兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

兀突骨

 

兀突骨(ごっとつこつ)は、三国志演義孔明(こうめい)の南蛮征伐に登場する最後の蛮族である烏戈(うか)国の王として出てきます。身長は十二尺、(276センチ、或いは289・2センチ)という巨人で、全身を鱗に覆われ、穀類を食べず、生きた獣や蛇を食べます。


元祖進撃○巨人 兀突骨

朶思大王、孟獲

 

南蛮王、孟獲(もうかく)は蜀軍の進撃により本拠地を追われ、知将、朶思(だし)大王、バイオレンスムツゴロウの異名を取る猛獣使い木鹿(もくろく)大王を頼りますが、いずれも蜀軍の前に敗れて戦死します。

 

帯来洞主(南蛮族)

 

追い詰められた孟獲は、妻の祝融(しゅくゆう)夫人の弟、帯来洞主(たいらいどうしゅ)の勧めで烏戈国の王、兀突骨を頼る事になるのです。


兀突骨のワイルドすぎる食事に孟獲唖然

孟獲に変装する帯来洞主(南蛮族)

 

兀突骨は、見た目は怪物にしか見えませんが、男気のあるナイスガイでした。「蜀軍など何ほどのものでもない」と援軍要請をOKすると、客人である孟獲に、豚の頭や猿の脳みそ、生のコウモリなどのご馳走を出します。南蛮では、ワイルドで通っていた孟獲ですが、流石に動物の生食は不可能で「あ・・すみません、美味しく頂いています」と言うのが精一杯でした。


最強、剣も弓矢も通らず、水には浮く藤甲(とうこう)

 

兀突骨が余裕の態度なのは、何も自惚れではありません。自身の強さもさることながら、烏戈国には、藤の蔓を編んで、油を染み込ませて造り出す、藤甲(とうこう)という堅くて軽い鎧があったのです。さらに、兀突骨には、この藤甲を身につけて戦う三万という勇猛な兵がいました。これなら、自分が負ける事はないと自惚れるのは当然でしょう。


藤甲軍、蜀軍を圧倒!

進軍する兵士a(モブ用)

 

やがて、烏戈国にやってきた蜀軍は、藤甲軍と交戦します。しかし、案の定、剣も矢も歯が立たない藤甲軍の前には大苦戦して、一度は退却を余儀なくされました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 関羽に惚れる曹操
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 船冒険する諸葛直 船
  4. 陸遜

    はじめての変

    陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

    陸遜(りくそん)といえば、呂蒙(りょもう)…

  5. 北条氏康
  6. 藏覇(臧覇)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP