広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

この記事の所要時間: 445

兀突骨

 

兀突骨(ごっとつこつ)は、三国志演義孔明(こうめい)の

南蛮征伐に登場する最後の蛮族である烏戈(うか)国の王として出てきます。

 

身長は十二尺、(276センチ、或いは289・2センチ)という巨人で、

全身を鱗に覆われ、穀類を食べず、生きた獣や蛇を食べます。

 

 

元祖進撃○巨人 兀突骨

photo credit: _G9A2461 via photopin (license)

photo credit: _G9A2461 via photopin (license)

 

南蛮王、孟獲(もうかく)は蜀軍の進撃により本拠地を追われ、

知将、朶思(だし)大王、バイオレンスムツゴロウの異名を取る猛獣使い

木鹿(もくろく)大王を頼りますが、いずれも蜀軍の前に敗れて戦死します。

 

追い詰められた孟獲は、妻の祝融(しゅくゆう)夫人の弟、

帯来洞主(たいらいどうしゅ)の勧めで烏戈国の王、兀突骨を頼る事になるのです。

 

 

兀突骨のワイルドすぎる食事に孟獲唖然

コウモリ

 

兀突骨は、見た目は怪物にしか見えませんが、男気のあるナイスガイでした。

「蜀軍など何ほどのものでもない」と援軍要請をOKすると、

客人である孟獲に、豚の頭や猿の脳みそ、生のコウモリなどのご馳走を出します。

 

南蛮では、ワイルドで通っていた孟獲ですが、流石に動物の生食は不可能で

「あ・・すみません、美味しく頂いています」と言うのが精一杯でした。

 

最強、剣も弓矢も通らず、水には浮く藤甲(とうこう)

油

兀突骨が余裕の態度なのは、何も自惚れではありません。

自身の強さもさることながら、烏戈国には、藤の蔓を編んで、

油を染み込ませて造り出す、藤甲(とうこう)という堅くて軽い鎧があったのです。

 

さらに、兀突骨には、この藤甲を身につけて戦う三万という勇猛な兵がいました。

これなら、自分が負ける事はないと自惚れるのは当然でしょう。

 

 

藤甲軍、蜀軍を圧倒!

photo credit: On horseback via photopin (license)

photo credit: On horseback via photopin (license)

 

やがて、烏戈国にやってきた蜀軍は、藤甲軍と交戦します。

しかし、案の定、剣も矢も歯が立たない藤甲軍の前には大苦戦して、

一度は退却を余儀なくされました。

 

孔明は、藤甲を見て火に弱いと見抜く

諸葛孔明

敗れた蜀ですが、藤甲を持ち帰る事に成功します。

孔明は、この鎧を一目みて、「これは水にも打撃にも強いが、

油を塗る事で造られているから火に弱い」と見抜きます。

 

そして、新兵器の地雷火(じらいか)を造り出す事に成功するのです。

 

新兵器 地雷火とは?

地雷

地雷火は、私達が考える地雷とは違い、木箱の中に、

爆薬を詰めたもので、外から火を付ける事で引火して爆発する

という仕組みになっていました。

 

関連記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

関連記事:華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

 

孔明、魏延(ぎえん)と馬岱(ばたい)に計略を授ける

魏延

 

孔明は魏延と馬岱を呼び、計略を授けます。

それは、わざと敗北して退却を繰り返しながら兀突骨を

盤蛇谷(ばんだこく)におびき寄せるというものでした。

 

二人は孔明との打ち合わせ通りに、藤甲兵にぶつかっては

敗走、ぶつかっては敗走を繰り返します。

兀突骨は、すっかり蜀兵が弱いと侮り二人が逃げる方向に、

追撃を繰り返します。

 

そして、馬岱と魏延が退却して十五回目、、

今度は本格的に敗走した二人を兀突骨は見失います。

 

しかし、目前の盤蛇谷には、蜀軍が放置したとみられる

食糧と財宝が満載されていました。

兀突骨は、怪しいとも思わず、全軍で盤蛇谷に殺到して、

戦利品を奪いあいます。

その中には、黒い柩のような箱に入った地雷火もありました。

 

兀突骨「なんじゃい?こりゃあ」

 

その時、大きな岩が、幾つも上から降り注ぎ、盤蛇谷の出入り口は

完全に塞がれてしまいます。

 

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

 

兀突骨と烏戈国の将兵、焼き殺される

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

ようやく、罠に掛かったと知り慌てる兀突骨ですが、もう手遅れです。

崖の上には蜀の伏兵が現れ、火矢で地雷火に狙いを付けていました。

「はなてーーーーー!!」

 

無数の火矢が降り注ぎ、それは地雷火にも命中しました。

 

地雷火は、炎を吹き上げて爆発、藤甲を着ている兵士は、

その火が鎧に引火して次々に火ダルマになります。

 

谷底は阿鼻叫喚の地獄絵図になりました。

こうして、兀突骨と烏戈国の将兵、三万人は数時間で焼死して全滅したのです。

 

孔明、自分がした事に恐怖する・・

諸葛孔明019

 

孔明は、焼け死んだ烏戈国兵の断末魔の様子を見て恐怖しました。

孔明「敵とは言え、惨い殺戮をしてしまった・・

私はこの報いで長寿する事は出来ないだろう・・」

 

三国志演義は、この伏線で五丈原で病死する孔明を暗示しています。

 

兀突骨は、全くのフィクションなのか?

巨人

 

兀突骨は、後漢の尺では276センチ、魏や晋の尺では289・2センチという

考えられない巨人であるとされています。

では、このような巨人は実在しないのか?というとこれが実在したのです。

 

実在の巨人、ロバート・ワドロー272センチ

ロバート・ワドロー

 

1918年から1940年まで生きた、アメリカ人のロバート・ワドローは、

その医学的な見地から疑いようがない身長としては世界一の272センチという

人類で一番高い身長を記録しています。

 

後漢の尺でいうと、兀突骨より4センチ低いだけです。

 

彼の場合には、自然な巨人ではなく脳下垂体腫瘍の持病があり

通常は成人したら止まる、成長ホルモンが過剰分泌された事が原因だと言われています。

 

それに急激に伸びすぎた身長のせいで、副木が無いと歩く事も困難でしたし

免疫力も低下して何度も病気に罹っています。

 

その死因も、副木が皮膚に擦れた部分が炎症を起した事が原因でした。

一般にロバート・ワドローのような巨人は長生きできない事が多いようです。

 

 

「生前非常に温厚で、誰からも愛された人物と知られている。

彼の飛びぬけた長身ぶりを疑った野次馬に足を何度も小突かれて大声で怒鳴ったこと以外怒ったことがなかったという」

(引用元:wikipedia ロバート・ワドロー)

 

巨人症により大きくなった人が歴史には実在した

生月鯨太左衛門(photo by http://www.kunisada.de/)

現在も、過去にも、巨人症のような病気により

成長ホルモンが停止せず、体が大きくなり続ける人達は存在しました。

 

日本でも江戸時代に、生月鯨太左衛門、(しょうげつ・くじらたざえもん)

釋迦ヶ嶽雲右エ門(しゃかがだけ・くもえもん)のような力士に

2m越えの巨人が存在していましたし、その身体的な特徴から、

彼等の逸話は眉唾からリアルなものまで事欠きません。

 

そんな人々の巨人ならではの伝説に尾ヒレがついていき、

三国志演義では、南蛮の巨人、兀突骨のような存在が

造り出されたのではないでしょうか?

 

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

関連記事:三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  2. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  3. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  4. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  5. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  6. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  7. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  8. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. はじめての三国志 アンケートのお願い
  4. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  5. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  6. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介! 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

おすすめ記事

  1. 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!
  2. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  3. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  4. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  6. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  7. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  8. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP