よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu
はじめての三国志note

はじめての変

孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

この記事の所要時間: 256

孔明 出師

尚書(しょうしょ)」という肩書きを聞いたことはおありでしょうか。

中国史好きなら誰もが知っている基本中の基本単語ですが、ひとまずざっくり説明します。

 

 

「尚書」ってなに?

㈱三国志 劉備 孔明

 

尚書というのは秦代~元代まで朝廷に存在した役職・部署の名前です。

その地位や役割は時代によって少しずつ異なるものの、

前漢代~三国時代においては主に上奏文(臣下から皇帝へ上げられる伺い書・決裁書)などの公文書を管轄する皇帝付きの秘書官・秘書機関でした。

 

最初はパシリ扱いの身分の低い役職だった

ヤンキー曹操

 

はじめは単に文書の伝達や取り次ぎを行うだけの、

いわゆるパシリ的な身分の低い役職でしたが、

政治の場で皇帝のそばに侍り、やがて伝達だけでなく内容のチェックや起草(文書の起案)など重要な事務を取り扱うようになったためか、

だんだんと実権を得て高位の官職になります。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

三国志で有名な尚書令と言えば諸葛孔明荀彧

孔明過労死

 

後漢~三国時代では、尚書台や尚書省という部署が置かれ、長官である尚書令、次官である尚書僕射、その他ヒラの事務補佐である尚書郎、そして時により尚書令の上に録尚書事という取りまとめ役がいました。

ちなみに三国志で有名な尚書令といえば、曹操の右腕であった荀彧、録尚書事には劉備のブレーンであった諸葛孔明がいます。

 

これ以上の詳しいことは学術書やWikipediaに譲るとして、この尚書、つまり皇帝秘書は、お分かりのとおり男性の役人のお仕事です。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

歴史書に女尚書の役職を発見

絶世美女 貂蝉

 

ところが、歴史書をためつすがめつ見ていると、ある瞬間にふと「女尚書」の3文字が飛び込んでくることがあります。

 

「女」尚書? 気になります。

 

まさか当時にして実はすでにして女性の高級官僚が登場していたのでしょうか?

 

そんなどこかの中華ファンタジー小説的なことがあったとは、古代中国、進んでる!

と言いところなのですが、残念ながら女尚書はいわゆる尚書と同一のポジションではなく、後宮女官のお役目の一つなのです。

 

女尚書はいつ存在してたの?

女性 伏兵 ドグマグラグ 曹操

 

いつからあったのかは定かではありませんが、少なくとも歴史書の記録からすると、後漢~南北朝時代に存在していたようです。

また、後漢時代にはお妃様と一緒にトラブルメーカーになったこともあり(『後漢書』陳蕃伝、竇武伝)、それなりの権力を握っていたと思われます。

 

女尚書はお飾りではなく実務を負っていた

後宮 美女 階級

 

しかし女尚書はお飾りというわけではなく、ちゃんと実務も負っていました。

たとえば三国時代、魏の明帝は、後宮内から教養ある女性を選び、

更にその中でも信頼のおける女性を6人を選りすぐって女尚書とし、文書決裁など一定の公務を任せました(『三国志』魏書明帝紀)。

 

またある時には、乱暴者のボンクラ皇子の病気見舞いに遣わされて剣で斬りかかられたり、

危ない目に遭うこともありました(『晋書』石季龍載記)

 

漢代~三国時代の彼女たちの装いは、「貂蝉」という貂のしっぽと蝉の文様の装飾を身につけ、「璽」という公印を腰から下げていたといい(『晋書』礼志)、いずれも男性官吏と共通しています。

 

関連記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

関連記事:中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

 

三国志ライター楽凡の独り言

平安時代 p

 

ちなみにこの身分、平安時代の尚侍によく似ています。

 

字面もそうですが、尚侍もまた天皇のそばに侍り、

下から天皇へ上がってくる公文書の取り次ぎをしたり、天皇の命令を下々へ伝達する役目を負いました。

 

昔の身分ある女性は、内に籠って、公の場には一切足を踏み入れなかったように思われがちですが、意外にもこうして政治の一端を任されたりしていたのですね。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

 

こちらの記事もよく読まれています

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

孫権 冠

 

よく読まれてる記事:被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

 

董卓紙幣

 

よく読まれてる記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

 

この記事を書いた人:楽凡

baienfu

自己紹介:歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。

楽凡

楽凡

投稿者の記事一覧

HN:

楽凡

自己紹介:

歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。
何か一言:

タイムマシンが欲しいけど発明されたくない葛藤。

関連記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  3. 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?
  4. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!…
  5. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後…
  6. 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?
  7. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  8. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  2. キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー
  3. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  4. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  6. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか? 五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター キングダム537話 休載祭り(2)王翦と王賁の親子を考えよう 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期

おすすめ記事

  1. 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  2. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」
  3. キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー
  4. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  5. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  6. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」
  7. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  8. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP