みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

秦の始皇帝は、王に上位する皇帝の価値を産み出す





キングダム 始皇帝

 

紀元前221年、七雄の一国、秦は500年の争乱を終わらせて、

始めて中国を統一します。

 

ここで、秦王政は、以前の最高位である王を超える称号の創設に

着手しました、もはや手垢のついた王には満足できなかったのです。

そこで、生まれたのが、中国古代の三人の神を表わす三皇と、

五人の聖帝を表わす五帝から、それぞれ名前を取った「皇帝」という称号でした。

 

以後、中国においては、王は皇帝が任命する地位の一つになり、

唯一絶対の地位は皇帝という事になっていくのです。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?




皇帝が出来て王の地位は、どうなったのか?

始皇帝 キングダム

 

皇帝という称号が出来て、前漢の時代に入ると、

王の称号は皇帝の息子達に与えられる称号になります。

彼等は、諸侯王(しょこうおう)と呼ばれ、特定の広さを持つ領地に赴任して、

ヘマをしない限りは、代々、○○王として、その土地を支配しました。

 

例えば、前漢の7代皇帝である武帝は、景帝の子でしたが、

四歳で、膠東王(こうとうおう)に任命されています。

王は、こうして、皇帝の王子が任命される地位になっていきます。

 

もっとも乱世になると、それぞれの実力者が王になるような、

時代に戻っていきます、晋の後の150年の争乱、五胡十六国の

争乱の時代などがそうです。

 

卑弥呼イラスト0008 kiki

 

また、王位は、中華王朝に臣従する、中華の外にある

異民族の国の支配者に与える称号としても活用されました。

日本でも卑弥呼(ひみこ)が西暦239年(238年説もあり)に、

魏の曹芳により、親魏倭王に任命されていますし、

それより時代は降りますが、5世紀の大和朝廷の五人の大王(おおきみ)も、

それぞれ、倭王(わおう)の称号を受けています。

 

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

関連記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より




では、五爵はどうなったのか?

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

王の上に皇帝が登場すると、爵位は、五爵から二十爵まで数が増えます。

その中の下の階級には庶民に与えられるようなものもありました。

 

これは、国で祝い事があった時などに、一律に庶民にも配られ、

皇帝の権威を国全体に及ぼそうと考えたものでした。

別に苦労なくもらえるので特典という程の事もなく、

ぶっちゃけ大したものではありませんでした。

 

それに庶民や下級の吏が登れるのは、8番目の公乗まで、

そこからすぐ上の、五大夫の爵位は、官秩600石以上の官に限られたので、

事実上は二十爵ではなく十二爵とも言えます。

 

もっとも上の二十爵は、列侯(れつこう)といい、王族ではない人間が

登れる最高の位になります、領地を与えられ、と呼ばれます。

 

三国志で、○○侯と呼ばれて、食邑(しょくゆう)を与えられる武将達は、

すべて、この列侯という事になります。

 

列侯の下は、十九爵で、関内侯(かんないこう)といいますが、

領地もなく給与だけで、一爵違えば、天地の差と言われました。

そこから、爵位は増減を繰り返しますが、1911年に

辛亥(しんがい)革命で滅ぶ、清朝まで連綿と続いていきます。

 

唯一絶対の筈が乱立する皇帝・・

皇帝いっぱい

 

始皇帝が定めた皇帝の階級は、以後の漢王朝にも踏襲されていきます。

しかし、前漢末の乱世になると、同時期に幾人も皇帝が出るようになり、

唯一無二のブランドに陰りが生じてきます。

 

極めつけには、後漢末になると、後漢を滅ぼして、

皇帝に即位した曹丕(そうひ)の魏王朝、そして、後漢の正統後継者を名乗り、

劉備(りゅうび)が建国した蜀漢王朝、さらに江南の土地で

孫権(そんけん)が興した呉王朝が並び立つ事態になります。

 

一人しかいない筈の皇帝が3名登場し、さらにかなり長い時期、

存続するという異常事態の出現です。

 

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

 

悩んだ末に陳寿が取った方法、無かった事にする!

司馬炎 はじめての三国志

 

西暦280年、曹魏から禅譲を受けて、晋を建国した皇帝司馬炎(しばえん)は、

最期に残った呉を滅ぼし、100年ぶりに中国を統一します。

その後、晋の官吏として、三国志を書く事になった陳寿(ちんじゅ)は、

歴史に忠実であるべきという歴史家の態度と、

皇帝は唯一絶対という原則論に、板ばさみになります。

 

つまり、魏を継いだ唯一正統の国である晋の立場としては、

反乱者である、呉の孫権や蜀の劉備を皇帝として書く事は出来ないのです。

そこで、陳寿は悩んだ末に、劉備を蜀主、そして孫権を呉主としました。

こうする事で、皇帝という称号を回避したのです。

 

因みに劉禅については、二代蜀帝ではなく、先主の劉備の次なので

後主(ごしゅ)と明記し、呉については、孫権以後の3代の皇帝は、

三嗣主(さんししゅ)という括りになっています。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上、ざっと、王や皇帝、侯の違いを書いてみました。

爵位については、時代により、大きな違いがあるので、

ここでは、大雑把に触れていますが、興味がある方は調べてみて下さいね。

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

< 1

2

関連記事

  1. 三国志時代の牢獄
  2. 孫権から皇太子に任命される孫登
  3. はじめての晋

    何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

    これまで、劉備(りゅうび)対曹操(そうそう…

  4. 祁山、街亭
  5. 水魚の交わり
  6. 張飛

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP