法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

陳寿が語る孫権像

kataru




kataru

 

魏の曹操、蜀の劉備と比べると、どうにも地味な感じがする

呉の孫権ですが、

正史三国志』の著者、陳寿孫権のことを以下のように

評しています。




万事につけて抜きんでる

孫堅

 

「孫氏兄弟をみると、各々才が秀でていて、聡明であるものの、

みんな天命をまっとうできずに短命だった。

ただ、中の弟の孝廉(こうれん)は万事につけて抜きんでていて、

すべてをまっとうする相があった。

年も最も長寿であった」

 

孫氏兄弟というのは、孫堅の息子たち

孫策孫権・孫翊(そんよく)三兄弟のことです。

つまり中の弟孝廉とは、孫権のことです。

 

歴史家陳寿は、孫権を、万事につけて抜きんでると、

かなり高く評価しています。




勾践のような英知がある

赤壁の戦い

 

「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」という四字熟語をご存知でしょうか。

これは、三国時代よりさらにさかのぼること700年ほど前の

春秋時代にあった出来事から作られた言葉です。

 

当時、呉(ご)と越(えつ)という国が激しく諍いをしていました。

「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」という故事もあります。

これは、仲の悪い者同士でも利害が一致すれば助け合う、

という四字熟語ですが、「呉と越が仲が悪い」という上で成り立つ故事です。

 

さて。臥薪嘗胆に話を戻しますと……

越王勾践(こうせん)は、戦いの末、呉王闔閭(こうりょ)を殺します。

闔閭の息子の夫差(ふさ)は、勾践への復讐を誓い、

固い薪の上に寝て、自らを戒め、数年後に越国へ攻め入ります。

これが「臥薪」です。

さて、越王勾践は、呉王夫差に次の戦で大敗し、越国は滅亡寸前になります。

今度は、勾践がこの悔しさを忘れないようにするために、

苦い肝をつるして毎日それを舐め、呉王夫差への復讐を誓います。

これが「嘗胆」です。

越王勾践は、次の戦で見事夫差を打ち負かし、復讐を遂げるという話です。

 

陳寿は、この勾践に孫権をなぞらえたのです。

孫権が、勾践のような戦略家であるという評です。

 

余談ですが、

越王勾践には、范蠡(はんれい)という優秀なブレーンがいました。

この范蠡は、絶世の美女西施(せいし)を見出し、

呉王夫差に送り付けて兵法美人の計を成し遂げた人でもあります。

 

孫権にも、張昭周瑜魯粛呂蒙諸葛瑾陸遜など

優秀な部下がそろっていました。

このあたりも、勾践になぞらえたゆえんかもしれません。

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




 

よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 魯粛、孫権、張昭 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようと…
  2. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  3. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  4. kawausoって、何者?
  5. 城 銅雀台 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  6. 法正、劉璋、劉備 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  7. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  8. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周倉とホウ徳
  2. 周瑜 美男子
  3. 幕末 西郷糸子
  4. 夷陵の戦いで負ける劉備
  5. 長篠の戦いWikipedia
  6. 宋銭 お金と紙幣
  7. 城の前を掃除する孔明

おすすめ記事

  1. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 篤姫
  2. 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  4. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  5. 阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!? 胡亥
  6. 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座? 孔明

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 孔明
  4. 蒟蒻問答 孔明と張飛
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳羣と曹丕
  2. 春申君

おすすめ記事

諸葛一族 魏や呉にもいた諸葛一族の話 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介 キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない? 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 関帝廟 関羽 関羽はお金の神様?風水における関羽像について 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP