曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3

この記事の所要時間: 250

貨幣制度を一新



光武帝

 

さらに王莽が貨幣制度をぐちゃぐちゃにしたため、悪い貨幣が流通しておりました。

この貨幣を回収し、新たに五銖銭を製造し、貨幣制度を一新させました。

他にも軍の制度を最小限にすることで、財政の圧迫を減少させたり、儒教を国教に定めたりと様々な施策を打ち出していきます。

こうして劉秀は、後漢王朝の基盤を作り、安定した政権を確立する事に成功します。

 

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?




劉秀はどのような人物であったのか

光武帝劉秀part2 05 劉秀

 

劉秀は様々な政策を打ち出してきた人物ですが、いったい彼はどのような人物であるのかを明かしていきたいと思います。

彼は最初に紹介した通り、村の中でまじめな青年と思われていました。

劉秀は天下を統一し、生まれ故郷に凱旋した際に一族や周辺の村の人々を呼んで宴会を開きます。

この時に村のおばさんが「文叔(劉秀のあざな)は若いとき、慎重な性格で人とあんまり交わることがなく、

まじめだけが取り柄の子だったのに、今や立派な皇帝になって」と言われたそうです。劉秀は笑っておばちゃんの話を聞いていたそうです。

 

また彼は狩りが好きで、ちょくちょく庶民の服に着替えて遠出をし、夜中に帰ってくることが多かったそうです。

家臣は夜中に帰ってくる劉秀を何度か注意したそうです。

しかし劉秀は家臣の意見を聞かずに夜中に帰ってくることを繰り返していたら、

家臣に城門を閉められ、中に入れてもらえなかったそうです。

かなり残念な部分を持っていた劉秀ですが、昆陽の戦いや河北統一戦などでは、

常に戦場の最前線に立ち、剣や戟を使って戦っていたそうです。




皇帝になっても騎兵を率いて戦った

光武帝劉秀part1 04 劉秀

 

皇帝になった後も反乱を起こした豪族などの討伐戦では騎兵を率いて戦っていました。

彼は戦場の一番危険な最前線で戦っていたのにも関わらず戦いが嫌いでした。

ある日、劉秀の息子(後漢二代目皇帝)が戦いの事を訪ねてきても「汝には関係ない話である」と

戦について話さなかったそうです。

劉秀は平和な世の中を作っていく人物達には、戦の事を知る必要がないと思っていたので、

戦にまつわる話をしなかったのかもしれませんね。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

光武帝・劉秀のお話を三回に分けてお話させて頂きました。

後漢王朝を作り上げた劉秀が居なければ、三国志の時代はやってきませんでした。

そう考えるとはじめての三国志の中で記事を書いている私は

劉秀に感謝しなくてはならないと思い、今回書かせていただきました。

長々と書き連ねてきましたが、読んでいただいた読者の方本当にありがとうございました。

今回はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

ページ:
1

2

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志…
  2. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  3. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  4. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  5. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  6. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  7. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマ…
  8. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画
  2. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  3. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  4. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!
  5. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!
  6. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何? 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男

おすすめ記事

  1. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?
  2. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  3. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  4. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  5. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  7. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  8. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP