後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2

2015年11月29日


 

光武帝劉秀part1 04 劉秀

 

前回のお話は、光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の青年期から、

100万の軍勢を打ち破った昆陽の戦いをお話ししました。

今回は河北の転戦と劉秀が皇帝に至るまでのお話をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

関連記事:三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情


 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



軟禁状態から解放された劉秀

光武帝劉秀part2 01 劉秀

 

劉秀は兄劉縯が殺された後、更始帝と側近たちから危険視され、軟禁されておりました。

ですが軟禁状態は、長くは続きませんでした。

更始帝は新の首都・洛陽と長安を陥落させ「新」を滅亡させ、首都を洛陽と長安に定めます。

更始帝は首都を定めた後、河北を平定する人材選びを行います。

 

河北平定の適任者がいないため劉秀が抜擢

光武帝劉秀part1 01 劉秀、陰麗華

 

更始帝が河北を平定する適任者を探していると聞いた家臣が

「昆陽の戦いで活躍した劉秀を用いればいいのでは。」と進言します。

更始帝は劉秀を危険な存在とみなしていましたが、

河北平定の適任者がいないため彼を用いる事にしました。

劉秀は河北平定の任務を与えられた事で、

更始帝と側近たちからの監視の目を逃れる事になります。

しかし、この河北平定が、劉秀にとってつらい苦難の始まりだと、

その時の彼は気づくことはありませんでした。

 

呂布対項羽

 

河北での苦難

光武帝劉秀part2 02 劉秀

 

劉秀はわずかな軍勢と側近らを従えて河北へと向かいます。

劉秀は春秋戦国時代・趙の都であった邯鄲を過ぎた頃、

邯鄲の豪族・王郎が、漢の成帝の子であると自称して、挙兵します。

王郎は河北全域に劉秀を捕えるよう指名手配し

「捕縛したものには莫大な恩賞を与える」と各地の都市に劉秀を捕縛するよう呼びかけます。

 

洞窟に暮らす劉秀

光武帝劉秀part2 03 劉秀

 

劉秀はそのため、各地の都市に入る事が出来ず、洞窟で暮らすことになります。

劉秀が邯鄲を過ぎたころ季節は冬でした。河北の冬は想像を絶するほど寒く、

野外で暮らすことは死を意味するほど厳しい状況でありました。

劉秀の側近である鄧禹が森から薪を集めて火をおこし、

また馮異は食物(豆や麦飯)などを村から買ってきて、

その日、その日の飢えと寒さをしのぐ劉秀一行でした。

このような状態が数か月続いたある日、劉秀の元に吉報がもたらされます。

王郎の支配に反発した信都郡の太守である任光が劉秀の味方をしたいと名乗りを上げます。

劉秀はこの事を聞き、急いで信都郡へと向かいます。

劉秀は側近を連れて信都に着くと、太守である任光が城門を開けて彼らを待ち受けていました。

こうして彼らの苦難に満ちた河北の旅は終わり、ここから劉秀の快進撃が始まります。

 

河北平定へ

光武帝劉秀part2 04 劉秀

 

劉秀は信都を手に入れた後、王郎から離反した和成郡の太守・邳彤が配下に加わります。

劉秀は二つの土地を味方に着け、この勢いをもって諸郡の攻略に向かいます。

諸郡攻略と同時に王郎の元に身を寄せていた、皇族である劉楊(りゅうよう)の説得工作を開始します。

諸郡攻略を行っていた劉秀の元に続々と吉報が訪れます。

一つ目は説得工作をしていた劉楊が王郎の元を離れ、10万の軍勢を率いて劉秀の元へ馳せ参じます。

彼は劉秀に協力する代わりに、姪である郭聖通を正妻として迎え入れるよう条件を出します。

しかし劉秀は、正室に陰麗華を迎え入れる約束をしていました。

彼はそのためかなり悩みますが、河北を統一するため、致し方なく劉楊の条件を受け入れ、

郭聖通を正妻として迎え入れ、劉楊とその軍勢10万を味方に着けます。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-新末後漢初期
-, , , , , , , , , ,