ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

兵馬俑

兵馬俑

広大な始皇帝の一部である兵馬俑は2200年前の秦帝国の威容を

現在に伝える貴重な文化遺産です。

 

しかし、主に話題になるのは、高さ180センチ、重さ300キロの

兵士俑なので、ここでは同じく大量に出土した戦車について書きます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

タンクじゃないよ、チャリオットだよ

photo credit: DSCF0737.JPG via photopin (license)

photo credit: DSCF0737.JPG via photopin (license)

 

戦車というと、現代人の私達は、どうしても鉄の装甲に覆われた大砲付き戦車を

連想しますが、もちろん、兵馬俑から出てきたのは現代の戦車ではありません。

それは、チャリオットという、馬に引かせる車輪付きの箱の事です。

 

兵馬俑からは、130輌という戦車が発掘されています。

 

 

秦の戦車は4頭の馬で引くタイプでしたが、残念ながら、車体は木造なので、

粘土の兵馬俑と違い、2200年の歳月で朽ち果ててしまいました。

従って完全な姿で発見された戦車は一輌もありません。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

 

 

リアル志向の始皇帝は、兵馬俑に本物の武器や馬具を装備

 

始皇帝はリアル志向の人物でした、ですから、兵士俑にも実際に武器を持たせ

戦車には、手綱や馬具、それに銅鑼や鐘というような金属製品を装備させて

埋葬しているのです。

 

それら金属は木よりも遥かに長い歳月を耐えますから、

そのような遺物から秦の時代の戦車の形が分かってきました。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

秦の時代の戦車のフォルムとは?

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

秦で使用されていた戦車は、1・35メートルの二つの車輪に

車軸、そして舵棒が装備されています。

本体は長方形で幅1・4メートル、前後の長さは1・2メートルで、

車体には40センチの囲いがついていました。

また秦の時代の戦車は、出入り口が後ろについていた事が分かっています。

そして、外装には漆を用いて、様々な模様が描かれていたようです。

それが将軍用や皇帝用の戦車となれば、装飾は、より目立ち派手なものに

なっていったでしょう。

 

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

 

戦車には二種類が存在した

photo credit: DSC_2788 via photopin (license)

photo credit: DSC_2788 via photopin (license)

 

秦の時代の戦車には、指揮車と一般車の二種類の戦車がありました。

指揮車とは、文字通り、将軍のような司令官が乗り前線に指示を出す役割を

持っています。

この指揮車には、銅鑼と鐘が吊り下げられていました。

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  2. 呉夫人 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  3. 蒋琬と姜維と王平 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみ…
  4. 亡くなる張飛将軍 もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?
  5. 袁術の最後 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  6. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  7. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  8. 孔明 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 三国志の地図(州)
  3. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)
  4. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 蜀の姜維
  7. 孔明もコペルニクスに似ていた
  8. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん

おすすめ記事

  1. 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地について 田畑政治 いだてん
  2. 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!? 司馬昭
  3. キングダム588話 休載スペシャル「キングダムの時代に祭りはあったの?」 キングダム53巻
  4. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 函谷関
  5. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた! 孔明と司馬懿
  6. キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない? キングダム

三國志雑学

  1. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  2. 曹操は褒め上手
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 羅貫中と関羽
  5. 君主論24 曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. 徳川家を守った篤姫
  3. 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  4. オオクニヌシ(日本神話)
  5. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  6. 仲の悪い魏延と楊儀
  7. 難斗米(なしめ)
  8. 北伐する孔明

おすすめ記事

結婚を喜ぶ孫策 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 暴れまわる異民族に困る梁習 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志10月号」10月5日(土)に出版決定 孔明 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ 法正 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP