架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

陳寿が語る孫権像

この記事の所要時間: 150




kataru

 

魏の曹操、蜀の劉備と比べると、どうにも地味な感じがする

呉の孫権ですが、

『正史三国志』の著者、陳寿は孫権のことを以下のように

評しています。




万事につけて抜きんでる

孫堅

 

「孫氏兄弟をみると、各々才が秀でていて、聡明であるものの、

みんな天命をまっとうできずに短命だった。

ただ、中の弟の孝廉(こうれん)は万事につけて抜きんでていて、

すべてをまっとうする相があった。

年も最も長寿であった」

 

孫氏兄弟というのは、孫堅の息子たち

孫策・孫権・孫翊(そんよく)三兄弟のことです。

つまり中の弟孝廉とは、孫権のことです。

 

歴史家陳寿は、孫権を、万事につけて抜きんでると、

かなり高く評価しています。




勾践のような英知がある

赤壁の戦い

 

「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」という四字熟語をご存知でしょうか。

これは、三国時代よりさらにさかのぼること700年ほど前の

春秋時代にあった出来事から作られた言葉です。

 

当時、呉(ご)と越(えつ)という国が激しく諍いをしていました。

「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」という故事もあります。

これは、仲の悪い者同士でも利害が一致すれば助け合う、

という四字熟語ですが、「呉と越が仲が悪い」という上で成り立つ故事です。

 

さて。臥薪嘗胆に話を戻しますと……

越王勾践(こうせん)は、戦いの末、呉王闔閭(こうりょ)を殺します。

闔閭の息子の夫差(ふさ)は、勾践への復讐を誓い、

固い薪の上に寝て、自らを戒め、数年後に越国へ攻め入ります。

これが「臥薪」です。

さて、越王勾践は、呉王夫差に次の戦で大敗し、越国は滅亡寸前になります。

今度は、勾践がこの悔しさを忘れないようにするために、

苦い肝をつるして毎日それを舐め、呉王夫差への復讐を誓います。

これが「嘗胆」です。

越王勾践は、次の戦で見事夫差を打ち負かし、復讐を遂げるという話です。

 

陳寿は、この勾践に孫権をなぞらえたのです。

孫権が、勾践のような戦略家であるという評です。

 

余談ですが、

越王勾践には、范蠡(はんれい)という優秀なブレーンがいました。

この范蠡は、絶世の美女西施(せいし)を見出し、

呉王夫差に送り付けて兵法美人の計を成し遂げた人でもあります。

 

孫権にも、張昭、周瑜、魯粛、呂蒙、諸葛瑾、陸遜など

優秀な部下がそろっていました。

このあたりも、勾践になぞらえたゆえんかもしれません。

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




 

よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  2. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  3. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  4. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  5. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム…
  6. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  7. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  8. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  2. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  3. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  4. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師
  5. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  6. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!! 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します! 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  2. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  3. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  4. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  5. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将
  6. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  7. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?
  8. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP