ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

項羽

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

三国志の英雄孫策(そんさく)は、南方の呉の地域を統一した後「小覇王」と呼ばれます。

 

この「小覇王」と呼ばれた所以は、小説三国志演義によると楚漢戦争時代、天下の覇権を争った「西楚覇王」項羽(こうう)の武略にあやかりつけたそうです。

項羽はめちゃくちゃ強く数々の伝説の戦いを繰り広げた人物です。今回は伝説化した戦いの数々を紹介していきます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

伝説の戦いその1・鉅鹿の戦い(きょろくのたたかい)

項羽 はじめての三国志002

 

項羽の強さを語るには欠かせないのが鉅鹿の戦いです。

秦軍に包囲された趙の鉅鹿城を救出するため楚は上将軍宋義と項羽を援軍として派遣します。

しかし宋義は鉅鹿城の救援に向かうどころか新陽という町に駐屯します。

ビックリ仰天なのがこの新陽の地に46日間も無駄にとどまっていたのです。

 

何で新陽の地にとどまってたの?

photo credit: Bukit Lawang – Darkness Falls via photopin (license)

 

なぜ新陽の地にとどまっていたのでしょうか。

宋義いわく「趙と秦を戦わせ疲れさせることで、楚に有利な状態を作るために留まっている。

また息子の宋襄(そうじょう)を斉に派遣しており、斉の援軍が来てから秦軍と戦うつもりである」と話しています。

この態度に業を煮やした項羽は宋義の首を跳ね飛ばし、斉へ向かっている宋襄を斬ります。

項羽は宋義を斬った後、諸将の前で「宋義は斉と密約を結び反乱を起こそうとしたので、私が楚王の命を受け宋義を斬った」と宣言し、

項羽は楚軍の総大将に就き、将軍である英布を先鋒として鉅鹿城へ向かわせます。

その後、項羽は諸将の前で驚きの行動を起こします。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

3日分の食料だけを残し士気を高める項羽

項羽

 

なんと3日間分の食料だけを残し、それ以外はすべて焼き、調理に使う鍋や黄河を渡る船をすべて焼きます。

この光景を見て退路と食料が無くなった事を悟った諸将は意気消沈すると普通なら思います。

しかし項羽の決意を見て兵士と諸将は逆に士気を高め鉅鹿城へ向かいます。

秦軍は約30万の軍勢で鉅鹿城を包囲しており、包囲軍は鉅鹿城の周りに壁を作り、救援に来る軍勢に対しても防御は完璧な状態です。

 

鉄壁の防御を施した包囲軍に項羽軍が突撃を開始。

鉄壁の防御をぶち破ってきた楚軍に仰天した秦軍は大混乱です。

そのまま楚軍は秦軍に猛攻をかけて、ついに包囲していた秦軍の将軍王離を斬ります。

また他の将軍も倒して鉅鹿城救援を成功させます。

この時、項羽が率いていた軍勢は最低で5万程度といわれています。

一説には10万ともありますが、いずれにせよ秦軍よりも少ない兵力で秦軍を完膚なきまで叩いたこの鉅鹿の戦いは項羽の伝説化された戦いの一つです。

 

伝説の戦いその2・彭城攻略戦(ほうじょう こうりゃくせん)

photo credit: Sonnenaufgang – 11.Mai 2006 – 6.00h via photopin (license)

 

伝説の戦いのその2は彭城攻略戦です。

この戦いは斉に遠征中の項羽軍の本拠地である彭城が劉邦(りゅうほう)軍に奪われた後、項羽が彭城を取り戻す戦いです。

劉邦軍は五王を従え、兵力は56万というとんでもない大軍で守備兵がほとんどいない彭城を陥落させます。

斉軍と戦っていた項羽はこの報告を聞き、髪の毛を逆立て怒髪天を衝くほど怒ります。

楚の将軍たちが止めるのを聞かずに、自ら精鋭3万騎を選んで、斉の地から彭城へまっしぐらに駆けていきます。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  2. 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった?
  3. 蒋琬と姜維と王平 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみ…
  4. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持…
  5. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  6. 王平は四龍将 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…
  7. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  8. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. 黒田官兵衛
  3. ホウ徳
  4. 諸葛瑾
  5. 病に倒れる始皇帝
  6. 賈詡と曹操
  7. 函谷関
  8. シリア 関羽
  9. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い 武田信玄
  2. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 呂布に仕える袁渙
  3. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  4. 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは 七星剣
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 軍師孔明
  6. キングダム612話ネタバレ予想vol3堯雲&趙峩龍は信にどんな影響を与えたの? キングダム55巻

三國志雑学

  1. 関羽が殺されキレる劉備
  2. 異民族に好かれる董卓
  3. 三国志 武器
  4. 周瑜と孫策


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 怒る孔明
  2. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 鎌倉時代 服装 男女
  4. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  5. 張角逝く
  6. 田畑政治 いだてん

おすすめ記事

徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている! 蜀の劉備 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか? 司馬徽と劉表 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望 ボロボロになった馬超 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 【目からウロコ】ピカソが大金持ちだった本当の理由 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう 立花宗茂 【東の本多忠勝と西の立花宗茂】凄いのはどっち?凄さを比較してみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP