三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!




司馬懿対孔明

 

『星落秋風五丈原』と言えば…

三国志ファンならこの七文字を見ただけで、何処の話か、誰の話か、何の事を言っているのかピンとくる事でしょう。

そうです!蜀の諸葛亮が最期の力を振り絞り、中原を制すべく五丈原で司馬懿と対峙する…最後のあたりですね。

 

三国志には物語を紡いできた幾多の英雄達がいましたが、秋風が吹く五丈原で、最後の巨星がついに落ちてしまいます。

三国志演義など、多くの三国志のストーリーは諸葛亮の没後は急速に精彩を欠き、あっという間に終わってしまいます。

当然ながら歴史自体は晋国が成立し、休むことなく続いていくのですが…

それだけ諸葛亮の死は三国志の中でも大きな意味を持つものでした。




三国志演義の七言絶句から生まれた

孔明過労死

 

『星落秋風五丈原』という、三国志ファンの心を抉るフレーズは元々 は『三国志演義』の第三十八回 「定三分隆中決策」の中で

 

身未升騰思退步

功成應憶去時言

只因先主丁寧後

星落秋風五丈原

 

という七言絶句で登場します。

 

諸葛亮は中原を蜀漢の手に取り戻すという念願も果たせぬまま、命がつきようとしています。

脳裏によぎるのは先帝からの御恩と、蜀のこれからの事を心配するばかり。

流れ星が秋風吹く五丈原に落ち、ついに諸葛亮は息を引き取りました…。ああ、哀しや!

 

というシーンなのですよね。後世の詩人がそう詠んだ、という事になってます。

これより、諸葛亮の最期を語るフレーズとして『星落秋風五丈原』は後世の三国志作品に脈々と受け継がれていきました。




祁山悲秋の風吹けて、陣雲暗し五丈原

photo credit: A Field of Wheat Stretching on and on…(Black & White) via photopin (license)

 

この諸葛亮の生き様に心を打たれた後世の多くの詩人達が、諸葛亮を讃える詩歌や、五丈原での諸葛亮を描いた詩歌を残しています。

 

中でも日本人に広く知られたのは土井晩翠による『天地有情』という詩集の中の、『星落秋風五丈原』という叙情詩でしょう。

 

ここで一遍をご紹介です。

 

『星落秋風五丈原』

(ほしおつしゅうふうごじょうげん  又は  せいらくしゅうふうごじょうげん)

 

祁山悲秋の 風更(ふ)けて

陣雲暗し 五丈原

零露(れいろ)の文(あや)は 繁(しげ)くして

草枯れ馬は 肥ゆれども

蜀軍の旗 光無く

鼓角(こかく)の音も 今しづか。

 

丞相病 あつかりき。

 

(訳)

五丈原の祁山に吹く秋風は、嘆くように吹き荒んでいる。

蜀軍の陣には不吉な暗雲が立ち込めている。

秋の夜明けは草葉に露が玉を為し

陣中の戦備は抜かりないが

我が蜀軍の旗は弱々しく垂れ下がっているのだ。。

戦を鼓舞する鼓の音も、角笛の音も今は鳴りを潜めている。

丞相の病がかなり重い為であろうか。

 

…という、五丈原で諸葛亮が没するまでを詠んだ詩です。

以下、七章349行にも及ぶ長い叙情詩なのですが…

 

本当に、素敵過ぎるのです!!!!

 

何だかもう余命幾ばくも無い諸葛亮の様子に、蜀軍全体がどよ〜んと暗くなり、五丈原にも秋風が吹くようになって寂しくなってる様子がありありと感じられます!悲痛な馬の嘶きや、冷たい秋風が五丈原の草木を揺らす音さえ聞こえそうです。

とても長い叙情詩なのですが、是非ご一読をお勧めしたい作品であります。

土井晩翠先生素晴らしい!

 

三国志が好きだった土井晩翠(どい ばんすい)

土井晩翠

 

この『星落秋風五丈原』の作者である土井晩翠は、ご存知『荒城の月』の作詞者でもあります。

 

土井晩翠は宮城県出身で、1871年(明治4年)に生まれた日本の詩人であり、英文学者でもありました。

その作品は男性的な漢詩調の詩風で、同時期に活躍していた島崎藤村が女性的な詩風であるのと対照的で、並んで「藤晩時代」と称されていました。

 

英文学者でもあるのでホメロスやカーライル、バイロン等の翻訳も手がけています。

 

土井晩翠は小学生の頃、父親の影響で『水滸伝』や『三国志』『十八史略』に親しんでいたといいます。

多くの高名な詩人がそうであったように、この頃から土井晩翠も諸葛亮の最期に涙したのかもしれませんね。

 

『星落秋風五丈原』は大流行!

 

土井晩翠にとって『天地有情』は初の叙情詩集であったのですが、同時に代表作ともなりました。

中でも『星落秋風五丈原』は明治の世でも大流行!

 

出版前は「こんなの売れないねー」と出版自体を断られ、周りの働きかけで何とか出版した『天地有情』だったのですが、出版社も本人も予想しなかったほどの大流行となったのです。

 

原稿料も高くは無かったので、本人も印税などとは夢にも思って無かったそうです。

 

この大ヒットで一躍、土井晩翠は詩人としての名を広めました。

 

特に『星落秋風五丈原』は多くの人に愛され、面白いエピソードまで残っています。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  2. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  3. 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…
  4. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  7. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  8. 郭嘉 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備
  2. 曹操と劉備
  3. 趙姫
  4. 張飛と本多忠勝

おすすめ記事

  1. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?
  2. 橋本左内ゆかりの福井県をナビゲート
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  4. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  5. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!
  6. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!

三國志雑学

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  2. 劉備に降伏する劉璋
  3. 陸遜
  4. 劉邦
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と張松(ちょうしょう)
  2. 周瑜と孫策
  3. 孫皓と張俊
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  5. 馬に乗って戦う若き織田信長

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 張コウ 張郃 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 曹操と機密保持 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 岩崎弥太郎とはどんな人?世界の三菱を築き上げた一代の政商の生涯 よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをついに経験しました!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP