広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

この記事の所要時間: 411

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

三国志の英雄孫策(そんさく)は、南方の呉の地域を統一した後「小覇王」と呼ばれます。

 

この「小覇王」と呼ばれた所以は、小説三国志演義によると楚漢戦争時代、天下の覇権を争った「西楚覇王」項羽(こうう)の武略にあやかりつけたそうです。

項羽はめちゃくちゃ強く数々の伝説の戦いを繰り広げた人物です。今回は伝説化した戦いの数々を紹介していきます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

伝説の戦いその1・鉅鹿の戦い(きょろくのたたかい)

項羽 はじめての三国志002

 

項羽の強さを語るには欠かせないのが鉅鹿の戦いです。

秦軍に包囲された趙の鉅鹿城を救出するため楚は上将軍宋義と項羽を援軍として派遣します。

しかし宋義は鉅鹿城の救援に向かうどころか新陽という町に駐屯します。

ビックリ仰天なのがこの新陽の地に46日間も無駄にとどまっていたのです。

 

何で新陽の地にとどまってたの?

 

なぜ新陽の地にとどまっていたのでしょうか。

宋義いわく「趙と秦を戦わせ疲れさせることで、楚に有利な状態を作るために留まっている。

また息子の宋襄(そうじょう)を斉に派遣しており、斉の援軍が来てから秦軍と戦うつもりである」と話しています。

この態度に業を煮やした項羽は宋義の首を跳ね飛ばし、斉へ向かっている宋襄を斬ります。

項羽は宋義を斬った後、諸将の前で「宋義は斉と密約を結び反乱を起こそうとしたので、私が楚王の命を受け宋義を斬った」と宣言し、

項羽は楚軍の総大将に就き、将軍である英布を先鋒として鉅鹿城へ向かわせます。

その後、項羽は諸将の前で驚きの行動を起こします。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

3日分の食料だけを残し士気を高める項羽

項羽

 

なんと3日間分の食料だけを残し、それ以外はすべて焼き、調理に使う鍋や黄河を渡る船をすべて焼きます。

この光景を見て退路と食料が無くなった事を悟った諸将は意気消沈すると普通なら思います。

しかし項羽の決意を見て兵士と諸将は逆に士気を高め鉅鹿城へ向かいます。

秦軍は約30万の軍勢で鉅鹿城を包囲しており、包囲軍は鉅鹿城の周りに壁を作り、救援に来る軍勢に対しても防御は完璧な状態です。

 

鉄壁の防御を施した包囲軍に項羽軍が突撃を開始。

鉄壁の防御をぶち破ってきた楚軍に仰天した秦軍は大混乱です。

そのまま楚軍は秦軍に猛攻をかけて、ついに包囲していた秦軍の将軍王離を斬ります。

また他の将軍も倒して鉅鹿城救援を成功させます。

この時、項羽が率いていた軍勢は最低で5万程度といわれています。

一説には10万ともありますが、いずれにせよ秦軍よりも少ない兵力で秦軍を完膚なきまで叩いたこの鉅鹿の戦いは項羽の伝説化された戦いの一つです。

 

伝説の戦いその2・彭城攻略戦(ほうじょう こうりゃくせん)

 

伝説の戦いのその2は彭城攻略戦です。

この戦いは斉に遠征中の項羽軍の本拠地である彭城が劉邦(りゅうほう)軍に奪われた後、項羽が彭城を取り戻す戦いです。

劉邦軍は五王を従え、兵力は56万というとんでもない大軍で守備兵がほとんどいない彭城を陥落させます。

斉軍と戦っていた項羽はこの報告を聞き、髪の毛を逆立て怒髪天を衝くほど怒ります。

楚の将軍たちが止めるのを聞かずに、自ら精鋭3万騎を選んで、斉の地から彭城へまっしぐらに駆けていきます。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  2. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  3. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  4. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  5. 何で日本人は三国志が好きなの?
  6. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  7. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  8. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  2. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  3. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  4. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。
  5. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  6. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 何でこんなに孫権は地味なの?

おすすめ記事

  1. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  2. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!
  3. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  4. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  6. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  7. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  8. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP