが為に、善行を大げさに

吹聴して、自分を飾るというのが当たり前になっていました。

 

 

まあ、若い頃は不良で有名だった曹操も孝廉に親父のコネで通って、

役人になっているので、制度自体が疑わしいっちゃあ、疑わしいのですが、

生真面目な継母の丁夫人が溺愛している所を見ると、

或いは、曹昴は本当に親孝行な良い人だったのかも知れません。

 

 

(自演)投票回答 :三国志一の親孝行

曹昴

 

 

アンケートの中にも、「三国志の中で一番の孝行息子」、

「孝廉に推挙される程優秀」「優しい好青年」とありました(笑)

 

 

しかし、そんな好青年の父、曹操は、昔はとんでもない不良息子で、

更正した現在は、どうしようもない女好きでした。

 

 

曹操の失敗

曹操は女性の敵なの?もじのみ

 

西暦197年、42歳になっていた、曹操は、宛城という所で、

張繍(ちょうしゅう)という男を降伏させます。

 

 

ところが、曹操が宛を攻略したのは、領土欲だけではありませんで、

張繍が、叔父の張済の未亡人で絶世の美女鄒(すう)氏を

匿っているのを知り、それを奪おうとしていたからです。

 

 

「どうせ、張繍では、世間体を気にして

叔父の未亡人には手は出せまい、俺が、モノにしてやるぜ」

 

 

こうして、曹操は、本当は鄒氏に目を付けていた張繍を差し置いて

鄒氏をモノにして、それから骨抜きになったように、

毎日、毎日、政務を放り出して愛欲の日々を送ります。

 

 

本当にどーしょーもない男です、、本拠地には、大勢の妻と、

成人に達しようという子供がゾロゾロいるというのに不倫ですよ。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  2. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  3. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  4. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  5. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  6. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  7. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  8. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める
  2. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  3. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト
  4. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  6. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか? 中国史における農民反乱についての考察 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3

おすすめ記事

  1. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  2. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?
  3. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦
  4. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?
  5. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  6. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  7. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの?
  8. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP